ホーム15分片付け・断捨離 ≫ 部屋の15分片付けでまたまたビックリな物を発見!ほとほと呆れます

部屋の15分片付けでまたまたビックリな物を発見!ほとほと呆れます

部屋の15分片づけをしてみたら、あ~やってしまった!という発見をしてしまったというお話です。

今日は、筆子さんの実践4日目の予定でした。4日目は本の片付けということになっています。
私の部屋の本は今は片付けず、今日はリビングに散らかっている子どもたちの本と雑誌を片付けるつもりでした。

でも、今日は仕事で帰りが遅くなり、夕方のあわただしい時間にリビングを片付けるのは諦め、(あくまでも片づけは粛々と行いたい私です。)予定変更し、自分の部屋で完結できる15分片付けをしました。

15分片付けというのは、筆子さんの本に出ていた片付け術の1つです。1週間片付けが終わっても(すみません、まだ終わってません。)「毎日15分間は、いらないモノを捨てる時間にあてる」というものです。

片付けたのは、パソコン台の下にしまわれているビニール袋の束。紙袋を取って置く人は多いと思いますが、それと同じように、もらったビニール袋を取ってあります。だんだん増えて、パソコン台の足元からはみ出してきていました。

これなら、15分でちょうど不要な物を捨てられてスッキリできそう!と思って始めたのですが…例によって、たいへんな物をみつけてしまいました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

筆子さんから学んだこと~捨てる基準を決めておく


この3日、筆子さん『1週間で8割捨てる技術』を実践しています。
実際は、8割も捨てられていませんが、それなりに物が減りました。その実践にあたって、とても役に立つのが、本に書かれている「捨てる基準」です。洋服なら洋服の、食器なら食器の捨てる基準があって、それを意識して片付けると、捨てる物が簡単に決められるんです。
筆子さんの本の紹介はこちら。
筆子さんの片付け実践1日目はこちら。

この基準のおかげで、今まで捨てずにいた物を、この3日でずいぶん手放しました。それもリラックスして。

ということで、ビニール袋を15分で減らす、という今日の作業も、先に基準を決めてみました。

もらったビニール袋を捨てる基準(みんくの案)


・古い物は捨てる
きれいな状態でも2012年のディズニーランドのおみやげ袋は、千葉県で使うには古いです。これに何か入れてお友だちにあげたら、「ずいぶん前の袋だね!」と驚かれてしまうかも。ディズニーのおみやげ袋はかわいくて便利ですが、我が家の最新、昨年の分を残して古いのは捨てました。

・デザインが趣味に合わない袋は捨てる
おみやげ用のビニール袋が多いのですが、いかにも温泉宿というのが分かる袋は、お使い物を包むのには使いません。もちろん、自分で何かを入れて持つ、ということもありません。これは全捨てしました。旅行の直後に、本当におみやげを入れて使うのなら良いですが、それが終わったら残りは捨てたほうが良かったですね。

・しわしわの袋は捨てる
たくさん取って置くと、重なってしわしわになっている物もあります。これも、誰かにあげるのにも、何かを包むのにも使いません。しわの目立つ物は全捨てです。

・同じものは少しだけ残す
おみやげ袋は同じ物がたくさんあります。10枚あるなんていうことも!これは少しだけ残せば十分ですよね。

この程度ですが、古い物、趣味の合わない物、しわの目立つ物、同じ物は減らす、という基準で片付け開始!サクサク進みました。

みつけてしまった驚くべき物とは


さて、記事タイトルにも書いた、驚愕の発見はこちらです。
岩手のおみやげ

なんていうことないと思われるかもしれません。ちゃんとした物ですから。
でも、これが出てきた場所が問題。
おみやげの袋の中から出てきたんです。

はい、これは息子が自分とお友だちのために選んだおみやげでした。
息子よ、ごめ~ん。ダメ母です。

昨年夏、岩手に旅行して帰ってきてから、お友だちに渡す手配をすっかり忘れ、放置し、そのうえ、なぜかビニール袋の中に紙袋が混ざっていて、その紙袋の中に画像のおみやげが入っていました。

夏休み中で、すぐにお友だちに会わなかったから、とか、お菓子のおみやげは渡したよ、とか言い訳はありますが、ホテルの売店で息子と一緒にかなり厳選したのに…。

かわいいわんこきょうだいですが、今さら渡せませんよね~
イルカは息子が使うかな。



ビニール袋の15分片づけは、ひと通り手に取ってチェックし、無理せず半分くらいに減って、ちょうど15分で終了しました。隣には、紙袋の束もはみ出しているので、次の機会には紙袋ですかね~

驚愕のおみやげ発見でしたが、食べ物でなくて良かったです。何年も経ってなくて良かったです。いろいろと前科があるもので。
食器棚から出てきた物についての記事はこちら。

また、末尾になりましたが、熊本の地震は、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。まだあまりニュースを見ていませんが、被害はかなりのようですし、余震が大きくて数が多いのがお気の毒です。地震の揺れは本当に怖いです。1日も早く地震がおさまり、復旧できますように。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示