ホーム片付けて良かったこと ≫ 片付けて役立ったこと5つ。最近の出来事から。

片付けて役立ったこと5つ。最近の出来事から。

すぐに散らかってしまう我が家。
そのまま放置しているとどんどん汚部屋になっていくだけですが、ほんの少しでも片付けると、ちょこちょこといいことが起こります。

子どもたちが夏休みになってから、「片付けて良かった~」と思ったことを集めてみました。ささいなことばかりですが、よろしかったらお読み下さい♪

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

お菓子作りに役立ったのは片付けた食器


蒸し暑いある日、重い荷物を下げて買い物から帰ったら、同居の母がゼリーを作ってくれていました。

おやつの時間に冷蔵庫から取り出し、ゼリーのカップを見て思わず笑ってしまいました。

少し前によそからいただいたゼリーのガラス容器だったのです。

最近は断捨離しようと思っているので、いただきものの食器は処分することが多いのですが、それは少し小ぶりで家族の人数分あったので、取っておくことにしたのでした。

食器棚の中段の見やすい場所を空け、6個の小さなガラス食器を並べておきました。

普段ゼリーを作ることのない母が作ってくれたのには、ちょうど目に入る場所に手頃な食器があったからかもしれません。

私にしてみたら、買い物から帰ったらおやつができていて、デザートビュッフェに来たような嬉しい気分に♪
デザートビュッフェ
すぐに食べてしまったので、画像はイメージです^^

片付けておいて良かった~と内心思いながら、冷たいゼリーをみんなでいただきました。

自由研究で参考にしたのは?


息子の自由研究を手伝っています。

今年は冷凍庫を使わずに氷を作る実験をしました。(水を冷凍庫に入れずに氷を使って凍らせる、過冷却という現象を利用しました。)

実験はサクサクと完了しましたが、まとめる段になってぐずぐずに。書くのが面倒なのですよね。

そこで取り出したのが、昨年までの自由研究。
1年生は工作でしたが、2年生からは毎年、実験や観察をして冊子にまとめてきました。

以前であれば、子どもの作品や自由研究も物に埋もれていましたが、昨年片付けたおかげで、2年生から4年生の3年分をさっと取り出し、息子が飽きる前に並べて見せられました。

自分の作品なので、かなり刺激になった様子。
「こんなに書いてる~」と驚いていましたよ。

まだ完成はしていませんが、その後は真面目に書くようになり、助かりました。子どもの成果をまとめて片付けておいたのが功を奏しました。

家族の探し物を発見


私の部屋の片隅に服の山ができてしまいました。
洋服のしまい場所は限られているので、片付け始めればすぐに山はなくなるのですが、今回はためこみすぎました。

上から順に引き出しにしまっていたら…

出てきたのは、持ち主の違う洋服たち。

娘のTシャツと母のTシャツが混ざっていました。

娘は気づいていませんでしたが、母は探していた模様。見つかって喜ばれました♪

布団で遊んで運動不足解消に!


前の記事にも書きましたが、最近は落ちている髪の毛を拾うように心がけています。

布団や枕についた髪の毛も適当に手で払って終わりだったのが、つまんで捨てるようになり、そのうちコロコロで取り除くようになりました。←他人事のように書いていますが、自分の変化です。この年でも良い方向に変われるんですね^^

布団がきれいになったら、落ちた髪の毛に神経質になっていた息子が布団で遊ぶようになりました。飛んだり跳ねたりなので、本当はやめさせたいですが、最近は暑すぎて外遊びもままならないので、これで運動不足解消になってくれれば幸いです。

子どもがストレス発散できれば親の私もニコニコに。部屋が快適になれば心もおだやかになるものですね。

断捨離本でお小遣い


同居の父が、リサイクル店に本を持って行くので、私もあれば出してくれると言ってくれました。

最近は、時々本を抜いて積んでありましたので、言われて1分後には袋に詰めて父に渡せました。

片付けておいて良かったと思いながら待っていたら、300円もらえました。父が出した文庫本より成果があったみたいです。


以上、近況を含めて最近感じた片付け効果をまとめてみました。

どれもささいなことではありますが、やっぱり片付けておくといいことがあります☆

忙しいと面倒で物をため込んでしまいますが、これからも時間を作って片付けたいと思います。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示