ホーム子育て(子どものこと) ≫ 一時的に片付けた後に元に戻し忘れて、とばっちりは子どもに。

一時的に片付けた後に元に戻し忘れて、とばっちりは子どもに。

一時的に片付けた物は戻し忘れると家族に迷惑がかかります。もう片付けないで!なんて言われたら困るので、気をつけないといけません。

先日、息子の先生の家庭訪問があったのでリビングをきれいにしました。

普段は家族が過ごしている空間なので、リビングには生活感のある物も置いてあります。そのため、一時的に隠した物がいくつかありました。

それを元に戻さなかったばっかりに…

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

お留守番には慣れているはずでした


家庭訪問があった日、私は夕方から出掛ける用事がありました。

時間的に子供たちが眠る時間には帰れない予定でしたが、仕事柄たびたびそういうことはあり、そのために両親に同居してもらっているようなもので、孫のことはよく分かっている両親に安心しきって任せて出掛けました。

子どもたちというのは、中2の娘と小5の息子です。もうすっかり大きい子どもですよね。共働きのお家だったら、夜まで親がいなくても自分たちで食事から寝る支度までできるお子さんも普通にいらっしゃると思います。

大人がたくさん(私たち夫婦と両親です)いて甘ったれの子どもたちでも、私の両親が食事の支度をして入浴や寝る時間を見計らってくれれば、とくに問題ないはずでした。

ところが…
夜の11時頃に帰宅してみると、小5の息子がぐずって寝たと言うのです。

驚きました。
3月末には、私だけ台湾に出張で出掛けている間もほとんど何の問題もなく過ごし、今までも私がいないほうがご機嫌なのではと思うようだったのですが。小5でぐずって寝るって、赤ちゃん?

よくよく話を聞いてみると、短縮で早く帰ってきたので午後中めいっぱい外で遊んで疲れた、宿題がたまたま多くて時間がかかったなどの伏線はありましたが、いちばんの原因は片付けにあったのでした。

片付けて戻し忘れた物


家庭訪問で先生がリビングにいらっしゃるので、リビングに普段置いている物をちょこちょこと動かしました。

中でも、生活感があふれていて、リビングに出しておけないと思ったのがこちら。
バイオネーター
歯科矯正のバイオネーターという器具でした。

息子の犬歯が4本とも八重歯になりそうだったので、この2月から歯科矯正を始めました。検査やら型取りやら歯磨き練習やら済ませて使い始めたのが、この器具です。お値段は2万円以上しました。

入れ歯のように見えるでしょうか。これは息子の上下の歯型になっているので、上下の歯の間にかませて使います。しゃべったり歌ったりできますが、飲食はできません。

今のところ、就寝中と家にいる間使うことになっています。平日は1日に10時間くらいです。先生のご指示より少ないです(汗)

息子は歯を直したいという自覚があり、自分でもやる気でいます。ですので、自分で記録ノートもつけています。記録ノートには、器具をつけていた時間を記入しており、この記録を元に、歯科医院からもらったグラフ用紙に私が書き込んで先生に見せることになっています。

普段は、キッチンカウンターの下に、ノートと器具を保管する容器を並べて置いています。この場所だと、器具をはめる時、外した時に自分で時間を記入しやすいのです。
バイオネーターと記録ノート

でも、このセットは、来客時には隠したいと思いました。義理の母や叔父、叔母だったら良いですけど、先生は…。

隠した場所は、バイオネーターは容器ごと洗面所の洗面台の隅に、ノートは洗面所の入り口にある棚の中にしまいました。レースのカーテンをしているので、中はよく見えません。先生が脇を通り抜けても中までは見えない場所でした。

私はこのセットを元に戻し忘れて出掛けてしまったのでした。

その夜に起こったこと


母(息子の祖母)の話によると、夕食後、宿題が予想以上に多いことに気付いたところで泣きそうになり、実際泣きながら宿題を済ませました。

宿題に時間がかかったために、見ようと思っていたテレビ番組を見られなくなり、また泣きました。息子のテレビは9時までとしているので、時間が来てしまったのでしょうね。結局、ほんの10分くらい見せてもらったらしいです。

その後、バイオネーターをぜんぜんしていなかったことに気づき、焦って泣いてしまいました。つけているだけでもたいへんだと思うので、忘れても普段から私も両親も怒ることはありません。

ただ、私が家にいれば、宿題やテレビの時にバイオネーターをつけているかどうか聞いたと思いますけど、まあ、私も忘れることもあります。それに、いつもの場所に置いていなかったので目に入らず、つけることを思い出さなかったのだと思います。

大人は適当なのですが、息子は「しまった」と思ったのでしょう。寝る前の歯磨きを泣きながらしていたとのこと。かわいそうですけど、誰も怒らないのに気にしすぎです。へんに生真面目で困ります。

失意のどん底で、せめてノートはきちんとつけようと思ったようです。ところが、ノートがない!

結局、息子が寝るまで、誰も見つけられませんでした。
私自身、帰ってからその話を聞いた時に、「どこに隠したかしら?」としばらく考えないと思い出せない遠い記憶になっていたほど。

バイオネーターはつけ忘れ、ノートも見つからず、しくしく泣いたらしいのですが、最終的には、メモ用紙にものすご~く小さな字で寝る時に器具をつけた時間を書き、それを私のパソコンの上に置いたのでした。

ここまでで、私が隠したバイオネーターの話はおしまいです。

でも、息子にしたらあれもこれもうまくいかず、八つ当たりもしたかったのでしょう。布団に入ってから、いつも一緒に寝ているぬいぐるみの1つがいないと騒ぎ、かなり探したらしいですが見つからないまま泣き寝入りしました。

この小さなぬいぐるみは、翌朝、私が布団を上げる時に押し入れで発見しました。何日も前からそこにいたんですよ。息子に教えたら笑っていました^^


人の物を片付ける時は気をつけないとと思っていますが、息子の物だとつい気安く移動させてしまいます。そんな時はしっかり戻しておかないといけませんね。

今回は、私の不手際で息子を余計に泣かせてしまい、留守番の両親にも迷惑をかけてしまいました。以後、気をつけたいと思います。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示