ホーム片付け・断捨離 ≫ 断捨離に向いている時間とは。このタイミングを逃さないように!

断捨離に向いている時間とは。このタイミングを逃さないように!

断捨離をするのに向いている時間があると思います。
これを知って、合わせて捨てるようにすれば、毎週スムーズに断捨離が進むはず。

でも、思わぬところでタイミングを逃すことも!

今日の話題は、断捨離のコツと、失敗エピソードつきです。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

断捨離に向いている時間とは


断捨離に向いている時間とは、ズバリ!

ゴミ捨て前のひとときです。

捨てに行く直前でも良いですし、前日でもOK。
捨てると決めたらゴミ袋に直行させられて、しかも短時間で袋の口を閉めて家から出します。戻そうかなんて迷う暇もなく、サクっと捨てられますよね☆
ごみ袋「ゴミ」

この法則に気づいてから、燃えるゴミの日や資源ゴミの日を目安に断捨離をするようになりました。

前の日に冷蔵庫の中を見て捨てる物を取り出したり、洋服やタオルを間引いたり。

当日の朝は、部屋のゴミ箱を空にしながら、ついでに封筒やメモ用紙などをゴミ袋に投入。

捨てに出掛ける間際には、部屋の隅に置いてある、少し前に断捨離して捨てるつもりだったものをゴミ袋に押し込み、完了。

でも、失敗することもあります


でも、うまくいく時ばかりではありません。

いつもは私がゴミ捨てに行っているのですが、先日は、健康診断のために朝食がいらなかった父が、時間があったのでしょうね、あっという間に袋の口を結んで捨てに行ってしまいました。

私はまだこれから部屋のガラクタを入れるつもりだったのに。残念。次回に持ち越しです。


ゴミの回収日に合わせて断捨離をするのはとってもおすすめです。

でも、間際に入れて良いのは、明らかにゴミと思える物だけですよね。迷うような物は出してしまって後悔することもあると思います。そんな時は次回のゴミの日まで部屋に取っておいて様子を見ます。

そして、ほかの家族がゴミ袋を捨てに出掛けてしまう前に、早めのタイミングでゴミ袋に詰めるのがポイントです☆


関連記事

コメント













管理者にだけ表示