ホーム15分片付け・断捨離 ≫ もうすぐ新学期!子どもの作品をあわてて片付け~我が家の収納術

もうすぐ新学期!子どもの作品をあわてて片付け~我が家の収納術

自分のことで忙しくしていたら、今日はもう4月3日。

娘の中学校の入学式はまだ先ですが、息子の新学期は明後日に迫っていました。それなのに、彼の机の上にはまだ3年生のプリントや作品が…。

そこで、今日の片づけはこれ。
子どもたちの1年間の作品を片付けました♪

さあ、どうなったでしょうか。
今日は写真も公開してます。
どうぞご覧くださいませ♪

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

子どもたちの作品とは


まだ片付けていなかった子どもたちの作品には、こんなものがありました。

・図工作品の絵画
・書道で書いた習字の書初めと半紙
・学校の発表会で使った発表資料
・校外学習のしおり
・賞状
・作文
・テストや配布された手紙
・作品や作文、習字の下書き

以上のうち、最後の2つはほとんど捨てました。
とくに夏休みと冬休みに自宅で書いた習字の下書きが大量にありましたが、下書きは全捨てです。その代り、学校に提出した作品を取って置きます。

最後はコンパクトに収納


子どもたちの作品ファイル
捨てる物を捨て、残ったものは子ども別にファイルしました。

画像の通り、大きな絵画と賞状は、特大のファイルに収納。
習字の作品や校外学習のしおり、発表資料などは小さいファイルに収納しました。

この大きなファイルは2つあって、これは下の子の分です。上の、娘のファイルはもうパンパン。小学校6年間の大きな作品がすべて入っていますが、中学になったら収納を考えないといけませんね。

そもそも、中学ではどのくらい作品を持って帰ってくるものなのでしょうか。中学校生活は親子で分からないことばかり。今朝も靴下の色はどう決まってるの??と悩んだところです。

今のところ収納ファイルは学年ごとです


画像のファイルは、大きなものは、小学校を通して1人1つ。生協で購入したと思いますが、6年前のことなので、記憶があいまいです。小さいものは、100均で毎年購入し、学年ごとに収納しています。

今回は、とりあえず、これで収納ができました♪
思い出の品を、あまり減らさず、きれいに収納できて満足です。
でも、思い出の品もいずれはきちんと整理しないといけませんね。
思い出の品についての記事はこちらからどうぞ。



我が家は子どもが2人。上が今度中学生、下が今度小4になりますが、かなりたまってきました。幼稚園の時にも二人とも2年間、それぞれ作品ファイルをもらってきましたので、それもけっこうかさばっています。

当面は、このままの収納方法を続けようと思っていますが、すでに本棚のかなりのスペースを占拠しています。段ボールに詰めて上に上げたほうが良いのかな?でも、すぐに出せるほうが良いと思うし…。

思い出の品を減らすのって覚悟が必要ですよね。まずは身の回りの明らかなごみを減らすところからがんばろうと思います…。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示