ホーム掃除・収納術 ≫ 紙袋のストックの増えすぎ防止は収納場所と数がポイント

紙袋のストックの増えすぎ防止は収納場所と数がポイント

ストックしてある紙袋の適正なを考えてみました。というのも、今日は、朝いちばんで、ストックしてある紙袋の片づけをしたからです。

息子の学習机のワゴンの引き出しがつかえるので、いつかはやらなければと思いながら、後回しになっていた場所です。どうして今朝、片付けたかと言うと…

息子のランドセルについている防犯ベルが鳴ってしまったから。
防犯ベル
詳しくは話が長くなるので、続きに書きますね。

いろいろあって、紙袋が床にばらまかれました。そして、ばらまかれた紙袋を集めるついでに、定位置に収まる分量に減らしました。

そこで、疑問。
紙袋をストックする量はどのくらいが適正なのでしょうか。

いつものように、ネットで片付け上手な人たちのご意見を探してみましたよ♪

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

ランドセルの防犯ベルに気をつけましょう


ランドセルには、入学時に配布された携帯用の防犯ベルをつけています。小さな四角い防犯ベルには、引っ張るための長~いひもがついていて、本体にピンで差し込まれています。非常の際は、ひもを引っ張り、ピンを外すと「ピーピーピーピーピーピー」というけたたましい音が鳴り、もういちどピンを差し込むまで鳴り続けます。

それが今朝、息子がランドセルを背負う拍子にひもを引っ張ってしまい、ピンが抜け、けたたましい音が鳴りひびきました。いつもならすぐにピンを差して音が止まるのですが、なかなか止まりません。あわてて行ってみると、「ピンがどこか行っちゃった!」と。

「え~~!!」ということで、ランドセル置きのワゴンの周りを大捜索。その間もけたたましい「ピー」音が鳴り続けています。

息子はタオルで防犯ベルを包んで音を少しだけ小さくし、私は、ランドセルのそばにあったレゴの缶(フタが開いていました)を父に渡して中を見てもらい、私はワゴン前の紙袋をかたっぱしから捜索。
それでもないんです。

途方に暮れて「それはないよね」と思いながら、ワゴンの奥をのぞいたら、銀色に光る物が!!
ピンでした。

手を伸ばして取り、防犯ベルに差し込み、ようやく静かな朝が戻ってきました。全員、耳がぼぉーっとし、息子は布団に倒れ込み、しばらく休養。それから登校しました。

学校の防犯ベル、あなどれません。

紙袋のストックを片付ける


結局、紙袋の束は関係なかったわけですが、床にばらまかれていましたので、ついでに量を減らして定位置に収めることにしました。
こちらが片付け後の様子です。
紙袋のストック
こうしてみると、まだ多いですよね。PCが入っていた幅が約13cm箱2つに収納していて、数は数えていませんが、かなりあるように見えます。これがアフター写真と言うのもどうなのか…。

片付けた時は「できた!」と思っていたんですけど、写真で見ると「え、、これが片付けた後?」と自分でも思うから不思議です。かと言って、やり直そうとしていませんが…。

ところで、写真の右側に、息子のワゴンの下の部分が写っています。その前にグリーンのカーペットがありますが、ここが紙袋が占拠していた場所です。ここにあった紙袋を一掃したので、一応、すっきりした、ということにしたいと思っています。

紙袋のストックはどのくらいが適正な量?


紙袋のストック。私のが多すぎるのは認めます。これからまた、機会をみつけて減らします。

でも、どのくらいが理想の量なのでしょう?
ネットで調べてみたら、いろいろな人がいました。

・紙袋収納ケースを使う
通販で紙袋収納ケースなるものがありました。そういえば私も昔、収納する袋というのを購入したことがあります。ぜんぜん入りきらなくて使えませんでしたけど。

お値段は1,000円程度で、大きさとしては、私が収納しているスペースと同じくらいのようです。中が仕分けできるようになっていて、すっきり収納できます。スペース的には私も同じくらいですが、仕分けしてすっきり収納しようとしたら、半分以下に減らさないと入らないかも。

でも、収納場所が決まっているのは良いですね。私のように、ワゴンの前に置き始めると、際限なく増えてしまいますから。

・箱2つに収納
これは、私も同じ!と喜びました。
でも、画像を見ると、余裕があって、わたしのようにギチギチには入っていませんでした。2つに分けるというのは、大きさ別にするそうです。そのほうが、使う時に探しやすくて良いですね。
これも、収納場所を決めて、それ以上は入れない、ということですよね。

・大中小の3つだけ
これには驚きました。大中小の3種類に分けていくつも持っているのではなく、ぜんぶで3枚だそうです。1つ使うとそのサイズはなくなってしまうわけですが、わりとすぐに手に入るのだとか。
う~ん、すぐに手に入るって…と思いますが、私のようにどんどん増えることを考えると、たしかにすぐに手に入る物なのかもしれません。でも、買う物ではないから、入ってくるのを待っていて大丈夫なのかしら…。

・大中小を5枚ずつ
使い方を想像して、それぞれの大きさごとに5枚ずつにしている、という人もいました。このくらいならもしかしたら真似できるかも。

でも、私のことだから、大中小だけでなく、大の大、中の大、中の小、小の小とかのカテゴリーも作ってしまいそう。それでも、この方法なら今より減りますね~。これはやってみたいと思っています♪



以上、紙袋のストックの適正量を考えてみました。
収納場所を決める、数を決める、ということをしておくと、増えすぎ防止になりそうです。

私の場合、まずは、自分が紙袋がどのくらい必要なのか、洗い出しが必要かもしれません。そして、いちど思い切って減らして、数をキープできれば、シンプルな部屋が手に入りますね~☆


関連記事

コメント













管理者にだけ表示