ホーム家計管理 ≫ 学資保険を子ども名義の変額保険で始めます。一時払いの元手はどこまで増えるでしょうか。

学資保険を子ども名義の変額保険で始めます。一時払いの元手はどこまで増えるでしょうか。

10年前まで普通に子どもに学資保険をかけていましたが、今は変額保険にしています。10年経ったので、現状をチェックし、さらに新しく加入することにしました。

変額保険というのは、支払った保険料の一部を保険会社が株式や債券で運用し、成果を反映させるという商品です。

流動的な変額保険を学資保険に当てることについては賛否両論あるようですが、我が家の場合を書いてみたいと思います。迷っている方にご参考になれば幸いです。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

10年前に加入した変額保険は学資目的でした


2人目が生まれたのをきっかけに、新しく学資保険に加入しようとして、相談したファイナンシャルプランナーのSさんから変額保険を勧められ、加入して10年目です。

先週の記事で、この変額保険について詳しく書きました。
10年ぶりの保険相談で分かったこと。10年続けた変額保険の現状。
こちらの記事には、夫の1600万円の終身型変額保険と私の600万円の有期型変額保険について書いています。

じつは私、先週の時点で、夫の保険はすべて夫のための物のつもりだったのです。が、その後もう一度書類を見直してみたら、この保険こそが子どもたちの学資目的でした…。

夫は分かっていました。もちろん、ファイナンシャルプランナーのSさんも。私だけ分かっていませんでした…。数字に弱すぎていつもこんな感じです^^

さて、この保険は運用利率3.5%で計算されている保険なので、それより運用利率が良ければ利益が出ます。
先週の記事に書きましたが、夫の保険は、10年間の平均で運用利率が3.5%を超えていました。1月の時点で280万円払い込んでいて、すべて解約すると330万円戻ってきます。ですが、50万円だけ解約し、あとはそのまま続けても良いそうです。(もしかして数字が少し違うかも。)

もちろん、解約のタイミングによっては、目減りしてしまうこともあります。そこはやり過ごして増えてきた時に解約する、あるいは大学受験が近くなったら様子を見て、少し早くても増えた時に解約する、など多少気を遣う必要はありそうです。

また、投資目的だったら、保険ではなく株式で運用したほうが手数料など少なくて済むのでお得らしいです。あくまでも、保険だけど運用もしたいという人向きらしいですよ。

私は自分で株式を運用して増やす自信はないし、今まで10年間続けていて、結果的に銀行に預けるより増えているので、このまま続けようと思っています。

子どもの変額保険


ということで、賛否両論のある変額保険を、我が家では続けることにしています。(夫は10年前の相談で納得済みで異論ありません。私と違って記憶力が良く、潔いです。)

今回、中1の娘と小4の息子の両方に、子どもの名義でそれぞれ約100万円の保険を始めることにしました。この元手は、お年玉や入学祝などを貯金していたものです。

年齢や性別で多少保険額が違うのですが、2人とも、およそ次のような保険になりました。

<変額保険有期型オプションA>
・一時払い
・77歳満期
・保険金500万円
・初回保険料 約100万円
*保障内容は、死亡または高度障害で500万円が下りるというものです。

この保険のポイントは、一時払いというところ。今まで貯金していた100万円を1回支払い、あとは放っておいて良いのです。

運用利率3.5%で行けば、娘が18歳になる5年後には110万円、もし7%で運用されれば130万円になる予定です。息子は18歳になる8年後に118万円、7%だと156万円になる予定。

積立てではないので、5年後に数百万円たまっている、というものではありませんが、ただ銀行に預けているよりは高利回りになるのではと期待しています。

さらにさらに…
もし、大学入学する時に利益だけ使って保険自体を解約しないで続ければ、結婚する時にも使えるかも。女の子だったら、500万円の死亡保障があれば、ほかの保険に入らなくても済むかもしれません。

そして、これは本当の皮算用なのですが、もし運用利率7%だったら、娘が50歳くらいになった時、解約返戻金は約1000万円になります。娘が自分の子育てに使えるかもしれません。

かもしれない話ばかりになってしまいましたが、夢はふくらみます。
現実には、5年後の大学受験で解約してしまうかもしれませんけどね…。


以上、我が家の変額保険事情でした。

高利回りが期待できて夢はふくらみますが、一方、目減りするリスクもあります。保険屋さんはメリットを強調しますが、こうして書いてみると、この保険にすべてを賭けるような場合はおすすめできない保険ですよね。

私も今後、子どもの貯金がたまっても、もう新しく契約はしないと思います。確実に取り置いておく分も残しておかないと。そのうえで、これまで10年間の運用実績を拠り所に、変額保険に大きな期待を寄せて、楽しみに過ごしたいと思っています。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示