ホーム子育て(子どものこと) ≫ 女の子の長い髪はいつまで大人が洗えばいいの?私と母と娘の攻防。

女の子の長い髪はいつまで大人が洗えばいいの?私と母と娘の攻防。

今回は、私がこの数年モヤモヤしている娘の洗髪問題について書いてみます。

女の子の長い髪は、いつまで親が洗うものなのでしょう?
自分で洗えるのに何やってるのと思っています。

モヤモヤをできるだけ整理しつつ、書いてみます。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

女の子の髪を洗ってあげるのはいつまで?


娘の髪をいつまで洗ってあげるのが普通なのか、ネットで調べてみました。

「娘の髪を洗ってあげる」で検索すると、出てくるのは赤ちゃんから小学生のお子さんの話です。

・小学生になったら
早い子は、小学生になったら一人で洗い、時々親が見てあげている、というパターンがあるようです。髪を一人で洗い始める時期なのですね。

・小学3年~5年
小学校の3~5年生にかけて、いつまで洗ってあげれば良いかという議論が出てきて、人によっては3年生でも遅いという人も。

・小学5年生
5年生が境目で、5年生で一人できちんと洗えているかどうか、という話題が出ていました。5年生は、学校での宿泊学習も始まりますし、身体も大人になってくるので、親としてはもう一人立ちしてほしいですよね。

〇我が家の場合


さて、我が家の娘は中学2年生です。
やはり5年生くらいからお風呂も一人で入り、髪も洗うようになりました。

でも、身体はともかく、髪は長くてきちんと洗えているのかどうか…。
たまに一緒に入った時は、「ほら、そこ洗えてないよ」とつい口が出てしまう状態。

それから数年経ち、多少は上達しましたが、まだまだです。

そんな娘の洗髪問題。
少々複雑で長くなりますが、お付き合い下さい。

我が家のお風呂事情


お風呂場に椅子を置いています。それも2つ。子ども椅子と大人用のお風呂椅子です。

洗面所にも同じような子ども椅子があり、2つを1つにしたことについては、昨日の記事に書きました。⇒使っている人は意外に気にしていないというお話。家族が使っている物の断捨離。

2つあるうち残したのは、この椅子でした。
子ども椅子

さらに、お風呂場には大人用の椅子もあるのです。
お風呂の椅子

子ども用と大人用、2つもあるのは、私の母が私の娘の髪を洗うからです。

普段は別々に入っているのですが、週に3日くらいでしょうか、時間が半分くらいかぶるようにして一緒に入り、母が娘の長い髪を洗っています。

大きいブルーの椅子に母が座り、娘が黄色い小さな椅子に座って後ろから洗ってもらっています。

小さい子どもではないのでやめてほしいのですが、2人ともやめたくない理由があるようで…

やめたくない理由とは?


両親と同居して、なるべく親の気持ちを尊重したいと思って生活しています。(親は好き勝手にやっていると思っている様子ですが。)

でも、娘はもう中学2年なのです。

私も、バレエの発表会の当日など、ガチガチに固まった長い髪を洗うのを手伝うことはあります。
でも、毎週何回も洗ってあげる必要はないのでは?

気持ち悪いという気もして、最初のうちは娘に「自分で洗いなさい」「洗い方を教わるだけにしなさい」と言っていました。

でも、まったく状況が変わらないので、母にも言ってみました。

「洗い方を教えるだけならいいけど、毎回洗ってあげる必要はないんじゃない?」「洗い方を覚えて自分でできるようにならないと。」などなど。

ところが、何の効き目もないのです。

〇2人の理由


娘は、私に気を遣ってなのか、「そうする」と言うこともありますが、行動には現れません。本心は洗ってほしい様子なのです。

長いのと不器用なので、洗ってもらうときれいになるし、かゆくならないと思っているのでしょうね…。

母のほうは、教えるという発想はない様子で、
「私が洗ったほうが早いから」「Mimiちゃんもきれいにしたいと思ってるから」と言って取り合ってもらえません。

まとめると、
・娘は、自分で洗うよりおばあちゃんに洗ってもらったほうがきれいになる、と思っている。
・母は、娘の髪は自分が洗ったほうが早くきれいになる、と思っている。


見事に利害が一致しています。つけ入る隙もありません。

私がやめてほしい理由


年頃なのに頻繁に髪を洗ってもらって平気な娘にも腹が立ちますが、早く洗えれば何でも良いような発想も理解できません。

私がやめてほしい理由は、いくつかあります。

〇やめてほしい理由


・娘がいつまでも上手に洗えるようにならない
・娘は、いざとなれば手伝ってもらえば良いと思ってしまう
・娘には、洗い方を工夫するなど自分で方法を考える力をつけてほしい

本当にそう思っていますが、じつは別の理由もあるんです。

〇もう1つのやめてほしい理由


おばあちゃんと仲良くお風呂に入るのは微笑ましいこと、ですよね?

でも、私は、仕事から帰るのが遅くなって、母が私より先に娘の話(学校の話などくだらない話がほとんどなのですが)を詳しく聞いて知っているのが分かるとイライラしてしまいます。

娘が何かして欲しい時、私ではなく母に頼むのもおもしろくありません。(母のほうが何でも器用なので、頼みたい気持ちは分かりますが、そういうことではないのです。)

なんて心が狭いのかと自分でもイヤになりますが、同居して12年になりますが、いつまでも慣れません。

なので、母が娘の髪を洗うのも嫉妬心が出てしまうし、それで喜んでいる娘にもイラっとしてしまうわけです。

分かっているのですけどね~
やめられない気持ちです。

まだまだ続きそうな予感


先日、ほがらかに母に言われました。

東大に子どもたちを進学させた優秀なお母さん(テレビでも有名な方だと思います)は、お嬢さんが高校生の時、お風呂の時間短縮のために毎日一緒に入って髪を洗ってあげていたそうよ、と。

私の娘は東大をねらっていませんが、髪を洗うのに時間がかかるところは同じです^^

これでは、まだ当分、母のボランティアはやめになりそうにありません。


長く書いた上に、まったく問題が解決していなくてすみません。

この2、3年、私ひとりがモヤモヤし、時に仲を裂こうと(お風呂のことだけです)画策したり、嫌味っぽい発言をして雰囲気を悪くしています。

生理的に嫌なので、もう最近は2人の入浴に関わらないようにしようと思っていますが、娘のこととなるとそれも難しいのです…。

あまりいらっしゃらないと思いますが、同じような体験をなさった方がいたらアドバイスをいただきたいと思っています。


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

シンプル愛さん、コメントありがとうございます!

どこのお家でも何かしらあるものですね^^
今のお嬢さんとお義母様の関係をうかがって、少し気が楽になりました。

5年先、10年先を想像してみれば、そんなに深刻なことではないのかも。振り返って5年前と比べてみれば、たしかに違ってきていますし。

良いと信じていることをやめてもらうのは本当に難しいですし、なかなか割り切れませんが、もめても良いことはないので、できるだけ気楽に構えたいと思います。


愛さんのブログ、いつも楽しみに拝見させていただいています。これからお忙しくなるそうですが、無理のない範囲で更新を続けていただけると嬉しいです♪
これからもよろしくお願いします。

みんく | 2017.06.17 23:38 | URL


こんばんは。
ついつい、我が家の義母の事を思い出して、コメントしました。(笑)
我が家では、それは制服のアイロンがけでした。
中学までは、私がアイロンをかけていたのですが、高校になって、練習になると思い、制服のブラウスのアイロンは、自分でかけるように娘たちに言いました。
ですが、義母が、「忙しいのにかわいそう」と言って娘の制服のアイロンがけをするようになったんです。
娘たちは、何だかんだで帰りが遅い事が多かったのですが、テレビを見る時間やスマホを触る時間はあるのです。
私は、義母に「制服のアイロンをかける事でアイロンがけの練習になるから」と何度言っても聞く耳持たずでした。(笑)
今となっては、笑い話ですが、相当、イライラしていましたよ。
それが、躾なんじゃないの?と思っていました。
娘が小さい時は、娘の取り合いもありました。
目を離すとすぐに義母が抱っこしていましたし、、、
実母でも同じような事があるのですね。
ここまで書いて、解決策はというと、特に思いつきません。ごめんなさい。
ですが、どんなにおばあちゃんが優しくても、ここ一番の時はおばあちゃんでなく、お母さんなのだと思います。
我が家では、今でもおばあちゃん大好きですが、おばあちゃんに相談したり、お願いすることも少なくなって来ましたよ。

シンプル愛 | 2017.06.17 21:28 | URL














管理者にだけ表示