ホームキッチン・冷蔵庫 ≫ 汚部屋脱出のために押さえておきたい15分断捨離の方法と5つのポイント。

汚部屋脱出のために押さえておきたい15分断捨離の方法と5つのポイント。

今週は、毎日キッチンの15分断捨離をする予定にしていました。

でも、難しかったです。
結局、30分の断捨離を2回して、力尽きました。

いえ、今週はまだ残っていますから、もう少しがんばりたいとは思っていますが…。

どうにもやる気が湧いてこなかったので、いつも明るい笑顔で鼓舞してくれるフライレディは一体どう考えているのか、サイトをのぞいてみました。

すると、15分断捨離の方法が丁寧に書かれていました。
この方法だったら短時間で集中し、毎日続けられるかも。やみくもに目の前の物を捨てれば良いわけではないのだな~と感心しました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

2月の片付け習慣は15分断捨離


フライレディのサイトでは、毎月の片付け習慣も提案されています。
2月は、15分断捨離がテーマになっています。

まずは、2月の習慣についてのページを見てみました。⇒Monthly Habit: February- Decluttering for 15 minutes a day.

フライレディのメッセージはシンプルでした。
(力不足で日本語訳が読みにくいですがご容赦下さい。)
*****
2月がやってきました、新しい習慣を始める時です!今月は、毎日15分断捨離をすることをしっかり練習しましょう。家をきれいにして管理することが簡単になります、つまり、もっと楽しい時間を持てるようになりますよ!世の中にはすぐに始められるすばらしい文章やヒント、アイディアが五万とあるのですから。

15分あれば何でもできます!
*****
毎日断捨離する習慣を身に付ければ、もっと生活を楽しめるようになるのですね。

でも、これではシンプル過ぎて、挫折しそうな私の気分を上げるには不十分でした。そこで、もっと具体的な文章がないかと探してみました。

断捨離の方法とは


フライレディのサイトで検索をかけてみたら、そのものズバリ、「断捨離の方法」という文章がみつかりました。丁寧に書かれていましたので、ご紹介したいと思います。原文はこちらです。⇒FLYing Lesson: How to Declutter

*****
・断捨離
毎日15分かけて1つの場所を断捨離します。27個捨てるを使ったり、ホットスポットを片付けるのに、力強いツールを使うと、家の中がもっと平安になります。
忘れないで下さい。ガラクタを管理することはできません。できるのは、好きな物を管理することだけです!

以下に、断捨離の方法についてフライレディのヒントを挙げます。家をダイエットしましょう。家の人生からガラクタをカットします!

・断捨離する時
1つの場所(zone)を断捨離する回数を決めて下さい。毎日少しです。タイマーを使ってください。
でも、警告しておきます。これは、強制的になることがあります!ひとたび始めると、いちどにすべてをきれいにしたくなるでしょう。燃え尽きないで!1回は少しの量だけにします。家は一晩で汚くなったのではありません。だから、一晩ではきれいにならないのです。
タイマーをセットしておけば、いちどに2つのセッションしかできないはずです。目的は今は達成できそうにないと思うでしょう。でも、ほんの少し行うことはできます。数か月もすれば、家全体が片付くでしょう。

・断捨離の道具
ゴミ袋、箱、マジックペン、雑巾が必要になります。箱には、「譲る」「捨てる」「片付ける」というラベルをつけます。「捨てる」箱にはビニールのゴミ袋をセットして下さい。

タイマーを1時間(あるいは、30分、15分、もしくは10分―長さは問題ではありません。)にセットします。もし早く仕事ができたら、時間を引き延ばす必要はありません。1つの場所(zone)で引き出し1つ、クローゼット1本(あるいはクローゼットの棚1つ)、雑誌の棚を1段、家具の下の掃除ということです。いちどにぜんぶをしようとしないで下さいね!

・玄関から始めて部屋へ進みます
では、時計回りに部屋の中を進みます。スポットを飛ばさないで。次に何が起こるとしても、ただ行うだけです!

・断捨離開始!
足元に箱を置き、手に雑巾を持ち、その部屋にあるべきでない物を取り除いてきれいにすることを始めます。ゴミは「捨てる」箱へ、寄付する物は「譲る」箱へ、家のほかの部屋に収納場所がある物は「片付ける」箱へ入れます。すぐにすべてを適切な場所に入れられなくても気にしないで。終わるまでにはできるでしょう!

・断捨離する物
ガラクタをどうするか迷ったら次の質問を自分に投げかけてみて下さい。

これは好きな物?
今までに使ったことある?
本当にゴミ?
もっと良い物を持ってる?
本当に2つ必要?
これを好きになる胸に迫るような気持ちが起こる?
それとも見るたびに罪悪感や悲しみが起きる?


あなたを笑顔にしない物はすべてこの部屋からなくしてしまいましょう!もし好きでなければ、取り除きます!手放してもほかの物で愛されるようになるでしょう!

・ゴミを取り除きます
「捨てる」箱がいっぱいになったら、ゴミ袋を引っ張りだし、口を閉め、ゴミの缶かトラックの荷台など、どこでも良いのでゴミを置いている場所で保管します。
新しい袋を「捨てる」箱に取り付け、タイマーが鳴るまで作業を続けます。

・寄付
「譲る」箱がいっぱいになったら、フタをして車に積みます。次に出掛ける時に、近所のリサイクルショップに箱を寄付することができます。ガラクタを庭先やガレージでのセールまで取って置かないように。譲ることは誉められることですし、所得税で差し引かれるでしょう。
覚えておいてほしいのですが、ガラクタを取り除こうとする時に、家の中で場所を替えることはしないで下さい。さあ、別の箱を用意して「譲る」ラベルを張り、作業に戻ります。

・「片付ける」物
「片付ける」箱がいっぱいになったら、腕に箱を抱えて家中を走り回ります。(ちゃんと靴を履いていますか?)そして、あるべき場所に物を片付けます。場所があればそこに片付けます。もしなかったら、本来あるべき部屋に入れておきます。終わるまでには、すべての物に場所があり、その場所に収まっているようになるでしょう。

・タイマー終了
タイマーが終わったら、箱をすべて片付けます。ただし、まず箱の中を空にしないといけません。できるだけ早く!

*****
フライレディのメッセージは以上です。
冒頭に出てきた27個捨てるについては、こちらの記事で解説しています。⇒フライレディの「27個捨てる」方法とは。

フライレディの断捨離の5つのポイント


フライレディ流の断捨離の方法をお伝えしましたが、彼女の方法にはいくつかポイントがあると思います。

・断捨離する場所を決めておきます。
・作業にかける時間を決めておきます。
・タイマーを使います。
・不要な物(ガラクタ)の振り分け方を決めておきます。
・自分が笑顔でいられる物だけを残します。


フライレディは、断捨離をする場所と時間を決めたら、箱を3つ用意し、ガラクタを「譲る」「捨てる」「片付ける」に分けると言っています。私は譲る当てが思いつかないので「保留」を作ろうかしら?

感心したのは、フライレディのスピード感。
3つの箱に入れながら、いっぱいになったら口を閉めて袋をセットし直したり、次の箱を用意したり、箱を抱えて家の中に物を片付けて回ったり。15分ではものすごく忙しくなりそう。

でも、制限時間があると集中して作業がはかどります。手順も決めておけば、ガラクタを前に途方に暮れることもありませんよね。

物を捨てる基準は、自分が笑顔でいられる物とのこと。こんまりさんのトキメキと似てますね。


こうしてみると、「な~んだ、知ってたことばかり」という気もしますが、結局は基本やマニュアルが大切ということでしょうか。

元気で明るいフライレディのメッセージを読んでみたら、少し前向きな気持ちになってきました。「面倒」とか「できない」とか思わず、手順通りにだけすれば良いですね。今日は、しっかり断捨離したいと思います♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示