ホームファッション ≫ イラスト入りの本を使って骨格診断のセルフチェック。

イラスト入りの本を使って骨格診断のセルフチェック。

骨格診断セルフチェックで試してみました。

骨格診断ができると、自分が似合う服の形が分かるので、服選びが楽になります。そう思って、本を片手に診断してみました。

チェック項目数は少ないので簡単にできるかと思いましたが、意外に迷ってしまいました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

ネットや本で骨格診断のセルフチェック


骨格診断は、体形から似合う服の種類を知ることができる方法です。

骨格診断の存在を知り、自分がどのタイプなのかを早く知りたくて、無料ですぐにできるアンケート形式のネット診断をいくつか試しましたが、それでは飽き足らず、この本を購入しました。

『本当に似合う服に出会える魔法のルール』という本で、こちらの記事でご紹介しております。⇒洋服選びが苦手でもこの本があれば迷わない!2つの診断で分かる私に似合う服。

この本を使うと、イラストを参照しながらセルフチェックをすることができて、診断した後には似合う服を詳しく知ることができます。

本を見ながらセルフチェック


本では(ネットでもだいたい同じですが)、12 項目でチェックすることになっていました。
以下の12項目ですが、表現は少し変えています。

1.手の大きさ
2.指の関節の大きさ
3.手首の丸み
4.手首のくるぶしのような骨の大きさ
5.手のひらと甲の厚み、骨っぽさ
6.首の長さと太さ
7.鎖骨の目立ち方
8.太ももとひざ下の太さ
9.ひざの皿の大きさ
10.体の印象が肉感的かうすいか
11.足の大きさ
12.似合わないアイテム(やわらかい、スポーティ、ぴたっとした)

一見、難しくなさそうなのですが、自己判定しようと思ったらものすごく迷いました。少々長くなりますが、実母と娘を交えた我が家の判定会議を再現してみます。

骨格判定セルフチェック


1.手の大きさ
2.指の関節の大きさ
手の大きさは、普段から大きいのがコンプレックスなので、大きいと判定。指の関節も同じく目立つと判定。

3.手首の丸み
手首に丸い人と平たい人がいるとは初めて知りました。
娘や母と比べましたが、親子って似てますよね。普通はどうなのか悩みましたが、たぶん丸いということで落ち着きました。

4.手首のくるぶしのような骨の大きさ
そろそろ、自分は骨が目立つということに気付き始め、ほかの人がどうなのかも気になりましたが、普通に見えますが、これは出っ張っているということなのでしょうか、微妙。

5.手のひらと甲の厚み、骨っぽさ
これも自分だけでは難しかったです。
でも、きゃしゃの手の人もいますから、それに比べると自分は大きくてごついと思い、厚みがあると判定。

6.首の長さと太さ
これは、母は短く、私と娘は長かったです。太さは…分かりませんでした。
でも、とっても細い人もいますから、それに比べるとしっかりと太いということかな。

7.鎖骨の目立ち方
目立ってます。

8.太ももとひざ下の太さ
脚が太いのも診断に入ると知ってショック。
とくにひざが目立つのがコンプレックスだったので、これは迷わず太いということになりました。

9.ひざの皿の大きさ
これも大きいと思います。
…いつも気にしていたけれど、ほかの人はどうなのでしょう?
みんなは小さいのかな…
だんだん自分の容姿に自信がなくなってきました。

10.体の印象が肉感的かうすいか
グラマーじゃないけど痩せてません。
「骨がしっかりしていて、肉感的ではない」というピッタリの選択肢がありました。
嬉しいような嬉しくないような…

11.足の大きさ
小さくないけれど娘ほど大足ではありません。身長160センチで足が23.5センチって、どうなんでしょ。
バランスが良いということになるかな…。

12.似合わないアイテム(やわらかい、スポーティ、ぴたっとした)
似合わないアイテムは、う~ん、やわらかいのとぴたっとしたは似合わないかも。でも、やわらかいのは好きなんですけどね。迷いました。

自己診断の結果は?


12の項目すべてに3つの選択肢があり、何番目を選ぶかで3つのスタイルに分けられます。
1番目だとストレート、2番目だとウェーブ、3番目だとナチュラルというふうに。

私の場合、だいたいこんな結果になりました。
ストレート:5
ウェーブ:4、6、11
ナチュラル:1、2、3、7、8、9、10、12

だいたいというのは、ナチュラルっぽいけれど、ストレートかウェーブで迷ったところがあり、今は自分がナチュラルと分かっているので、迷ったところはナチュラルに入れて書いているからです。

ほかの人がどうなのか分からないし、親子で比べても判定に自信が持てないのです。

こうして改めて書き出してみると明らかにナチュラルなのですが、本に書いてあるナチュラルの人が似合う服、というのもすんなり結果を受け入れられない原因でした。

私の普段の服は、どちらかと言うとウェーブ寄り。フリルや花柄のふんわり系が好きです。でも、ナチュラルに似合う服は、マニッシュな宝塚の男役みたいな感じ。

たしかに、Aラインのワンピースやすそ野広がったパンツ、丈の長めのジャケットやカーディガンが似合うというのは納得なのですが…。

結局、私は本によるセルフチェックでは、もしかしたら半分ウェーブかも、みたいな期待が残り、ナチュラルという判定を素直に受け入れられなかったのでした。


こうして振り返ると、本を見ながらの自己診断ではっきりと「ナチュラル」という結果が出てますよね。往生際が悪いのを暴露しているようでお恥ずかしいです^^

この時にすんなり受け入れられなかった私は、専門家に見てもらう道を模索し始めました。
長くなってしまったので、解決編は次回へ。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示