ホーム15分片付け・断捨離 ≫ 学習机のワゴンの引き出しが開かない意外な理由

学習机のワゴンの引き出しが開かない意外な理由

片付けてみると、引き出しが開かない意外な理由が分かったという話題です。

今日は、息子の学習机のワゴンの引き出しの中身を片付けました。
学習机と引き出し

小4の息子は、中1の娘と違い、読書と宿題以外、机で余計なことをしないので、周囲が散らかりませんし、引き出しの中もあまりごちゃごちゃしていません。でも、いつからかワゴンの引き出しが開きにくくなり、奥が使いにくくなっていました。

新学期ですし、奥にある娘のお下がりの体操服も取り出したかったので、片付けることにしました。

すると…
引き出しが開かなかった本当の理由は、意外なところにありました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

学習机のワゴンの引き出しの状況


学習机に付属のワゴンは、引き出しが3つついているのですが、今日の話題の中心は、最下段の引き出しです。これはいちばん深くて、仕切りが3つあり、奥に幼稚園時代の文房具、真ん中に体操服類、手前には給食関係のリネン類とハンカチが入っていました。

私は、真ん中の体操服類が多すぎて上につかえ、開きにくいのだと思っていました。開けにくいので、だんだん大きく開けなくなり、そうなると、給食関係の入っている手前だけが見えれば良いという感覚に。

そのうえ、ワゴンの前の空間に私が紙袋を大量に置いてしまったために、つかえて、本当に奥まで使わなくなっていました。

でも、新学期ですので、重い腰を上げて紙袋をどけ、引き出しを全開!
15分片付けの始まりです♪
15分片付けがうまくいっている話はこちらです。

前の物をどけて引き出しを全開してみた結果


引き出しの前の物をどけて、全開してみた結果、意外にも体操服はそれほど上まで積まれていませんでした。何もつかえていなかったわけです。

でも、引き出しは何か引っかかって開きにくいんです。
そこで、いちど引き出しを閉めてみて、原因に気づきました!

なんと、床のカーペットがよれて波打っているではありませんか!引き出しを開け閉めするたびにカーペットがずれ、よりが大きくなっていきます。

これが引き出しが開きにくくなった原因でした。

カーペットを直すのはひと苦労


気が付いてしまったので、カーペットを直すことに。
これがひと苦労でした(汗)
でも、何とか終了。

引き出しの中も整理して、幼稚園時代の文房具は捨て、体操服もサイズアウトの物を1枚捨て、給食関係のリネン類とハンカチも古いものを捨てて、整理しました♪



一件落着しましたが、物が散らかっているとワゴンも有効に使えず、マイナスばかりです。紙袋を置いていてカーペットのよりにまったく気づかず、ただ、物詰まりで開きにくいと思い込んでいましたが、これも、ワゴン前をきれいにしていれば、もっと早く気付けたはず。

これからは床が見える状態をキープして、引き出しの中も日頃から整理しやすくしたいです。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示