ホーム掃除・収納術 ≫ 防災グッズはレベル分けして準備~最初の避難に必要な物&後で使う物

防災グッズはレベル分けして準備~最初の避難に必要な物&後で使う物

防災グッズをレベル分けして準備したほうが良いという話題です。

熊本の地震は、これまでが前震で、今朝の地震が本震だったそうです。これまで以上のすさまじい被害に胸が締めつけられます。早い救助と復旧を心より願っております。

地震の備えはしなければと思っているのですが、5年前の東日本大震災の時、恐怖で一刻も早く家の外に出たかったのに、何を持ちだしたら良いか分からず、家の中を右往左往して荷物をかき集めて外に出ました。

その後、家も家族も安全で避難所に泊まらずに済み、持ち出した物は一切使わずに帰宅しました。でも、今、思い返しても、あの時何を持ち出すべきだったのかよく分かりません。

非常持ち出し袋も良いですが、着替えや毛布なども必要ですよね。でも、いったん避難してから、自宅に取りに帰っても(帰れる状況ならですが)間に合う場合もあります。

そう思ってネット検索してみると、防災用品はレベル分けして準備しておくのが良さそうということに気づきました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

防災グッズのことは災害危機管理アドバイザーに聞くと良い


防災グッズのことは、日頃から災害と防災の問題に取り組んでいる災害危機管理アドバイザーの方に聞けば分かります。そこで、今回は、災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さんの防災グッズリストを参照させていただきました。

和田隆昌さんは、災害危機管理アドバイザーで防災士の資格も持っています。防災ガイドとして、記事の執筆や著書もある方です。
防災グッズは何を用意したらいいのか?全リスト

リストには、とてもたくさんのグッズが列挙されています。とてもすべて用意できそうにありませんが、目標にしてそろえていかないといけませんね。

そこで、一時的に避難所に泊まり、その後自宅に戻れる、という想定で、すぐに持ち出す物、後で持ち出す物、後で使う物に分けて、和田さんのリストをまとめ直してみました。

レベル1 すぐに持ち出す物(一時避難で必要な物)


・飲料水:500mlペットボトル数本
・非常食:菓子類、ゼリー状の食品
・医薬品:消毒薬、三角巾、胃腸薬、解熱薬など
・簡易食器セット(家族分)
・衣類、タオル(大・小)
・懐中電灯、電池、携帯ラジオ、ろうそく、マッチ、ライター
・ロープ、ビニールシート、雨具、ナイフ、はさみ
・旅行用洗面道具、ウェットティッシュ、ビニール袋
・携帯電話用バッテリー、コンパス、筆記具
・貴重品:現金、身分証明書、預貯金通帳、印鑑、権利書、各種カード、保険証など

レベル2 後で持ち出す物(おもに避難所で使う物)


・着替え、毛布、布団、寝袋、ティッシュ、ウェットティッシュ、ビニール袋、生理用品、筆記用具(油性)、食器類、スプーン、ラップ、風呂敷
・安眠・リラックスグッズ:耳栓、アイマスク、携帯まくら、菓子類

・裁縫セット、ランプ、ランタン、ヘッドランプ、カイロ、サバイバルシート、折り畳みポリタンク、車輪付き旅行バッグ、台車、かご付き(荷台付き)自転車、小型バイク 、キャンプ用品一式(テント、寝袋、バーベキュー用品一式)、非常用浄水器(町内会やマンション自治会などで用意)
↑最後のグッズはなじみの薄い物が多く、和田さんのリストをそのまま転記しました。避難所生活が長期になると必要になる物が多いと思います。

レベル3 緊急時および後で使う物(おもに自宅で使う物)


・飲料水
1人1日3リットルが目安。我が家は6人なので18リットルです。
・非常食
レトルト食品、インスタント食品、クラッカー、缶詰など。

・緊急時の避難・救助用
コンパス、ナイフ、ロープ、懐中電灯、シャベル、バール、のこぎり、ハンマー等の工具、粘着テープ、梱包用ひも、段ボール
↑これは、おもに倒壊した家から脱出する時などに必要な物ですね。

まとめ


いかがでしょうか。ものすごく点数が多いと思いませんか?

でも、よく見ると、重なって挙げられている物もありますし、どの程度の被災かによって、とくにレベル2と3では必要な物が変わってくると思います。これは、具体的な状況をイメージしてそろえるのが良さそうです。

今回の熊本地震の様子、私の5年前の体験を思い出しながら、とりあえず、レベル1、およびレベル3の飲料水と非常食はきちんと準備したいと思います。レベル2、およびレベル3の緊急用グッズは、持ち物をチェックして、取り出しやすくしておくと良いかな?



熊本の地震は、強い余震が重なり、さらに被害が大きくなっているようです。

私の体験では、今の熊本よりは余震が小さかったと思いますが(東北ではなく千葉県ですし)、それでも、ずっと揺れが続いているような気がして、いつか大きな揺れが来るかもという不安が続き、子どもたちのこともとても心配で、精神的につらかったです。早く地震が収束しますように。

少しでもきちんと備えをしておくと、その分不安も減ると思うので、上記のレベル分けした準備をしておきたいと思います。

<追記>
その後、100均ダイソーで、ポンチョになるサバイバルシートを購入しました。レベル2のグッズです。
実際に広げてみて、非常用として保管しておき、いざという時に使うのに十分なように思えました。開封してぬいぐるみに着せた写真を載せていますので、どうぞご参考に♪
ダイソーでポンチョになる防災用品のサバイバルシートを購入!


関連記事

コメント













管理者にだけ表示