ホーム在宅ワーク ≫ 良いクライアントさんがいるから成長できます~Webライター1文字1円への道(7)

良いクライアントさんがいるから成長できます~Webライター1文字1円への道(7)

私の在宅ワークの体験をつづったシリーズの7回目です。

ここ数年、ランサーズのプロジェクト式で記事作成の仕事をしているのですが、依頼者であるクライアントさんとの個別のやり取りなしで始められるタスク式に比べ、プロジェクト式は発注までに手間がかかります。

でも、その手間をかけてもプロジェクト式が良いと思える最大のメリットは、スキルアップができることだと思っています。知識が広くインターネットでの文章に詳しいクライアントさんは、適切なアドバイスをくれるからです。

今回は、仕事を始めた頃に私が感じた「良いクライアントさん」のポイントを3つ挙げたいと思います。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

サンプルを見せてくれる


実際にクライアントさんが運営しているサイトや使用している記事のサンプルを見せてもらえると、とても助かります。記事の構成や文体など、細かいところも初めは真似をして作っていくのが近道でしょう。

先週の記事では失敗例をお伝えしましたが、その時は参考サイトとして、クライアントさんのイメージに"近い"というものを教えてもらいました。慣れていれば、そこからイメージをふくらませることもできたのかもしれませんが、初心者にとっては、そのものズバリのサンプルを見せてもらえるほうが有難いものです。

幸い私は、失敗した案件の次の案件で、クライアントさんから適切なサンプルを3つも見せてもらうことができました。文体も書きやすいものだったこともあり、サンプルを大いに参考にしながら、スムーズに作業が進めることができました。

どんなふうに使うのか教えてくれる


私はランサーズに登録後、記事作成の仕事を始めた後も、自分の記事がどのように使われるのか、よく分かっていませんでした。

そんな中、短いブランクを経て秋に再開した時にお世話になったクライアントさんが、「ここに載せますよ」と、私の記事を掲載するサイトを教えてくれました。

すでにたくさんの記事が入っていて、私の記事も1つ掲載されていました。これはとても嬉しかったですし、自分の文章がネット上では違って見えることにも驚きました。

普段、記事はWordで作成し、テキスト形式に落として納品していました。でも、ネットの画面で見ると、Wordで作成している状態とはひと味もふた味も違います。

その後は、画像や見出しが入った状態をイメージしながら作成することを意識するようになりました。

文章の書き方を教えてくれる


私が思うに、良いクライアントさんは、ほぼ例外なく、記事に関して感想を述べ、フィードバックをしてくれます。

「ここが良かったです」
「これ、それ、ではなく具体的に指しているものを書いてください」
「冒頭部分でまとめを述べてください」

良かった点を評価してもらえると、次の仕事でもそれを生かそうと思えます。具体的なご指摘は、すべて文章のスキルにつながります。

クライアントさんの中には修正をご自分でなさる人も多く、「直しておきますから次から改善してください」ということもあります。

以前、文章作成を依頼するクライアントさんの中には、文章を書くのが苦手な人が多いとも聞いたことがあります。

でも、ベテランのクライアントさんの多くは、自分でも記事を書いていて、ネット上でどんな文章が好まれるのか、必要なのかをよく知っていらっしゃいます。コミュニケーション能力も高いので、問題点を適切に、丁寧な表現で指摘してくれます。

私のほうは不快な思いをすることもなく、報酬をもらって仕事をしながらスキルアップもできてしまうのです。


以上、初心者の頃に出会った、「良いクライアントさん」と思う3つのポイントをお伝えしました。

私は本当に、何も知らずにWebライターの道に足を踏み入れました。その私が、まだまだ未熟ではありますが継続して仕事ができるようになったのは、ひとえにクライアントさんに恵まれたからだと思っています。

この記事を書くために、初めの頃の仕事を振り返ってみましたが、手取り足取り教えて下さった方、温かく見守りつつここぞと言う時にアドバイスをくださった方など、1つ1つの言葉が糧になっていることを実感します。

先週の例のように合わないこともありますし、とくに感想なく1回きりで終わることもありますが、一期一会の出会いはどれも貴重です。改めて自分は幸せ者だな~と思います。

さて、来週は、ランサーズのようなクラウドソーシングで納品された記事は、一体どのように使われているのか、私が知っている範囲になりますが、何通りかの例をご紹介したいと思っています。お楽しみに。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示