ホーム在宅ワーク ≫ ブログの5つのメリット。仕事の様子を見せてキャリアアップに。~Webライター1文字1円への道(11)

ブログの5つのメリット。仕事の様子を見せてキャリアアップに。~Webライター1文字1円への道(11)

在宅ワークでWebライターをするようになった道のりをつづるシリーズの11回目です。今回は、ライターのキャリアアップに役立った方法をお伝えします。

副業とは言え、本腰を入れるようになった時、ランサーズでの仕事の変化については先週お伝えしました。取り組む仕事を選んで分野を広げ、誠実にこなして信用を得て、仕事が継続できるようになっていきました。

その頃、ランサーズでの仕事とは別に、Webライターとしての仕事にプラスになることも始めていたのです。

当時はあまり意識していませんでしたが、今から思うととても役に立ったと思うことをお伝えしたいと思います。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

自分のブログを持つ


私が実際に試みてみて、役立ったと思っていることは3つあります。今回は、そのうちの1つ、自分のブログを持つということについてお伝えしたいと思います。

仕事を始めたら自分のブログを持つと良いというのは、ライターをなさっている方のブログに書かれていました。

自分でブログを運営するメリットを5つ挙げてみます。

(1)文章を書くのに慣れる


ブログを運営すると、パソコンで文章を書くのに慣れることができます。

仕事でたくさん文章を書くからもう十分と思いますか?

私は、文章を書くのが好きであれば、仕事とは別にブログを書くのはプラスになると思います。文章に慣れるのはもちろんのこと、依頼された内容ではなく自分の好きな内容が書けるというのは、文章を書く仕事をしている時、ストレス解消の場にもなるからです。

(2)ネットの文章やサイトの特性に親しめる


ネットの文章は、原稿用紙に作文したりスマホで友人とやり取りするのとは違った特性があります。自分でブログを運営してみると、読みやすい文章の書き方、見出しのつけ方なども自然に身に着きます。

自分のブログだと、総合的に良くするにはどうしたらいいかな?と自然に考えるようになります。だから、誰かに教えられるのとは違い、コツが身につきやすいのです。ブログにコメントをもらうようになったら楽しいですし、読者の反応を考えながら書いていくと、ますますネット文章のスキルが上がります。

(3)クライアントさんに近況を理解してもらえる


私が参考にしたブログに書かれていたのはこのことでした。
依頼してくれたクライアントさんとは、受注後、納品までやり取りをしないこともあります。その間に子どもが熱を出したり、急に家を空けることがあっても、クライアントさんは分かりません。

クライアントさんも、納品日近くになって「間に合いません」という連絡を急にもらうより、ブログを時々のぞいて近況を知っていれば安心です。こちらも、その時に知らせるほどではない家の出来事でも、分かってくれていると思えば安心して仕事を進められます。

(4)クライアントさんに自分の文章を知ってもらえる


クライアントさん側からすると、新しく仕事を依頼したい時に、仕上がりがどんな文章になるのかはとても重要です。普通は依頼して書いてもらわないと分かりませんが、ブログを見てもらえれば、依頼前に書く文章の傾向を分かってもらえます。
クライアントさんは安心して頼めますし、受けるほうも無理な注文をされずに済みます。

仕事の内容がある程度決まってきたら、仕事用の文章を載せた受注用のサンプルページを作っておくと便利です。

(5)ゆくゆくはブログをプラットホームに仕事をすることも可能


ブログに直接連絡をもらって仕事を受けることもできます。

無名の状態ではブログを開設しても仕事は始まりませんが、クラウドソーシングで仕事をしながらブログの更新も続けていれば、そのうちに人に知られるようになり、直接依頼を受けることもあるでしょう。

そうなると、クラウドソーシングに頼らず、独立してライターの仕事ができるようになります。こうなったらすばらしいですね!

私の場合は?


私もブログを作ってみました。このブログではありません。こちらです。⇒みんくの在宅ライター日誌

始めたのは2014年の11月でした。ランサーズをがんばり始めた頃です。今は更新をやめてしまっていますし、記事の整理も不十分で恐縮です。

でも、このブログには、昨日の記事で悩んでいた、作業量と報酬が週単位でリアルに記録されています。これからライターを始めようという人に、ご参考になればと思っています。

さて、このブログについてもう少しご説明しますね。
このブログは、仕事用に作った日記ブログで、基本的には週に1回、週末に更新していました。おもな内容は次の通りです。

・毎週の仕事の内容(書いた文字数と納品して支払われた報酬)
・家庭の出来事
・ランサーズの仕事の内容

自分の近況を織り交ぜつつ、毎週の仕事を記録し、たまに、仕事で知った知識を披露していました。仕事量と報酬の報告を続けましたので、報酬が上がっていく過程も分かります。

前半で書いたような、クライアントさんに見せるブログという意味でもある程度役に立ったのではないかと思っています。

ただ、自分では、2015年の終わり頃、仕事が安定したと思った頃から、ブログで報酬の報告をするのがマンネリになってしまい、結局、更新をやめてしまいました。今は、こちらの片付けブログ(←このブログ)がメインブログです。


今回は、仕事と並行して運営するブログのメリットをお伝えしました。

仕事でも文章を書くので、ブログにも書くなんて苦労が多くなるだけと思うかもしれませんが、じつは相乗効果のほうが大きいと思います。ストレス解消だったりクライアントさんに近況を知ってもらえたり。私はそこまで行っていませんが、ブログが人気になれば仕事の受注もあるでしょう。

逆に、ブログを書いている人はWebライターにもなりやすいとも言えると思います。ネットで文章を書くのは楽しい!という人は、ぜひWebライターにも挑戦してみて下さい♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示