ホーム掃除・収納術 ≫ 洗濯後に残ってしまった頑固な泥汚れを、酸素系漂白剤と石けんで落としました。

洗濯後に残ってしまった頑固な泥汚れを、酸素系漂白剤と石けんで落としました。

息子の泥汚れ靴下をうっかりそのまま洗濯してしまったら、泥染みになって落ちなくなりました。

それが、酸素系漂白剤石けんですっかりきれいに。

もう捨てるしかないと思っていた靴下が復活して嬉しいです^^

洗濯の様子をお伝えしますね♪

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

なぜか洗濯してしまうと落ちなくなる泥汚れ


子どもの靴下や体操着などの泥汚れは、洗濯前に下洗いすれば落ちる場合も、1回洗濯してしまうと落ちなくなりませんか?

仕組みは分かりませんが、不思議です。

子どもが汚れて帰って来た時は、洗濯機に入れる前に洗わないといけないと分かっているのですが、先日、うっかり放置して洗濯してしまいました。

その結果がこちら。
洗濯後の泥汚れの靴下
つま先やかかとに茶色い泥染みがついています。
息子ももう履きたがりません。

石けんをつけてゴシゴシ洗ってみましたが、変化なし。
絞っても汚れがまったく出てこないのです。それなのに、茶色いシミは残っています。

「これはもう、捨てるしかないな~」
「新しくてデザインも良いと思っていたのにもったいない」

と後悔ばかり。

そんな時に、酸素系漂白剤が泥汚れに効果的という情報を目にしました。

酸素系漂白剤なんて使ったことないけど…と思いながら、洗面所をゴソゴソ探してみると…何でもあるものですね。
ジャン!
ワイドハイター
このワイドハイターは酸素系漂白剤でした。液体ですが、同居の母が、粉は完全に溶けないと配管に悪いと言いますし(ステンレス以外の金属を溶かす性質があるので)、ズボラな私は溶けきれない粉を流す可能性は高いので、液体で十分です。

早速、使ってみました♪

酸素系漂白剤の使い方


酸素系漂白剤の使い方は、ワイドハイターの後ろに3種類、書いてありました。
ワイドハイター使用法

1.洗濯機で
洗濯用洗剤と一緒に洗濯機に入れて洗う。

2.塗布して
汚れに直接かけて放置せず、すぐに洗濯用洗剤で洗濯する、あるいは直接かけた後、水かぬるま湯に約30分浸し、その後、水ですすぐか洗濯する。

3.つけおきで
本品だけを溶かした水かぬるま湯に約30分浸した後、水ですすぐか、洗濯する。

なるほど~
私は、2番の直接かけて放置しないで水ですすぐというのが気に入りました。放置時間もなく、簡単です。

酸素系漂白剤で泥汚れを落とす


では、取り掛かります。

まず、ワイドハイターを靴下の気になる部分、つま先とかかとにかけます。
酸素系漂白剤塗布
トロトロした液体を惜しげもなく該当箇所にたっぷりかけました。浸透してね~

石けんだけではビクともしない泥染みですから、念を入れて、お湯を沸かし、熱湯をかけました。
酸素系漂白剤塗布後お湯を注入
やかんの口が汚れてる?というのは気にせず、続行します。

熱いのでゴム手袋をして、今度は石けんを使います。説明文では洗濯用洗剤で洗うことになっていましたが、石けんのほうが効き目があるかと^^
石けん
普段使わないので、乾き切って割れ、半分に細くなってしまったかわいそうな石けん。でも、ちゃんと働いてくれるはず。

つま先とかかとにゴシゴシ塗布します。
落ちていますようにと祈りながらすすぎました。

茶色い汚れが出てきて、何度もすすぎ、
ようやく出来上がり!
洗い終わり
よく分かりませんよね?
この後、乾かしてました。
乾いた靴下
いかがでしょう?
つま先もかかとも、ほかと変わらない色に戻りました。大成功です!


お湯を沸かす、手袋をする、などのオプションはありましたが、やることは簡単でした。酸素系漂白剤をつけて熱湯をかけ、石けんでゴシゴシ洗う、という手順です。

お陰で復活し、息子もまた履いてくれるようになりました。
泥汚れで諦めてしまっている方はぜひお試し下さい~☆


関連記事

コメント













管理者にだけ表示