ホームリビング ≫ リビングでため込んでいた物の断捨離と息子の衝撃のひと言。

リビングでため込んでいた物の断捨離と息子の衝撃のひと言。

リビングの引き出しにため込んでいた物がありました。

もともとたくさんある上に子どもたちからも集めていっぱいになっていたんです。引き出しが満杯で、「片付けなきゃ」と思いながら日にちが経っていましたが、先日、思い切って断捨離しました♪

できた!と満足していたら、最後に思いがけない一言が…

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

筆記用具の引き出し


リビングでため込んでいた物とは、筆記用具なのです。

昨日の記事でもお伝えしましたが、少し前に、娘の部屋から出てきた大量の筆記用具を選別し、娘が使いそうにない物をリビングの引き出しに入れました。⇒娘の部屋に大量にあった物。この2つを持ちすぎている女の子は多いはず。

その後、息子の部屋から、とても短い鉛筆がたくさん出てきたので、回収し、これもリビングの引き出しに入れていました。

リビングの引き出しには、もともと結構な量の鉛筆が入っていたんです。
それに子どもたちのを加えたものですから…

こんな状態になっていました。
文房具の引き出し
この引き出しは、鉛筆、色鉛筆、消しゴムを入れる引き出しです。

黒い鉛筆は、4BからHBまで取りそろっています。
色鉛筆は何セットも作れそうな量。
消しゴムも十分に。

子どもが小さい頃は、書きやすい鉛筆や、色の種類の多い色鉛筆などを買いそろえていましたが、いつの間にか使いかけがたまっていました。

開閉は問題ありませんが、使いたい鉛筆がなかなか見つからない、という問題が起きていました。この状態では、当たり前ですね。

中身を取り出しながら断捨離


引き出しをひっくり返してぜんぶ出したかったのですが、芯の欠片など落ちてきそうだったので、少しずつ取り出しながら選別しました。

まず、捨てることにしたのはこちら。
鉛筆・消しゴム
右上から時計回りに、キャップ、クレヨン、書きにくい鉛筆、太い色鉛筆、極小チビ鉛筆、消えない消しゴム、古いシャーペン。これは断捨離です。

…が、ゴミ袋に入れようとして手が止まりました。

極小チビ鉛筆は、息子の作品です。
チビ鉛筆
捨てようと思ったけど、両端の短いだけ取っておこうと思います。親バカですね^^

次に、(極小ではなく普通に)短い鉛筆。
どこまで残すか迷いましたが、息子がわりと短い鉛筆を使いたがるので、短めの物を残そうと思います。

ということで、捨てるのはこちら。
鉛筆
この長さまでよく使いました。ごくろうさま。

結局、残した鉛筆はこちらです。
鉛筆
このほか、画像にはありませんが、色鉛筆も残しました。色鉛筆は短いものが少なくて、あまり捨てられなかったのです。

そして、引き出しに戻しました。
ジャン!
文房具の引き出し
奥の半分のスペースに、色鉛筆と鉛筆削り、新しい鉛筆。
前半分には、消しゴムと鉛筆、シャーペン。

まだたくさんありますが、わりとスッキリしました。
これなら、使いたい鉛筆もすぐに見つけやすくなったはず。

息子の衝撃の反応


引き出しを片付けたのは昼間で、夜には片付けたことをすっかり忘れていました。

ところが、宿題をしようとした息子が引き出しを開けて、大きな声。

「え、どうしたの?ママ、こんなことができるの?すごい!!」「え~!ママがこんなことするなんて~」

短い鉛筆を捨てたことは気にしていない様子で、それよりも片付いていることに、失礼なほどものすごく驚いていました。

息子からそんな風に見られているとは露ほどにも思っていなかったので、私もビックリ。

普段は片付けてても何も言わないのに、こんな見えない場所を片付けただけで、どうして驚くのでしょう?自分が使う鉛筆が取り出しやすくなったから?

あまり言うので、「(姉の)Mimiちゃんはこんな片付けしないでしょ?」と聞いてみましたが、「ママのほうがしないでしょ」という超意外な返事。これはふざけていたと思いたい…。

「何でそんなこと言うの?いつも片付けてるのに」と思いましたが(いつも片付け方が甘い?)、「え~ママが~?」と、あまり何度も言うものですから、つい笑い出してしまいました。

最初はむっとしたのですが、笑い出してしまったことで私の降参。

今までは何をしても家族の反応が薄かったので、今回は片付いたことに気づいて喜んでもらえたのは良かったです。

これからも片付けをがんばりたいと思いました。
やる気イラスト



じつは、この引き出しの下の段に、ペン類が満載になっています。ペンは、1本ずつ書けるかどうか試さないといけないので、ハードル高いです~

ですが、息子に認められるためにも、やり遂げなければ。こうしてブログにも書いてしまったし、やらないといけませんね^^


関連記事

コメント













管理者にだけ表示