ホーム筆子さん実践 ≫ 挫折感いっぱい。写真を捨てるのは無理でした~筆子さん『1週間で8割捨てる技術』の最終日

挫折感いっぱい。写真を捨てるのは無理でした~筆子さん『1週間で8割捨てる技術』の最終日

今回は、写真を捨てることができなかったという残念なお話です。
考える子ザル

今日は、筆子さん『1週間で8割捨てる技術』の7日目、最終日です。最終日は、思い出の品を捨てるのがテーマです。

部屋を見渡し、思い出の品として、まずは、子どもたちの作品を片付けることにしました。それはサクサクできたんです。30分もかからずに終わってしまったので、もう1つ、写真にも手をつけることにしました。

私たち夫婦のと子どもたちの写真です。時間はかかるかもしれないけど、ひと通り見て、捨てやすい物を捨ててしまおうと思いました。もしかしたらアルバム1冊をまるごと捨てられるかも…なんて期待してたんです。

ところが…
実際にアルバムを開いてみたら、私の気持ちは予想外の方向に行ってしまいました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

今までは調子よく捨てられていました


筆子さんの片付け本では、毎日1~2時間、場所を決めて選別し、7日間で家の不要な物を2割に減らすということになっていました。

2割まで減らすというのは無理でしたが、衣類、本、CD、など、今まで捨てられなかった物を私なりに減らすことができていました。
筆子さんの本の紹介記事はこちらです。
筆子さんの方法で衣類を捨てた記事はこちら。

今日の最初に取り組んだ、子どもの作品もそうでした。
点数はそれほど多くありませんでしたが、かさばる図工の作品を処分すべく、写真を撮り、紙袋に包んでごみ箱へ。けっこうほこりをかぶっていた物もあり、気持ちがざわつくこともなく、すんなり捨てられました♪

写真の状況


子どもたちの作品はあっさり終わってしまったので、もう1つ何か片付けよう!とルンルン気分。

部屋を見渡し、以前から場所を取っていた、私たち夫婦と子どもたちのアルバムや写真をチェックすることにしました。思い出の品と言えばアルバム、ということで、ちょっと難しいかもしれないけど、今までできていたから少しは減らせるでしょう、という軽い気持ちでした。

片付けるために1か所に集めた写真は、次のような物でした。

・子どもたちのアルバム
数年前の分までプリントアウトし、厚みが5cm以上はあるアルバム約10冊に収めてありました。

・私たちの結婚式
結婚式の写真だけで小さな段ボールにいっぱいになるくらいありました。業者さんに頼んで撮ってもらった物、お友だちが撮って送ってくれた物など。新婚旅行だけでアルバム1冊使っていて、新居の写真、友人が遊びに来た写真なども入れると、本当にたくさんありました。

・私の習い事(箏)
今は経済的にも時間的にも無理なのでやめていますが、箏を習っていて、発表会(おさらい会)に毎年出ていました。舞台の写真、ほかの人とお互いに撮った写真などがばらばらと出てきました。

・旅行の写真
結婚前から最近までの旅行の写真が薄いアルバム何冊にもなっていました。後から友人にもらった物がはさまっていたり、パノラマ写真だけ別になっていたり。

・昔の写真
基本的に私たち夫婦が大学生以降の写真がそろっているのですが、中にものすごく小さい時の写真が混ざっていました。これは、両親が持っていた物なのだと思いますが、まぎれたのでしょうね。

以上の写真、ざっと目を通して、どんな物があるのかはよく分かりました。でも…ぜんぜん捨てられなかったんです。

どうして捨てられなかったのか


なんで捨てられないのか、自分でもよく分かりません。「まだ捨てたくない」というだけのような気もします。

今日、写真を手に取ってみて、じつは、とても楽しくなってしまったんです。あの人が撮ってくれた写真、そういえばこの人も一緒だった、あんな話もしたな~という感じです。
中には、運動会の写真のように、同じような物が何枚もある場合もあったのですが、今度は、「数枚だけ捨てても変わらないし…。」
、と思ってしまって。

こんまりさんの捨て方では、すべてアルバムから出してから選別することになっていました。そうしたら、もう少し捨てられたかもしれません。

結局のところ、片付けるマインドがぜんぜんできていなかったようです。
写真を捨てることに関しては、今、挫折感でいっぱいです。これから先、部屋をちゃんと片付けられるのか、一気に自信喪失の気分です。それなのに、あんなこともあったな~と思い出せて嬉しい気持ちもあるんです。これでは捨てられませんよね。



残念ながら、写真の処分は失敗に終わりました。

言い訳のしようもないのですが、前向きに考えると、今日は捨てる前に必要な日だったのではないかと思います。この次に同じ写真を手に取る時は、もう少しコンパクトなアルバムを作るつもりで残す写真を選びたいと思います。

今回チェックしたおかげで、作りたいアルバムの予定を立てることができそうです。
結婚式のアルバムを捨てるのはまだ無理そうですが、友人からの写真を選んで薄い1冊にまとめる、旅行の写真は1つの旅行につき1冊にまとめる、など。

急にミニマリストの写真片付け術はできないことが分かりましたから、自分なりに、思い出の写真をコンパクトにしていつでも楽しめる状態にできるよう、工夫していきたいと思います。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示