ホーム美容 ≫ 夏の終わりとともに処分した美容オイル。正しい保管方法は?

夏の終わりとともに処分した美容オイル。正しい保管方法は?

天然植物オイルを美容オイルとして使っています。最近、お気に入りを処分したので、正しい保管方法について調べてみました。

9月の終わりごろから空気が乾燥し、手荒れが気になってきました。

手指の保湿に初夏まで使っていた美容オイルを久々に使おうとしたら、夏の間に劣化して捨てることになりました。仕方ありませんが、残念です。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。
今回、夏の間に劣化してしまったのはこの2つでした。

・マカダミアナッツオイル
・アプリコットオイル


マカダミアナッツオイル


マカダミ屋マカダミアナッツオイルは、一昨年から使い始め、冬の保湿に重宝しているオイルです。
マカダミアナッツオイル

昨年末に使い切り、新しく購入しました。
その時の記事はこちらです。⇒大掃除の手荒れ対策にマカダミアナッツオイルはいかが?アンチエイジングにも効果があります。

無色透明で無臭でベタつかないので、家事の合間に使うのにとても便利。春先まで使っていましたが、夏の時期は肌の乾燥を感じなかったので、机の上に放置していました。

先日、手が乾燥するな~と思って、久々にオイルを手のひらに出してみたら、残念。オイル臭がしていたのです。急いで石けんで手を洗いました(汗)

これはもう使えないので断捨離です。

新聞紙に浸してビニール袋で包み、ゴミ箱に捨てました。容器はプラゴミへ。

アプリコットオイル


アプリコットオイルは、5月のゴールデンウィークに仕入れました。
アプリコットオイル
AiBアプリアージュオイルSという商品で、首の粒イボ対策で購入したものです。
天然アプリコットオイルにハトムギ(ヨクイニン)やホホバオイルをプラスしたマッサージオイルになっています。

毎日お風呂上りにたっぷり塗り、蒸しタオルで押さえると良いとのことでしたので、お風呂に浸かっている間に塗り込んだりして使っていましたが、そのうちに面倒になり、最近は使い忘れていました。

洗面所で保管していましたが、こちらも久しぶりに手に出してみると、あら?
以前の甘い香りがしなくなっていました。

きついオイル臭まではいっていませんでしたが、明らかに初めとは香りが変わっていました。これは劣化の始まりです。
残念ですが、こちらも処分。

ねっとりしていて出しにくかったですが、新聞紙に染ませ、ビニール袋に入れて捨てました。

気に入って購入したオイルでしたが、残念ながら使い切る前に悪くなってしまいました。

美容オイルの正しい保管方法


気に入っていたオイルを同時に2つも処分することになり、どうしたら良かったのかなと思って、正しい保管方法を調べてみました♪

美容オイルは、開封して空気に触れるとそこから酸化が進みます。そこで、酸化を遅らせるようにすることが大切。そのためのポイントは次の3つになります。

〇美容オイルの基本の保管方法


・直射日光を避けて冷暗所で保管する
・酸化しやすいオイルは冷蔵庫で保管する
・遮光瓶に入れて保管する


天然植物オイルは全般的に冷暗所の保管で良いのですが、酸化しやすいオイルは冷蔵庫のほうが安全です。グレープシードオイルやローズヒップオイルはすぐに酸化するので、かならず冷蔵庫に入れ、1か月以内に使い切ります。
通常のオイルは2か月~3か月は持ちます。

私の管理の悪かった点は?


今回の私の場合、マカダミアナッツオイルは酸化しにくいオイルですが、机の上に出しっぱなしで遮光瓶でもありませんでしたので、管理が悪かったのは確実です。机の上に出しておくなら毎日使って早めに使い切れば良かったです。

アプリコットオイルは、洗面所の鏡裏の収納に置いていましたので、遮光や涼しいという点では良かったと思うのですが、すでに4か月以上経っていたのと、その間にお風呂場に持ち込んで使っていたこともあったので、その辺りが原因でしょうか。

いずれにしても開封したら毎日どんどん使って一気に使い切るのが理想ということですね。


気に入っていた2つのオイルはダメになってしまいましたが、元気に夏を越したオイルもありました。

ホホバオイルとココナッツオイルです。
これはどちらも混じりけなしの高品質で、抗酸化作用が極めて高いと言われているオイルです。

今回処分した2つも良いものだったと思いますが、ホホバオイルとココナッツオイルはもっと品質変化しないオイルだということが分かりました。すごいな~

さて、処分した2つのオイルを再度購入するか検討中です。また仕入れたらお伝えしますね♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示