ホーム子育て(子どものこと) ≫ 新学期準備はもうお済みですよね?私は間に合いませんでした。

新学期準備はもうお済みですよね?私は間に合いませんでした。

子どもたちの春休みが始まってから出掛けてばかりだった私。最後の2日で新学期準備をしようとしましたが、ぜんぜん間に合いませんでした。

新学期には雑巾を2枚持って行くことになっているのですが、昨日、ホームセンターに雑巾を買いに行ったら売り切れでした。(泣)

そんなこんなであたふたしているうちに、今日から新学期です。
もらってくる教科書たちは収納場所に収まるのでしょうか…。

新学期準備、来年こそ万端にしたいと思いますので、反省を込めてまとめます。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

新学期準備の最初には


新学期準備の手始めは、教科書、ノート、プリント、作品、賞状など、昨年度の教材類を始末するところから始まります。小学生の息子の分から取り掛かりました。

・教科書
国語、算数、理科、社会など主要科目は取っておきます。音楽や図工も何かの参考にするかもしれないのでしばらく取っておきます。
捨てるのは、書写、道徳など。

・ノート
連絡帳は、先生との通信も書かれているので記録として取っています。
あとは作文ノート、国語のノートも後で読み返すとおもしろいので、しばらく取っておきます。
1年生の分は多めに取ってありますが、もう4年生なので、後はほとんど捨てます。

・ドリル
意外にかさばっていたのが、漢字と計算のドリルでした。毎学期もらっていましたのでかなりの量。これは全捨てです。

・プリント(テスト含む)
プリント類は基本的に全捨てですが、間に作文や総合学習でまとめた作品、賞状などがはさまっているので、すべてチェック。最近は、計算でもきれいな賞状をもらうことがありますし、クラスの係がお手製の賞状を発行してくれたりして、ほめて伸ばす教育が浸透してるのですね。(やたら)賞状が多いです^^
作文や総合でまとめたものは取っておき、残りはテストを含めて全捨てです。

・作品
図工の作品は少しずつ捨てていました。まだ取ってあるのもありますが、これは今判断せず、新学期が始まってからゆっくり片付けます。
総合学習でまとめた調べものなどは取っておきます。
書道の作品も。

以上は、おもに小学生の息子の場合です。息子に関しては、何とか昨年度の整理ができました。

中学生の娘は諸事情により、教科書類はすべて手が出せませんでした。(泣+心配)
定期テストや教科書は取っておきたいですが、ワークは処分したい。山のようなプリント+落書きも捨てたいのですが、できませんでした。これについては、明日の記事にしたいと思っています。

そして、なんと、すっかり忘れていましたが、昨年は春休みの最初に片付けができていました。⇒卒業後の片付け~教科書とプリントの片付け第1弾
今年も早くやるべきでした。

新学期準備で購入した物


さて、新学期の準備としていくつか購入した物があります。

・作品ファイル
ダイソーでB4のファイルを2つ購入しました。
子ども2人の1年分の作品を収納するためです。
ダイソーファイル
ダイソーのジッパーファイル108円。オレンジと黄緑を購入しました。

昨年も同じようなことをしました。⇒もうすぐ新学期!子どもの作品をあわてて片付け~我が家の収納術

・雑巾
冒頭にも書きましたが、ホームセンターではすでに売り切れ。いつも込んでいるお店なのですが、新学期の前日には皆さん準備が済んでいるのですね。閑散としていました。(軽くショックでした。)
その後、ダイソーで3枚組を無事に購入しました。

・娘の(大きな上履きの)バッグ
娘の上履きが巨大です。中学校の上履きは、リーボックのスニーカータイプ。24.5㎝なのですが、それでもものすごくかさばります。中学生は毎週持ち帰らず、学期の終わりくらいしか持ち帰らないので、その都度ビニール袋に入れていましたが、ダイソーで布バッグを購入しました。
ダイソーバッグ
小さめのトートバッグ。やわらかい生地です。108円。

・文房具
今年は、息子が筆箱を新調したいと申し出ました。今度は5年生になります。クラス替えもあるし、新しい筆箱でがんばってもらおうと新調しました。
ついでに消しゴムや鉛筆キャップなどを購入。
娘は、満タンになっている筆箱の中身を片付けてから買い替えるか考えるとのことでした。

必要な物を買いそろえ、持ち物をバッグに詰めて、新学期準備完了です♪

新学期準備ができませんでした


息子のほうは、ある程度できました。ですが、お道具箱の整理はさっき、息子の登校後にしました。

娘のほうは、もっと間に合いませんでした。教材類とは関係のない洋服の山のおかげで、準備がとどこおり、私は手が出せなかったのです。

私ができたのは、宿題の声かけと、上履きと雑巾、通知表の準備くらい。きちんと持ち物をバッグに詰めたかどうかも分かりませんが、本人に任せるしかありません。

机のほうも、「教科書を取っておくように言われた」とかいう、なんだか分からない理由を述べ、たいして片付けないまま登校しました。絶対、机に新しい教科書は入り切りません。

心配きわまりないので、この後、昨年度の教材は少し片付けるつもりです。(←過保護だとは思うのですが、放置しておくと私の気分が悪くなりそううです。)

もう1つ、本当は新学期が始まる前にしたかったのにできなかったことがあります。
学校の手紙です。

部屋の入口のランドセルラックに(私が)詰め込んでいます。

手紙の間にも症状などがはさまっていることがあるので、すべてチェックして取っておく物を分別しないといけないのですが、できませんでした。

もう、今日には新しい学年の手紙が来るのに、昨年度の上に重ねることになります。
やれやれ、自分ができていないのですから、子どもたちがきちんとできないのも当たり前ですね…。

新学期準備が間に合わなかった理由


昨年はできていたのに今年はできなかった敗因は、初動が遅れたことに尽きると思います。

春休みの最初の数日で、昨年度のものを片付けるべきでした。
そうすれば、次の買い物のことを考えられたので、雑巾がない!なんて焦る必要もありませんでした。

娘のほうも、少しでも早く片付けておけば、その後、宿題に追われたり洋服の山ができたりして、教材を片付けられない状況には陥らなかったはず。

来年は、こういう事態にならないよう、早めに片付けます。


娘のことは、もう少し明日の記事に書こうと思いますので、またご訪問いただけたら幸いです♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示