ホームメルカリ ≫ 出した郵便が戻らないために。2017年6月の郵便料金改定のポイントは「規格」。

出した郵便が戻らないために。2017年6月の郵便料金改定のポイントは「規格」。

2017年6月1日に郵便料金改定されます。今回は、新しい料金体系について、大切な手紙が戻ってきてしまわないように、ポイントを押さえてまとめておきたいと思います。

つい先日、義理のお母さんに出した手紙が10円の料金不足で戻ってきてしまいました。急ぎの郵便ではなかったから良かったものの、正直に告白すると、よくあるんです。

今回は、戻ってきた際、親切にも新しい料金表がついてきました。ああ、改定されるんだった~とぼんやり見てみたら…

いろいろビックリでした!
年賀はがきとか「規格」とか…

後で困らないように、ここでしっかりチェックしておきます。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。
2017年6月改定のポイントは、次の3点になります。
・郵便はがきの料金等変更
・定形外郵便物の料金体系変更
・ゆうメールの基本運賃の変更


郵便はがきの料金等変更


「郵便はがきの料金等を変更」とのことですが、郵便局の苦労がうかがえる内容でした。

我が家の郵便受けに入っていた、料金改定のご案内はこちら。
郵便料金のご案内
郵便はがきに関する基本的な変更点は、通常はがき52円→62円になるというもの。それにともなって、往復はがき104円→124円になります。これは簡単ですね。

注目は、年賀はがきの扱いです。

なんと、改定は通常はがきのみで、年賀はがきは据え置きの52円のまま。
通常はがきにも朱字で「年賀」と書き入れて使用すれば52円で済むそうです。もっとも、12月15日から1月7日までの期間限定ですが。

年賀状を出す人が減っていますから、年賀はがきは値上げしたくなかったのですね…。

なお、新料金の切手とはがきが5月15日(月)から発売されるそうですよ。どんなデザインの切手かな~♪

定形外郵便物の料金体系変更


年賀はがきの件で驚きましたが、ご案内の裏面を見てもう一度驚きました。「規格」って何でしょう?
郵便料金のご案内

〇定型郵便物と定形外郵便物


基本的なところですが、封書には定形と定形外があります。

・定型郵便物の大きさ
最小:14㎝×9㎝
最大:23.5㎝×12㎝×1㎝
重さ:50gまで
大きさがこの範囲内であれば、25gまでは82円、50gまでは92円
今回、この定形郵便物の料金は変更なしです。

こちらが12㎝×23.5㎝の定形郵便に使える封筒です。
定型郵便の封筒

一方、定形外郵便にも大きさの決まりがあります。

・定形外郵便物の大きさ
最小:耐久性がある素材で6㎝×12㎝、円筒形3㎝×14㎝
最大:最大の辺が60㎝以内で、3辺の合計が90㎝以内
重さ:4㎏まで
この定形外郵便物が、6月からはある基準で2種類に分かれます。それが「規格」です。

〇定形外郵便物の「規格」とは


定形外郵便物の「規格」とは、新たに設定されたサイズです。
<規格>
長辺34㎝、短辺25㎝、厚さ3㎝、重量1㎏。

この大きさは、A4サイズの書類を入れる角2封筒の大きさとほぼ同じです。
定形外郵便角2封筒
手元の角2封筒は、24㎝×33.2㎝でした。

さて、規格内か規格を超過するかで料金体系が2種類できたのです。

〇定形外郵便物の規格内と規格外


定形外郵便物の新料金はこのようになっています。

50g以内: 規格内120円 規格外200円
100g以内: 規格内140円 規格外220円
150g以内: 規格内205円 規格外290円
250g以内: 規格内250円 規格外340円
500g以内: 規格内380円 規格外500円
1㎏以内: 規格内570円 規格外700円
2㎏以内: 規格内なし 規格外1,020円
4㎏以内: 規格内なし 規格外1,330円

規格内の500gと1㎏は値下げ、規格外はすべて現行より値上げされています。A4サイズに収まる郵便物は今までどおりか割安になりますが、A4 より大きいものは80円程度高くなってしまいました。

ゆうメールの基本運賃の変更


ゆうメールは、昔、冊子小包と呼ばれていた郵便ですね。封書の中身が一部見えるようにして、「ゆうメール」と朱書きして投函します。

ゆうメールも、定形外郵便物と同様の規格があてはめられることになっています。

<規格>*定形外と同じです。
長辺34㎝、短辺25㎝、厚さ3㎝、重量1㎏。

ゆうメールの新料金はこちらです。

150g以内: 規格内180円 規格外265円
250g以内: 規格内215円 規格外305円
500g以内: 規格内300円 規格外400円
1㎏以内: 規格内350円 規格外450円
2㎏以内: 規格内なし 規格外560円
3㎏以内: 規格内なし 規格外710円

規格内は現行と同じ料金です。規格外は85円~100円の値上げになりました。

レターパックとの比較


厚さが3㎝を超える郵便物は、定形外でも送れなくなりました。
その場合はレターパックが使用できますが、A4サイズより大きな物は入りません。A4より大きくて分厚い物は、ゆうパック(小包)や宅配便を利用することになりますね。

ちなみに、レターパックの料金はこのようになっています。

・レターパックの料金(改定による変更なし)
レターパックライト 360円
レターパックプラス 510円

いずれも、A4サイズ、4㎏まで。レターパックプラスは受け取りに受領印が必要になります。

レターパックライトと定形外郵便(規格内)はほぼ同じ大きさです

■レターパックと定形外郵便の料金を比べると、250gまでは定形外が安く、250g以上はレターパックライトのほうがお得です。
■レターパックライトとゆうメールで比べると、1㎏まではゆうメールのほうが安くなり、1kg以上はレターパックライトのほうが安くなります。


ここのところ、フリマアプリのメルカリにはまっているので、こういった料金変更は気になります。今回調べた範囲では、らくらくメルカリ便のほうがメリットが多く、同じような大きさなららくらくメルカリ便で良さそう。

らくらくメルカリ便についてはこちらの記事もどうぞ。⇒ メルカリの発送方法|らくらくメルカリ便は宛名書き不要でコンビニ発送。

さてさて、全体として、A4サイズまでの物は今と変わらないけれど、それより大きい物は高くなってしまいました。料金体系も細かくなったので、「規格」を覚えて、間違った料金で郵便を出さないように気をつけないといけませんね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示