ホーム家計管理 ≫ 源泉徴収票の役割って何?紛失したら確定申告はどうなるの?

源泉徴収票の役割って何?紛失したら確定申告はどうなるの?

確定申告の締切日が近づいてきたので、源泉徴収票をかき集めましたが、どうしても1つみつかりません。

もう諦めて、ではどうなるの?と考えてみました。

源泉徴収票の役割と紛失しても確定申告できるのか、まとめてみます。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

源泉徴収票とは


源泉徴収とは、給与や報酬などを支払う会社(支払者)が、所得税を差し引いて個人に代わって定期的に国に納付する制度のことです。

たとえば、お給料が18,500円で所得税が566円差し引かれて実際には17,934円振り込まれる、という場合は、所得税分の566円がのちに源泉徴収票に記載されます。

源泉徴収票とは、会社が1年間に源泉徴収した所得税をまとめて記載した紙(小さな票)です。

こんなイメージ。
源泉徴収票

どういう時にもらうかと言うと、
会社が発行し、12月まで勤めていた場合は翌年の1月か2月までに手元に届きます。早くに退職した場合はその後、送付されます。

この源泉徴収票を使って確定申告を行うことができます。

フルタイムで会社勤めをしている場合は戻ってきませんが、年間所得が少ない人をが確定申告すると、この566円は戻ってくる還付金になります。確定申告しなければ、還付はされません。

なお、この場合の年間所得が少ない人とは、源泉徴収された所得税額が、年間の所得金額から計算した所得税額よりも多い人です。

源泉徴収票を紛失したら


〇再発行をする


源泉徴収票は、再発行手続きができます。

発行元の会社に再発行を依頼し、所定の書類に必要事項を記入して提出します。基本的に再発行の制限はないので、依頼するのは問題ないとのこと。

〇新しい職場から再発行依頼


自分で依頼したくない場合、今の職場から連絡してもらうこともできます。ただし、本人からでないと受け付けてくれない場合もあります。

〇税理士に依頼する


相談できる税理士さんがいれば、税理士から元の職場に依頼してもらうこともできます。

以上、再発行に関しては、自分か、今の職場か税理士さんから元の職場に依頼する必要があるわけですね。
私の場合は自分でするしかありませんが、気が重いな…。

〇再発行できない場合


前の職場が倒産等で存在しない、元の会社とトラブルがあって連絡できないなど、再発行が依頼できない場合もあります。その場合は、会社を管轄している税務署に相談します。

発行を拒まれる悪質な場合は、税務署に相談したうえで、「源泉徴収票交付の届出書」という書面を税務署に提出すると税務署から会社に指導が入り、発行されることになります。

確定申告はどうなるの?


確定申告をきちんとするためには、再発行の手続きをとるのがいちばん良い方法です。

でも、元の職場に連絡するのは面倒だからと思ってしまう場合、確定申告はどうなるのでしょうか?

確定申告の際に、源泉徴収票は必要です。源泉徴収票がなければ、確定申告はできないので、その分の還付金は諦めることになります。

前述の例で言えば、給与所得が18,500円で所得税が566円差し引かれて実際には17,934円振り込まれている場合、確定申告を行えば566円が還付されるのですが、その566円を諦める、ということになります。

でも、ネット上では代替策として、給与明細をすべて添付する、給与が振り込まれた通帳のコピーを添付する、という裏技もちらほら見かけます。

通帳は、給与振込の総額しか分からないのでダメな気がしますが、給与明細には所得税なども記載されていますから、そろえられれば認められる可能性はありそう。ダメ元でやってみる価値はあるかもしれません。

私は…

じつは、源泉徴収票をなくしたのは今回が初めてではありません。
10万円に満たない給与を複数から不定期にもらっている状態なので、1つ1つの還付金は少額です。なので、今までは、紛失したら確定申告から省いていました。

今回もそうするつもりだったのですが…。

おまけ:私の紛失した源泉徴収票


私がなくした源泉徴収票ですが、還付を諦めるしかないかと思っていた時、ふと昨年春に片付けた場所を思い出しました。書類の山を片付けて、その後手を付けていません。

掘り出してみると…
ありました!

3月で退職した勤務先だったので、3月末(最後のお給料日の直後)に自宅に送付されていました。丁寧に「源泉徴収票在中」とか「親展」とか書かれています。
バッチリ、源泉徴収票が入っていました。

何か月も埋もれてしまっていたのでした。
書類はコマメに見直さないといけませんね。

いえいえ、それよりも紛失しないようにしなければ。
来年はこうならないように気をつけたいと思います。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示