ホーム在宅ワーク ≫ Webライターになるにはスキルが必要?誰でも簡単に始められる副業です

Webライターになるにはスキルが必要?誰でも簡単に始められる副業です

在宅ワークのWebライターを始めるのは簡単!という話を書きます。

ママ友に、「お小遣いのために、在宅ワークでインターネットで使う記事を書いているの」と言ったら、「え~、よくできるね!さすが!」と言われたことがあります。たしかに、「記事を書く仕事」と言うと、とくべつなスキルが必要に思われるのかもしれません。

でも、その人も、インターネットでアンケートモニターをやっていて、座談会のために都内に出かけていました。私にとってはそちらのほうが敷居が高く感じられました…。知らない人ばかりのところで、知ったばかりの商品の感想や意見を言う、というのはとても難しそうではないでしょうか。

そう考えると、まだやったことのない、ライターの仕事も、同じように見えるのかもしれません。

このブログでは、夢中になって家事がおろそかになり、部屋を片付けなければいけなくなった原因の、在宅ワークのことも時々書いています。そこで、Webライターは難しくない、誰でも始められる、という理由を書いてみますね。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

私も初心者から始めました


私は、2年半ほど前に、ランサーズという、在宅ワークをあっせんしてくれるサイトに登録しました。そして、最初に受注したお仕事は、化粧品を宣伝する記事でした。
在宅ワークのランサーズでお小遣い

化粧品…
興味がないわけではありませんが、敏感肌で使える化粧品が限られているので、世の中の流行には疎いほうです。でも、一応、女性で、化粧水、美容液、乳液の順番くらい知っているので、まあ何とかなるだろう、という感じで受けてみました。今から振り返ると、ビタミンCとビタミンEの区別もちゃんとついていませんでしたが…。

こんな状態でも、始めて大丈夫なんです。

具体的には、化粧品のサイトを見て、商品の特徴を把握し、どんなところが良いのかを書いていき、最後に商品をおすすめする文章で締めくくります。文字数は600文字程度だったと思います。

このような記事は、アフィリエイト記事と呼ばれていて、その記事を見て商品を購入すると、サイトを運営している人に宣伝の報酬が入るのが、アフィリエイトというシステムです。

いきなり、定型通りの、Webで使える記事が書けるのか疑問に思いますか?
その辺りは、クライアントさんも慣れていて、初心者向けにサンプルや書き方の指針を用意してくれている人がほとんどです。記事を作成中にも、疑問点を聞くことができますし、あとは、提出してみて書き直しを指摘されたら修正するつもりでいれば、怖いことはありません。

初心者のWebライターは需要がある


じつは、初心者のほうが良いというクライアントさんがけっこういます。

初心者は安い単価で受注してくれるので、記事の質よりも記事の量が欲しいという人(そういう事情もあるみたいですよ)もいて、ちゃんと需要があるんですね。

小学校の作文で指摘されるような句読点、記事の構成、商品を最後にひと押しする、などの要点を押さえていれば、普通は問題なく受け取ってもらえると思います。

ただし、仕事なので、「ここを直してください」と言われることもあるでしょう。指摘はもっともでも、実際に指摘を受けるとけっこうショックなものです。へこむのは一時的にして、「次の仕事をがんばろう!」と思う気持ちは必要かもしれません。

スキルは始めてから磨けば十分!


スキルは仕事をしながら磨きます。

一般的な仕事は、ある程度、予備知識やスキルがあってから採用されるものだと思いますが、webライターは経歴もスキルも問われません。

私の場合、化粧品や健康サプリは、仕事をしながらネット検索で知識を積み重ねてきました。ビタミンCとビタミンEの違いなんて、この仕事を始める前は分かっていませんでしたね~。

逆に、出産や子育ては経験があるから書ける!と思っていたのですが、最近はあまり書いていません。自分の体験に固執しがちで、最新の赤ちゃんグッズや自分が使わなかった育児アイテムなどになると、とたんに筆が鈍ってしまいます。これは、意外でした。

そんなこんなで、自分にあると思っていたスキルがなかったりしましたが、化粧品や健康サプリは、ネットで調べて書きやすい分野だと思います。記事を作成しながらネット検索をしていれば、商品に対する知識は自然に増えていくので、心配はありません。

それに、いろいろな人の仕事を受けていると、育ててくれるクライアントさんもいるんですよ。

アフィリエイトの仕組みをそれとなく教えてくれたり、この記事はこう使われるんですよ、と教えてくれる人もいました。記事の使われ方が分かってくると、書き方も当然、変わってきます。「あいまいな表現はしないで、言い切って下さい」とか「このキーワードを入れて下さい」とか、文章の書き方も教えてもらいました。



在宅ライターの仕事は、始めるのは簡単です。
予備知識がなくても、文章書いた経験がなくても、初心者向けの仕事がたくさんあるので、スキルは始めてから磨いていけます。

時間的に書くのがたいへんな時もありますが、webライターは、最初から、書けばなにがしかの報酬がもらえます。そうなると、すき間時間を削って、1記事でも多く書きたくなるんですよね~

はまると家事がおろそかになり、汚部屋を招きますから、その点ご注意くださいませ。

記事を読んでいただいてありがとうございました!ひとりでもお仲間が増えると嬉しいです♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示