ホーム在宅ワーク ≫ 在宅ワークを始めたい人、報酬アップをしたい人へ~Webライター1文字1円への道(最終回)

在宅ワークを始めたい人、報酬アップをしたい人へ~Webライター1文字1円への道(最終回)

今回は、在宅ワークで文章を書く仕事を始めてから、1文字1円の報酬をいただけるようになるまでをつづったシリーズの最終回です。

今月は、ゆったりと3万文字書いて約2万円の報酬でした。シリーズ最終回なので、3万文字で3万円と書きたかったですが、最終納品が翌月の案件もあり、こうなりました^^

さて、2013年の年末にランサーズに登録してから3年余りの道のりについて、15回に渡ってお伝えしてきましたが、前回の記事で、晴れて1文字1円になりましたので、今回は、これまで全15回のまとめをしてみます。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

ランサーズに登録し、タスク方式で仕事を始めました


2013年12月に、クラウドソーシングのランサーズに登録し、初心者向けのタスク方式で文章作成の仕事を始めました。

迷った末に登録した時のことをこの記事に書いています。⇒在宅ワークのスタートはクラウドソーシングのランサーズから~Webライター1文字1円への道(1)

初仕事は、アンケートで76円、文章作成で64円。文字単価約0.1円でした。
でも、初めてネットで報酬をもらい、この時は安さなんて気になりませんでした。

タスク方式の仕事始めについて⇒初仕事はアンケートと短い作文で肩慣らし。~Webライター1文字1円への道(2)

タスク方式はランサーズ特有の仕事の仕方です。ここで好みの仕事を見つけて取り組むコツも書いています。⇒ランサーズのタスク方式で好きな案件をみつけてじっくり取り組む裏技~Webライター1文字1円への道(3)

気軽に取り組んだ仕事で失敗もしました。⇒アンケートで非承認!気軽な仕事の落とし穴~Webライター1文字1円への道(4)

こうしてランサーズのタスク方式で始めた仕事について、最初の1年の仕事ぶりをまとめています。⇒ランサーズのタスク式で自分に向いた仕事を探す~Webライター1文字1円への道(5)
仕事ぶりは、山あり谷ありでした。

タスク方式に限界を感じ、いったんランサーズから離れましたが、やはり必要に迫られて復帰。その辺りの変化を仕事内容と報酬とともに上の記事に載せています。

合わせて、当時、タスク式でいろいろな内容の仕事をこなし、自分の取り組みやすいテーマが分かってきたことについても書いています。
PCで仕事中イラスト

プロジェクト式の仕事を始めました


ランサーズでは、初心者向けの単発の仕事であるタスク方式のほかに、納期を設定して時間をかけて仕事をするプロジェクト方式があります。(ほかにコンペ方式もありますが、文章作成には向いていない方式です。)

じっくり時間をかけて仕事をしたい、案件選びに時間を取られたくない、などの理由から、プロジェクト方式に集中するようになりました。

意気込んで始めましたが、最初でつまづきました。⇒在宅ワークも楽ではありませんでした。ランサーズの初めてのプロジェクト式でがっくり。~Webライター1文字1円への道(6)

捨てる神あれば拾う神ありというのは本当です。
つまづきましたが、その後は良いクライアントさんとの出会いに救われました。⇒良いクライアントさんがいるから成長できます~Webライター1文字1円への道(7)

良いクライアントさんとの出会いで、納品した文章の使い道さえ分かっていなかった私にも、ネット文章の使われ方が分かってきました。⇒クラウドソーシングで納品された記事の使い道とは~Webライター1文字1円への道(8)

仕組みが分かってくると、どうして1文字0.1円なんて格安の仕事がどうして存在するのかも見えてきました。その辺りについても上の記事で書いています。

プロジェクト式に集中し、仕事に自信をつける


ネット文章の流通やネット文章の書き方が少し分かってきたところで、仕事を広げたくなりました。その時に私がしていたことをまとめています。⇒ランサーズで本気で稼ぐための4つのポイント~Webライター1文字1円への道(9)

その頃の仕事内容をこちらの記事にまとめています。2014年9月~12月、ランサーズを始めて約1年後の様子です。⇒在宅ワークで初心者が自信をつけるには、ゆっくりと仕事を広げてみる。~Webライター1文字1円への道(10)

まだまだ安価な仕事で疲弊することも多かったのですが、中には1文字0.5円のお仕事も混ざるようになりました。
やる気イラスト

この頃、いろいろと手を出してみる中で、仕事のキャリアアップに役立ったことがありました。3つについて詳しく書いています。

(1) ブログ作成⇒ブログの5つのメリット。仕事の様子を見せてキャリアアップに。~Webライター1文字1円への道(11)

(2) アフィリエイトサイト作成⇒ 1年目Webライターが、自分用のアフィリエイトサイトを作るという大冒険で得られたこと。~Webライター1文字1円への道(12)

(3) ココナラ出品⇒得意分野で仕事を増やして経験を積む方法~Webライター1文字1円への道(13)

ゆっくりとですが、仕事に慣れ、自信もついてきました。そんな中、寄り道しながらのんびり構えていた私が一大決心をする出来事が!

積極的に単価アップ!


1文字0.5円前後で満足していた私でしたが、2015年のお正月は、安い仕事を詰め込み過ぎて体調を崩してしまいました。⇒在宅ワークは自己管理が大切。安い仕事を詰め込んだ私の体験談。~Webライター1文字1円への道(14)

これに懲りて、まずは0.5円以下の仕事を受注しないことに決めました。当初、仕事が減るのではと心配していましたが、それもなく、あれよあれよという間に1文字1円の仕事が舞い込むようになったのでした。⇒急展開!報酬アップを志してからの在宅ワーク~Webライター1文字1円への道(15)

2016年には、新規の仕事はすべて1文字1円以上で受注するようになりました。2017年になると、1文字1円以上で受注する旨をランサーズのプロフィールに書き込み、1文字0.5円だったココナラの出品をやめました。
貯金イラスト

最近はかなり仕事を選んでいるので、仕事量と月収が減っていますが、精神的なストレスも減ったので、結果的に良かったと思っています。

今までの経験から、1週間に2万文字までは受注して書くことができますが、最近は1週間に5,000~8,000文字しか書いていません。その分、この片付けブログを書いたり実際に部屋を片付けたり、子どもの勉強を見たりしています。

これから仕事を増やすか現状維持にするかは自分しだいです。ブログも書きたいので、これ以上仕事を増やさないで済むと良いですが、それには無駄遣いをしないという我慢も必要になりますね^^

単価アップは仕事の質を上げてくれます


記事作成の仕事についてまったく素人だった私は、報酬は「もらえて嬉しい」というのが先で、報酬アップに執着がありませんでした。そのため、1文字1円になるまでには時間がかかり、寄り道や失敗もありました。

時間はかかったけれど、1円に上がって良かったと思っています。

これは収入のためというだけではなく、クライアントさんとの関係、自分の仕事のモチベーションなど、仕事の質全般について良いことだと思うからです。質の良い仕事を続けていくためには、文字単価を上げることは重要だと、今は思えます。

簡単に始められる仕事でありながら、本当は、2円、5円、10円…と果てしなく上がって行く可能性のある仕事。これを積極的に単価アップさせて行くか行かないかは、自分しだい。自分で仕事を選び、スキルを磨けば報酬は上がって行きます。

とは言え、私が今、1円で満足しているのは、私があくまでも副業の立場に甘んじているからです。
急に仕事を休む時期もあります。場合によって納期を延ばしてもらうこともあります。そんな言い訳ができる報酬額として、今は1円で満足しています。

今、私はここで立ち止まっていますが、志のある方は、ぜひもっと上を目指してくださいね。

私は、ランサーズに登録してから世界が広がりました。ランサーズに登録してみたい方は、こちらからどうぞ。⇒クラウドソーシング「ランサーズ」


16回に渡ってお伝えしてきた在宅ワークのお話はこれでおしまいです。

この片付けブログをご覧の方の中には、自宅でできる仕事を探している人もいるのではないかと思って書き始めました。

道のりは寄り道ばかりで、もっと軽々と収入を増やしているライターさんがたくさんいるでしょうと呆れた人もいるかもしれません。そう思う人には反面教師として、これから始める人には寄り道なしで進んでもらえるために、お役に立てれば幸いです。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示