ホーム整理・処分法 ≫ 衣類を寄付するおすすめの方法。赤すぐnetの古着deワクチンを初めて利用してみました。

衣類を寄付するおすすめの方法。赤すぐnetの古着deワクチンを初めて利用してみました。

衣類を寄付したいと思い、赤すぐnet古着deワクチンを利用してみました。

初めて利用しましたが、子どもたちのワクチンの寄付にもなり、自分の古着も活用できるということで、とても満足できました。ただ、初めてだったので、使い勝手が分かりにくかった点もありました。

メリットとデメリットをまとめてお伝えしたいと思います。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

赤すぐnetの古着deワクチンとは


赤すぐnetは、妊活、妊娠、子育て中のママ向け通販サイトです。
赤ちゃんのかわいらしい服に混じって、「古着deワクチン」という商品が販売されています。

購入すると、2つのことが起こります。
1つ目は、生ワクチンを開発途上国の子どもたちに寄付すること。1,000円分の生ワクチンを子どもたちが受けることができるようになります。

2つ目は、自宅で眠っている古着が処分できること。
商品を購入すると、佐川急便の着払い伝票が送られてきます。規格に合った段ボールに古着を詰め、集荷してもらいます。これでお部屋はスッキリ!というわけです。

古着deワクチンのすごいところは、ワクチンの寄付と同時に古着の処分ができるところだと思います。

古着を販売して得た利益でワクチンを購入する、というシステムになっているそうです。そして、古着は開発途上国で販売されるので、現地の雇用を増やし、現地の人たちに洋服を着てもらうことができるのです。

古着deワクチンのメリット


早速ですが、メリットをまとめてみましょう。

・開発途上国の子どもたちにワクチンを寄付できる。
・開発途上国の人々に古着をリサイクル販売するという、仕事の機会を作ることができる。
・開発途上国の人々に、洋服を着てもらえる。
・自分のクローゼットがスッキリする。
・捨てにくかった状態の良い服も未練なく処分できる。


グローバルなメリットがたくさんあって、社会貢献をして満足できる嬉しいシステムになっていると思いませんか?

赤すぐnetによる、こちらの詳しいサイトでは、現地の人たちの笑顔も掲載されていて、自分の洋服がどのように役立つのかを想像できます。
赤すぐnetの古着deワクチンの特集ページ

実際に注文してみました


年末にこの商品を見つけ、「私も寄付したい!」と思って注文してみました。

古着deワクチンは、段ボールの有無によって3種類あります。
・段ボール無し 1,080円
・段ボール(中)有り 1,620円
・段ボール(大)有り 2,160円

私が注文したのは、段ボール無しの1,080円の商品でした。

注文後、すぐに送られてのがこちらでした。
古着deワクチン

大きめの封筒に入っていたのは…
赤すぐnetからのちらし
妊活、妊娠中の女性向けのちらし。中には妊娠線予防のクリームのサンプルまで入っていました。私は妊娠予定もないですし、ちょっと気恥ずかしかったです^^

肝心のものはこちらです。
古着deワクチンの伝票
今回必要なのは、いちばん下に写っている伝票です。

ここ数日、部屋のあちこちから集めた洋服はこちら。
寄付する洋服
娘と息子、私の洋服に娘のコート。14枚あります。

数枚は、汚れを落とすのに洗濯したりアイロンでしわを伸ばしたりしました。それから、段ボールに詰めました。
衣類を詰めた段ボール
後は、フタを閉めて佐川急便の集荷を頼み、来てくれるのを待つだけです。

古着deワクチンの注意点


デメリットというほどではありませんが、注意したいと思ったことがいくつかありました。

・下着やパジャマは受け付けていない。
パジャマはダメだと気づいて息子のパジャマを取り出しました。赤ちゃん関係の肌着やマタニティ下着だったら良いそうですが。仕方がないので、代わりに子どもたちのサイズアウトしたTシャツに差し替えました。

・子供服だけでなく大人の洋服もOK。
途中で、もしかして赤ちゃんと子どもの古着だけだった?と慌てましたが、大丈夫でした。

・段ボールのサイズは3辺が160cm以内
かなり大きい段ボールが想定されていました。私が用意したのは、3辺の合計が約100cm。高さが倍あっても大丈夫でした。でも、そんな段ボールをすぐに調達できなかったので、今回は小さめ段ボールで済ませました。
今度は段ボール有りにしようと思っています。

・クーポンが来る。
注文後、しばらくしてメールで案内が届きました。次回使える1,000円のクーポンです。ただし、3か月以内、1000円以上の商品を購入する時のみ利用できるとのこと。私は3月中にクーポンを利用して、また古着deワクチンの段ボール有りを注文したいと考えています。


説明を読まずに行動するタチなので、洋服を集め終わってから「あらら」と思ったことがいくつかありました。パジャマがダメとか段ボールのサイズとか。バスタオルやシーツもNGです。
反対に驚いたのは、洋服以外にもバッグや靴、帽子、ポーチなどもOKだったことでした。

今回は、大きな段ボールも調達できなかったし、14枚集めるだけでもやっとだったので(古着がないわけではなく、決断力が未熟なだけ)、これで良いことにしますが、次回は大きな段ボールにぎっしり詰めて送ろうと心に決めています♪


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

シンプル愛さん、コメントありがとうございます!

年末に何か寄付したいと思っていた時に見つけました。けっこう満足できたので、定期的に利用するつもりです。

愛さんは、コマメに譲ったり売ったりしていますよね。ただ捨てるだけではもったいないので、見習いたいと思っています。

これからもブログと断捨離、がんばりましょう!

みんく | 2017.01.29 08:56 | URL


こんばんは。
古着deワクチンって素敵な制度ですね。
そういう処分の方法があるのですね。
私も定期的に、寄付や募金はしたいと思っています。
古着の処分と寄付が同時にできる制度は素晴らしいです。
今後もお互いに、断捨離がんばりましょうね。

シンプル愛 | 2017.01.28 21:31 | URL














管理者にだけ表示