ホーム筆子さん実践 ≫ 8割捨てられたのは意外な物でした。筆子さんの『1週間で8割捨てる技術』の実践まとめ

8割捨てられたのは意外な物でした。筆子さんの『1週間で8割捨てる技術』の実践まとめ

4月12日から20日にかけて、筆子さんの『1週間で8割捨てる技術』の実践をしました。今回は、そのまとめです♪

捨てた物

私は片付けるのが苦手で、ブログを書いて片付けられるようになろうと思っています。ブログを始めてみて、苦手なことは、上手な人をお手本にしたり、マニュアル通りにやってみるのが良さそうと気づきました。

今回は、自分史上初めて、お手本に沿って実行してみました。

7日間続けて実行する、という方法でしたが、途中でできない日もあり、本に書いてある通りには捨てられませんでした。自分でも、満足しているところ、もやもやしているところがありますが、それでも、何とか最終日までこぎつけたので、おさらいをしておこうと思います。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

4月12日【1日目 洋服】


初日は洋服の片付けでした。
2時間かけて、10年分の自分の洋服をすべてチェックし、大きなごみ袋3つ分を捨てました。でも、これでやっと2割程度なんです。まだまだ残っています。

でも、達成感は7日間のうちでいちばんだったかも。
ずっと気になっていた自分の洋服。どのくらいあるのかも分からなくなっていましたが、ぜんぶ見て、減らせて、1つ引き出しのユニットが空になりました!嬉しかったです。

これで、娘に場所を提供できるし、自分も快適に過ごせます。その日にみつけた洋服を、その後、取り替えながら着ています。こうやって、持ち物をきちんと活用し、使い終わったら捨てる、というシステムにすれば、片付いた部屋がキープできるのでしょうね。新しい服も欲しいし、この状態を続けられるようにしたいです♪

この日の記録は、こちらです。
自分の服をぜんぶ見て、不要な衣類を捨てました

4月13日【2日目 バッグ】


2日目はバッグの片付けでした。
45分かけて自分のバッグをぜんぶチェックしました。片付けたバッグが50個、そのうち17個捨てました。使っているバッグは除いて作業しましたが、約3割捨てられました。

この日は、始める前から、捨てようと思っていたバッグが3つあったのですが、そのうち2つは処分して、1つは残すことにしました。いちばん捨てる候補だったバッグを結局取って置くことに。この辺りが、心構えができていないところですね…。

この日の記録は、こちらです。
う~ん捨てられない!バッグの片付けで悩む

4月14日【3日目 キッチン】


3日目はキッチンの食器を片付けました。
30分かけて、子どもたちが小さい頃使っていた食器を中心に処分しました。捨てられた物は、大きなレジ袋1つ分で少な目でしたが、重い食器、もう使わない食器、重複している食器など、筆子さんの本に出ている基準を念頭に作業すると、リラックスして作業できました。

この日の記録は、こちらです。途中でスゴイ物を発見した話も書いています。
食器棚にお菓子を入れちゃダメ!~キッチンの片付け

4月16日【4日目 本】


4日目はリビングの子どものたちの本を片付けました。
とくに子どもたちの幼稚園時代に一緒に読んだ本は、私のとってはすべて思い出の品。捨てられるか心配でしたが、意外にすんなり捨てられました。小さい頃の本を中心に処分し、220冊が160冊に減りました。捨てた率は、3割弱ですね。

この時は、筆子さんの本を参考に、自分なりの基準を決めてから作業を開始しました。小学生向けの本や図鑑などはすべて残しているので、捨て率は高くありませんが、今まで捨てられなかった古い思い出の本を捨てられたことに満足しています^^

この日の記録は、こちらです。
子どもの幼稚園時代の本をようやく処分

4月17日【5日目 書類】


5日目は、子どもたちの学校のプリント類を片付けました。
12cmの高さにたまっていたプリント類が2cmまで減りました。これは8割捨てられました!

でも、3月に片付けてあった場所だったんです。片付けた場所がいちばん捨てやすかったなんて、意外です。それにしても、プリント類はすぐにたまるものですね~。こまめに整理しないと。

この日の記録は、こちらです。
学校のプリントを片付けて厚さ2センチに圧縮成功!

4月18日【6日目 リビング】


6日目はリビングのCDとDVDを片付けました。
子どもが小さい頃に見ていたディズニーやジブリの物、父が作成した人気歌のCDなどを中心に、170個くらいあった物を100個以上捨てることができました。6割近いですね。

正直言って、始める前は、これほど捨てられると思っていませんでした。この時も、捨てる基準をはっきり決め、例外なく捨てたのが良かったと思います。

この日の記録は、こちらです。
リビングのCDとDVDを100個処分!

4月20日【7日目 思い出の品】


7日目、最終日は子どもたちの作品を片付け、もうひとつ、写真の片づけをしようとしました。
まずは、30分かからず、子どもたちの図工作品を写真に収め、捨てました。ものすごく古い思い出の作品と最近の数点を残し、全捨てできました。
問題は、写真。私たち夫婦と子どものたちの写真をすべて出してチェックする、というのはやったのですが、ぜんぜん捨てられず、挫折感だけが残りました。

この日の記録は、こちらです。
挫折感いっぱい。写真を捨てるのは無理でした

まとめ


【できた!】
・最終日以外は、それなりに捨てられました。捨てられた率は、片付けた分のうち種類によって、2割~8割くらい。
洋服、バッグ、本などは多く見積もっても3割程度、あまり捨てられないと思っていたCDやDVDが6割、8割捨てられたのは、少し前に片付けてまた増えていた学校のプリント類、という結果になりました♪

【できなかった!】
・写真が捨てられませんでした。最終日に挫折すると、すべてできなかったような気分になってしまいます…。

結局、私は、とても8割捨てられませんでした。家族の視線を気にしてこっそりやっているからいけないのですが…。

全体に、捨てやすい物だけ捨てた感じです。もともと、子どもが小さかった時のものなど、使わなくなった物をたくさん持ち続けていたので、捨てるべき物を最低限捨てた、とも言えるかも。

ただ、今回の実践で収穫だったのは、捨てる基準(場合によっては残す基準)を決めてから取り掛かると進めやすいと分かったこと。これは、今後に活かせそうです♪



いちばん捨てられたのは、不要なものがつまっていそうな洋服でも食器でもなく、片付けたばかりのプリント類でした。普段片付けている物のほうが捨てる判断がつきやすいのかしら?

期間を置いて、またこの実践に挑戦してみようと思います。今度は、簡単に捨てられる物はないと思うので、捨てる率が下がってしまうかな…。洋服や食器、写真も今度はがんばりたいです♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示