ホームファッション ≫ 自分に似合う色を知って残すことにしたファッションアイテム。

自分に似合う色を知って残すことにしたファッションアイテム。

洋服選びにまったく自信が持てなかったのですが、骨格診断とパーソナルカラー診断を受けてみたら、洋服選びが楽しくなってきました。

とくに、自分に似合う色が分かったのが大きな収穫。
顔周りに似合う色を持ってくると良いと聞き、早速手持ちのアイテムをチェックしてみました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

顔周りに似合う色を持ってくるために役立つアイテム


クローゼットの奥にしまい込み、洋服の断捨離をする時も日の目を見ることのなかったファッションアイテムが、似合う色使いに役立つことに気づきました。

それは、この2つ。
20171207_074631.jpg
黄色とブルーのスカーフです。

私はスプリングという判定だったので、パステルカラーやビビッドな春色が似合うということになっています。ブルーは、ターコイズブルーが良いそうです。

ですが、現在の手持ちの洋服の色は、診断前に購入していますから、似合う色ばかりではありません。

でも、似合う色を顔周りに持ってくれば顔色が良く見えるというのですから、スカーフは重宝です。

黄色のスカーフは昨年もよく使っていたのですが、そう言えばブルーのスカーフは昨年はいちども使っていませんでした。

黄色のスカーフは、ブランドものでもなく、パッと見はものすごく魅力を感じるものでもないのですが、なぜか使う機会が多いものでした。知らないうちに似合う色を選んでいたのですね。

青いスカーフも一時よく使っていたのを思い出しました。
その昔、手持ちのスカーフを順番に当ててみて、ちょっと目立つブルーのスカーフが意外にしっくりくることがあり、ひと頃頻繁に使っていたのでした。
やっぱり似合う色だったのですね。

似合う色と形が分かると洋服が選別できるようになります


洋服選びが下手ということは、洋服を捨てる時もどれを捨てて良いか分からなかったりします。要するに、洋服について考えるのが苦手なのです(泣)

でも、骨格診断で似合う形を知り、パーソナルカラー診断で似合う色が分かったら、残しておくべき洋服・アイテムが分かるようになりました。

これは、もちろん断捨離に役立っています。
必要な物が分かれば不用な物も分かる、という論理ですよね。


最初は、洋服選びが楽になれば…と思って始めた2つの診断でしたが、予想以上に良い効果があると感じています。

洋服選びの楽しくなるし、自分に必要な物も見えてきました。
すぐにクローゼットの中身を入れ替えることはできないけれど、こうやって残す物を選びながら、自分好みの洋服ばかりのクローゼットに変えていきたいです☆


関連記事