ホーム片付け・断捨離 ≫ 不要になる日が来るとは思っていませんでした~おもちゃ箱の処分

不要になる日が来るとは思っていませんでした~おもちゃ箱の処分

今日は、15分片付けを2回して、子どものおもちゃ箱処分しました。

子ども向けのやさしい絵柄のついた木の収納ボックス。ベンチにもなり、大きなおもちゃもすっぽり入ります。
おもちゃ箱

娘が生まれてからずっと、何かしらのおもちゃが収納されていて、必要不可欠な物と思っていましたが、おもちゃが減ってくると、不要になる日が来るものなのですね。子どもが小さかった頃は、このおもちゃ箱を処分する日が来るとは思っていませんでした。

悲しくはありませんが、感慨深いです。子どもたちが大きくなったということですよね☆

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

娘の部屋の模様替え


娘の部屋を片付けようと思っています。年頃になり、自分の部屋で過ごす時間が増えてきて、着替えも部屋で隠れてするようになりました。(ようやくです。)

今まで洋服は、一緒に寝ている和室に収納していたのですが、娘の部屋に移動したほうが良さそうです。でも、物がいっぱいでタンスを置くスペース作りから取り組まないといけません。これからゴールデンウィークにかけて少しずつ場所を作っていきます。

今日は、その第1弾。
タンスを置く予定のスペースに陣取っている、10年来のおもちゃ箱を片付けることにしました。

まずは娘のコンテナから~15分片付けその1


大きくてベンチにもなるおもちゃ箱は、なくてはならないと思っていましたが、じつは、何年もフタを開けていませんでした。上に、娘のバレエグッズ(レオタードやトウシューズ、バッグなど)がドンと置いてあり、それをどけて開けることはなかったのです。

最初の15分片づけは、上のバレエグッズの入っているコンテナから。

トウシューズ、古いレオタード、タイツ、古いリュック、バッグ、プリキュアのおもちゃ、子ども用編み機の部品など。

古いレオタードやプリキュアのおもちゃは捨てることにしました。トウシューズは、取って置く人が多いと聞いていますが、どうなんでしょう?とりあえず、これは取って置きます。

こまごましたゴミも入っていて、意外に時間がかかりましたが、結局、ここはあまり捨てずに、きれいに入れ直して終了。

おもちゃ箱の中に入っていた物~15分片付けその2


そして、いよいよおもちゃ箱オープン!

拍子抜けしました。
がらがらだったんです。

だんだんおもちゃが減って、残っていたのは、こんな物でした。
・幼児用のキューブパズル(ディズニーとミッフィー)2個
・プラスチックのゴルフクラブ5本
・機関車トーマスの線路(木製レールではなく、レールが刻んであるパネルを数枚組み合わせて長い線路を作り、小さなトーマスを走らせる物です。)
・フットポンプ(空気入れ)2個
・プリキュアのおもちゃ(ここにも!)
・木工用の部品(積み木かも?)
・ひらがな積み木(平たい正方形の積み木に1文字ずつひらがなが刻まれています。)

こうしてみると、中身はすべて不用品。
ただ、ゴルフクラブは取って置くことにしました。そのほか、幼児用のキューブパズルとトーマスの線路はまだ使えるな~ということで、出産予定のいとこがいる叔母の家に聞いてみることにしました。

最後に、おもちゃ箱。これも、叔母の家に持って行こうかと思いましたが、フタについていたバネが壊れていたことを思い出しました。ゆっくり閉まるはずなのに、バタンと閉じてしまいます。子どもには危険なので、結局、おもちゃ箱も捨てることにしました。



15分片付けで、あっさりおもちゃ箱が中身もろとも処分できました。なんてあっけないんでしょう。子どもたちが小さい頃は、フタが閉まらないくらいおもちゃが詰まっていたのに、今日、開けた瞬間、本当に拍子抜けしました。

いつの間にか、幼児用のおもちゃはいらなくなったり壊れたりして減っていたんですね。何年か前に自分でも整理した覚えはありますが、おもちゃ箱自体がいらなくなるほど中身がなくなっているとは思っていませんでした。

ここのところ、部屋を片付けながらたくさん捨てていますが(まだまだ残っていますが)、子どもたちが小さかった時の物はどんどん不要になっているんですね。

そうなると、部屋の使い方、物も持ち方も、それに合わせて変えていかなければ、すっきり暮らせなくて当然です。

おもちゃ箱は、もうすっかり用事が済んで、捨てる段階になっていました。今日は、気持ちよく大切なおもちゃ箱とお別れできて良かったです。この調子で片づけを続けていきたいです♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示