ホーム断捨離 ≫ 使っている人は意外に気にしていないというお話。家族が使っている物の断捨離。

使っている人は意外に気にしていないというお話。家族が使っている物の断捨離。

ずっと気になっていた洗面所とお風呂場の子ども椅子、2つあるうち1つを断捨離しました。

2つある似たような物は1つにすれば良い、というのは断捨離の基本ですよね。

でも、自分が使っている物ではないので、気になりつつ、なかなか断捨離できずにいました。ですが、捨てられないと思っていたのは私の思い込みだったようです。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

洗面所とお風呂場にあった子ども椅子


先日、洗濯機周りを断捨離しました。⇒見にくい場所には要注意!忘れていた物がまだまだ放置されていました

最後に残ったのが、子ども椅子。
子ども椅子
踏み台として使っていた物でした。

これがないとスッキリするな~と思ったのですが…

私が本当に捨てたい椅子は、別にあったのです。
子ども椅子
わけあってお風呂場で使っている椅子です。

洗面所とお風呂場に、似たような子ども椅子が2つありました。
2つ並べてみると、大きさにかなり違いがあります。
子ども椅子2つ
小さいひよこの椅子は、座面も小さく踏み台には無理。こちらを捨てたいと考えました。

使っている人に聞いてみる


どうして洗面所とお風呂場という近い場所に2つある子ども椅子を簡単に捨てられないかと言うと、使っている人がいるからです。

使っているのは、私の母と私の娘です。
諸事情でお風呂の小さなほうの椅子を使っています。

私もそれは知っているのですが、使っている理由についても快く思っていないのです。

要るのかどうか聞いて、「使っているから要る」と言われるのも気に障るので、かれこれ1年ばかり、椅子について見て見ぬフリをしていました。

でも、改めて2つ並べてみたら、「1つあればいいじゃない」と本気で思えてきたので、母に尋ねてみましたよ。

「椅子は大きいのでもいい?2つあるから小さいほうを捨てたいんだけど。」

「あ、大きいのでもいいよ。」
あっさりOKが出ました。

聞いてみて良かったです。
使っている人は1つあれば、どちらでも良かったんですね~

心置きなく子ども椅子を1つだけにすることができました。

この大きいほうの椅子は、踏み台になりますが、お風呂場でも使うので、お風呂場に立てかけて置くことにしました。お陰で、洗面所はスッキリです♪
洗濯機前の断捨離後


案外、素直に聞いてみると、相手はとくべつこだわっていない、ということもあるのですね。最近、このパターンが多いような気が…。

今日は、椅子を断捨離して、1つに減らしたところまでお伝えしました。

じつは、この椅子に絡んで、もう1つ私の気になっていることがあります。
それは、母と娘の椅子の使い方。

それについてなかなか書けなくて、この椅子の断捨離の記事が延び延びになっていたんです。

この記事は書けたので、次は思い切って明日の記事に書いてみたいと思っています。私の心が整理できていないのに、書けるかな~


関連記事

コメント













管理者にだけ表示