ホーム断捨離 ≫ 祖母の没後、これ使えると思うと言われて半年迷って捨てた物とは。

祖母の没後、これ使えると思うと言われて半年迷って捨てた物とは。

今回は、女4代にわたる(?)ちょっとデリケートなお話です。

半年ほど前、母から「これ使えると思うよ」と言われ、「ああ、そうなんだ」と素直に受け取った物がありました。

尿もれパッドです。

数年前に亡くなった祖母が生前、オムツになる前に使っていた物でした。母は閉経しているので、私や娘なら生理の時に使えると思ったのでしょう。私も使えると思いました。見た目も生理用ナプキンにそっくりですし。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

尿もれパッドの出番はありませんでした


昨日、新しい生理用ナプキンを買ってきて、収納しようとして困りました。
レジ袋

生理用ナプキンの収納に、尿もれパッドが入っていて、収納カゴからあふれてしまっているのです。

尿もれパッドはこちらです。
尿もれパッド
おばあちゃんは使いかけでした。年齢とともにこの小さなパッドでは足りなくなり、急に不要になる時が来て、そのまま放置されていた物でした。

祖母の家を片付ける時に、新品の物は施設などに寄付しましたが、使いかけは捨てるしかなかったのでしょうね。それで、私のところに回ってきたのでした。

私は、母からもらった時は一瞬「え、」と戸惑いましたが、見た目もそっくりなので使えると判断。それなのに、半年間いちども使わなかったのです。

生理用ナプキンが足りなくなった時も、新しい生理用ナプキンを急いで買いに行きました。

半年の間に使うチャンスは何度もありましたが、私も娘も使いませんでした。そもそも娘には、もらったことを伝えていません。娘には使ってほしくありませんでした。

娘だけでなく自分も使わなかった理由は…
はっきりとは分かりません。

祖母や母のことは好きですし、もらった物を使うのは基本的に抵抗ないのですが、なぜか手が出ませんでした。

40代になって、正直に言うと、尿もれがないわけではないのです。でも、使うほど悩んではいないので「尿もれパッド」を使うことに抵抗感があるだけなのかもしれません。もう少ししたら気にせず兼用するようになるのかしら?

たいした理由は見つからないのですが、今まで何度チャンスがめぐってきても使う気になれなかったので、収納も困りますし、そっと捨てることにしました。

尿もれパッドと生理用ナプキンは違うものらしい


この2つ、見た目はそっくりです。
左が生理用ナプキン、右が尿もれパッドです。そっくりですよね。
尿もれパッドと生理用ナプキン
でも、じつは性能が違うそうですよ。

尿もれパッドは、吸水性抜群の上に、吸収した水分を逃がさないとのこと。一方、生理用ナプキンは、吸収性は良いのですが、その後水分は染み出てくるそうです。

今回記事を書くにあたってネットで検索したところ、尿もれパッドを生理用ナプキンとして使う人は少ないみたいですが、その反対で使う人はいるようです。

でも、尿もれ対策に生理用ナプキンでは、コスパは良いですが、性能的には不十分らしい。

適材適所で使うほうが良いのですね。

断捨離で生理用ナプキンの収納は落ち着きました


もらった尿もれパッドは処分します。
そして、新しく購入した生理用ナプキンを詰めます。
生理用ナプキン

収納は私の部屋に置いていますが、息子と共用の部屋なので、絶対に悟られないようにカムフラージュ。
生理用ナプキン

これを机の下に押し込みます。
机の下
どこにあるか見えますか?
ピンクの布袋の下の黄色いカゴです。これなら息子には分かりません。

これで収納完了。

おばあちゃんの物だし、もったいない気もしますが、用途も違う物ですし、使わない物は取り除いたほうがスッキリします。


ひょんなことから手元にやってきましたが、結局、うまく使えず捨てることになりました。

用途も違えば素材も違うのですよね。
違いが分かって吹っ切れた部分もあります。

リアルのお友達には話しにくい微妙な一件でしたが、最後までお読みいただいてありがとうございました☆


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

補足ありがとうございます。
勘違いしていました。

非常用だとあまり詰められないな~と思っていたのですが、自宅用なのですね。詰め直します(汗)

自宅トイレなのにポータブルと同じになってしまうという状況はつらいですが、震災の時のトイレ問題はかなりシビアだとも聞いていますので、万全を期したほうが良いですね。

2011年の震災の時はここ千葉県でも怖かったのに、しっかり備えられていない上に知識も不十分です。

ご指摘ありがとうございました!

みんく | 2017.07.13 20:38 | URL


補足です。
非常持ち出し袋用とすると、排泄用はコンパクトな市販品の方が良いのではと思います。
少しでも口にできるものを詰めたり、女性用として使い心地がわかるいつものナプキンとか。

このパッドはビニール袋とセットで保管、
自宅で停電・断水・排水管破断の時など、水で流せない状況での「自宅で使用」用の備蓄品として考えてください。
トイレでポータブルトイレと同じ処理をしなくてはならなくなります。しかもながせないので袋詰めです。
自宅で使用なら丈夫なゴミ袋と吸収剤でトイレになります。
吸収剤は古典的に古新聞でも可能なのですが匂いの問題があるため、収納スペースがあるなら排泄用に作られているものを。
介護用品のトイレグッズが使いやすく万全に出来ているんですが、少々お高くて。(ポータブルトイレ用吸収袋・消臭剤)
余ったものでもパッドなら吸収は問題ないと思います。
ペット用品のペットシーツや猫砂は吸収も消臭も良いし安価なので飼われているなら多めに備蓄をお勧めします。

ちゃーちゃん | 2017.07.13 17:53 | URL[ 編集 ]


Re: タイトルなし

ちゃーちゃんさま、コメントありがとうございます!

おお、そんな使い方があるのですね。
なんとラッキーなことに、今朝のゴミ出しに入れるつもりが忘れてまだ部屋の隅に残っています。
ぜんぶは無理かと思いますが、非常用袋に詰めてみます。

九州の災害のようなこともありますし、備えは大切ですよね。
貴重なアドバイス、ありがとうございました♪

みんく | 2017.07.13 15:15 | URL


初めまして、お邪魔します。
ナプキンとしてお使いになるのに抵抗があるなら、
非常時のトイレ代わりにビニールに入れて吸収材として使ってください。
嘔吐の処理袋に入れて吸収させるのもいいと思います。
非常用、防災用で新しく用意されるなら、丈夫なビニール袋と今あるもので十分だと思います。

非常用としてトイレキットを買ってみたら意外と高価で、数を増やそうと思っていたときに親族から余りをもらいました。トイレキットと同じ保管場所に移し、ウチは当分はコレで良いかなと思っています。

ちゃーちゃん | 2017.07.13 10:42 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示