ホーム15分片付け・断捨離 ≫ 子どもの持ち物を断捨離するには?連休中も片づけをうまく進める2つのコツ

子どもの持ち物を断捨離するには?連休中も片づけをうまく進める2つのコツ

ゴールデンウィーク始まりましたね!
連休中子どもの持ち物をうまく片づけ断捨離する方法をお伝えします♪

今朝は早起きしたので、子どもたちが起きる前に恒例の15分片づけをしました。今日は、前から気になっていた息子の小物を整理。

まだほかの家族は寝ているので、静かに作業開始!

短時間の片付けで、うまくいったところといかなかったところがありましたが、ヒヤヒヤしながらもとにかく15分片付けが達成できたので、ご報告しますね♪

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

ヒヤヒヤしながら片付けた理由


どうしてヒヤヒヤしながらだったかと言うと、息子が起きてきそうだったからです。

我が家では、部屋のドアを外していて、物音が廊下に筒抜けです。
片づけを始めたら、和室で寝ている娘がふすまにぶつかっているドンッ!という音が数回聞こえました。そのうち、一緒に寝ている息子が目を覚ましてしまいそう。

娘の場合、目が覚めても布団から出るのにものすごく時間がかかるので心配ないのですが、息子はいったん目が覚めたらすぐに起きて私の部屋にやってきます。そして、二度寝することはありません。

15分片付けなので、それが終わるまでの間寝ていてくれれば良いのですが。

息子の小物を15分片付けで整理した結果


あまり気が進まないのですが、15分片付けの結果をご報告します。気が進まない理由は、写真に撮ってみたらあまり片付けられていなかったから。

これって、先日の紙袋の片付けでも同じことがありました。
自分では片付けてるつもりなんですけど、「整理した」くらいにしかなっていないんですよね~成果が見えるには、かなり捨てないとダメですね。
紙袋のストックを片付けた記事はこちらです。

気を取り直して、捨てた物と残した物を公開しますね。

<捨てた物>
捨てた小物

折りたたみの収納ケース、クレヨン、折紙の手裏剣、おもちゃのルーペ、小さい頃のおもちゃ、カードなど。

<残した物>
残した小物

右端のジップロックは、息子のと言うわけではありませんが、スターウォーズの映画で使った3Dメガネです。ほかに、ミニノート、トランプ、息子が幼稚園で作ったキーホルダー、スイミング教室でもらった消しゴムなどなど。

以上、子どもが起きてくる前に、15分で、仕分けて捨てるところまで完了できました♪連休中は、子どもの物を片付けるのに気を遣いますね~

それにしても、捨てたものと残した物が同じくらいで恐縮です。こうやって物を減らすのが少しずつだと、スッキリした部屋になるのはいつのなるのかな?と思ってしまいますが、急にバッサリ捨てるのも…。

今日は、半分くらいには減ったかな。
ほかの収納場所に行くべきものもありますが、それはまた次回。

子どもの物を片付けて断捨離する際の注意点


さて、子どもに気兼ねして思い切って捨てられない私が、普段から子どもの物を片付ける時に注意していることを書いてみますね。

・子どもが不在の間に片付ける


できるだけ、子どもが外出している時に片付けています。「え~、それも捨てちゃうの?」と言われると捨てられなくなってしまうので。

でも、片付け上手な人たちのブログを見ていると、お子さんも捨てる必要性を分かっていて、ストレスなく親子で片付けができているようです。そうなれると、片付けがラクになりますね。今度、考えてみます♪

・捨てる前に袋に入れて仮置きする


よくあるのが、捨てて、いつもの場所からなくなった途端、子どもが「あれ、どこだっけ?」と言って探し始めるということ。これもとてもイヤな気分になるので、まずは目の前から取り除いて袋に入れてしばらく保管し、それから捨てています。

今朝、片付けたような小物はしばらく使っていなかった物なので、そんな配慮をしなくても大丈夫そうですが、図工の作品やおもちゃでよく起こります。

これも、スペースがなく、順番に処分しないといけないことを子どもが理解していれば、さっと捨てられるのでしょうね。


劇的にスッキリというわけにはいきませんでしたが、少しずつ少しずつ物を減らしています。目に見える成果はいつ頃出るでしょう?地道に片づけを続けます~☆


関連記事

コメント













管理者にだけ表示