ホーム洋服・靴・小物 ≫ 洋服選びを簡単に。ワードローブをひと目で見渡すクローゼット作り。

洋服選びを簡単に。ワードローブをひと目で見渡すクローゼット作り。

少し前になりますが、衣替えを兼ねて自分の洋服をすべて取り出し、いちどクローゼットを空にして、クローゼットの使い方を見直しました。

それから毎日がハッピーです♪

洋服のことを考えるのがとても苦手なのですが、部屋の1か所に立って手の届く範囲にすべての洋服を収めることができたら、自分が持っているワードローブを簡単に把握できるようになり、洋服選びが楽しくなりました!

洋服選びが簡単になるために取った方法と出来上がりの様子を公開します。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

洋服についてうまく考えられない


昔から洋服に無頓着で、自分にどんな服が必要で、どんなものを持っているのかを把握することができません。

何年も着続けている服も多く、季節の変わり目にどうしようもなくなって渋々お店に行くようなやり方です。どんな服を持っているのか把握できていないので、お店に行っても買い物にまったく自信が持てません。買うのが楽しいと思ったこともないのです。
困った顔イラスト
洋服が苦手なら、せめて持っている物を把握できるようになりたいと思うようになりました。

そこで、衣替えのついでに断捨離を兼ねて洋服をぜんぶ出し、クローゼットをいちど空にして、種類別に収納し直すことにしたのです。

洋服をすべて出してみました


着られる服が少ないような気がしていましたが、和室に広げたら、すごいことになりました。
持っている洋服
少し離れた自分の部屋からまとめて持ってくるのってけっこう重労働。最後は面倒になってバサリと放り出してため息でした。

これでぜんぶだと思って写真を撮りましたが、じつはまだありました。
下着類の引き出しが2つ、パジャマなどの夜の服、パンツ類、カーディガンなどのはおり物を出し忘れています。

写真を撮った後思い出しましたが、それはもう種類別にまとまっていたので、今回は触らないことにしました。

こうしてクローゼットを空にして、和室の洋服を1枚1枚手に取り、できるだけ断捨離するようにしました。

その結果、45リットルのゴミ袋がいっぱいに。
ごみ袋「ゴミ」
いえ、もっと出ても良かったですよね。ですが、断捨離で迷って時間をかけたくなかったので、ひと通り捨てる服を選んだら、早速、クローゼットの見直しに取り掛かりました。

クローゼットの見直し~種類別に収納


今回は、自分の部屋のクローゼットと引き出しに、すべての自分の服を収納し、それも種類別にして持っている物がひと目で分かるようにしたい、という目標でした。

和室の押し入れにも一部入れてあったのですが、それもすべて自分の部屋へ。そして、次のように種類別にしました。

写真をご覧いただくと、ぎちぎちに詰め込んでいるので呆れられてしまうかも。でも、種類ごとに1か所にまとめるのを優先させたということです。

・ジャケットとワンピース
ジャケット、ワンピース

・スカート、アウター上
スカート、アウター上

・コート
コート

・パジャマ、パンツ類、夏物、セーター
パジャマ、パンツ類、夏物、セーター

・アウター上
アウター上

このほか、下着や靴下の引き出し、セーターの引き出し。
以上です。

部屋の中央に立つとワードローブを見渡せます


クローゼットは扉の数にして6枚。

部屋の中央から見るとこんな感じになりました。
クローゼット
水色のバッテンは夫の服ですが、赤い線で囲ったところはすべて私の服。

扉を閉めるとこうなります。
クローゼット
そして、左に目を向けると、引き出しがあります。
引き出し
本棚がカオスなのでモザイクかけました。(片付けるのは来年?)

引き出しは、上3段が私、下の3段は夫の服です。夫の服も使いやすく場所を作ってあげたほうが良いですね。単身赴任から帰ってくるまでに私の服を減らして場所を作りましょう。←今後の課題


こうして、部屋の中央から手を伸ばして届く場所に、自分のワードローブをまとめ、種類別に収納することに成功しました。

ぎちぎちに詰め込まれていますし、ずっと着ていない服も混ざっていますが、どれを捨てて良いかを考えるためにも、種類別に固めるのは良いのではないかと思っています。

この状態になってから、本当に出掛ける服を選ぶのが楽しくなってきました。
スカートはここから、上着はここから、というふうに順番に扉を開けて選んでいます。

これで洋服の苦手意識が少し克服できたかな?これからは、似合う服だけのクローゼットにしたいな~と夢がふくらんでいます。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示