ホーム洋服・靴・小物 ≫ 真冬だからこそできる冬物の断捨離で見つけた、着なくて良かった洋服3着。

真冬だからこそできる冬物の断捨離で見つけた、着なくて良かった洋服3着。

洋服を断捨離したいと思っていますが、クローゼットを開けて1から見直す時間はありませんでした。そこで、真冬の今こそできる、冬物断捨離をしてみました。

秋から冬、冬から真冬へと季節が移り変わり、着る服も徐々に分厚くなってきます。昨日はここ千葉県でも、雪なしとは言え、からっ風が吹き付けてこごえる寒さでした。

温かい部屋で「何を断捨離しようかな~」と見回して、今シーズン着なかった、あるいは、着るのをやめた服を見つけました。秋から今にかけて着なくて良かった冬物です。

これは、断捨離対象にできますよね?

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

真冬に断捨離した冬物とは


昨日、捨てることにした洋服はこちらです。

まずは薄手のセーターです。
薄いセーター
昨年は、春先まで毎日のように着ていました。背中やお腹が温かくなって重宝だったのです。でも、よく見ると小さな毛玉ができています。色も暗めで気分がぱっとしないので、今シーズンは手に取っても着ないでいました。

着ないで済ませていて、お正月に代わりになる物を購入したので、最近はそちらを着ています。それでも迷って取って置き、様子を見ていましたが、今着ていないならこの後も着ないでしょう。
捨てることにします。

次は、絶対にもう着ない手編みのセーターです。
手編みのセーター
上のグレーのセーターと見比べるとすぐに分かると思いますが、極端に丈が短いです。詰まってしまっています。

とても着られないと思うのですが、冬の初めに奥から見つけ出してきて、「寒い時に着るかな~?」と思って取っていました。今となってはどうしてそう思ったのか不思議なのですが、これは短すぎますよね。

今は寒いけど、結局、見つけてから今まで一度も着ようとしていません。せっかくの手編みだけどもう二度と着ないということがよく分かったので、捨てることにします。

3つ目は、厚手のブラウスです。
厚手のブラウス
写真だと薄そうに見えますか?
分厚くはないのですが、意外に温かいのです。やわらかくてゆったりしていて、秋の授業参観や懇談会に重宝しました。

でも、さすがに毛玉が出て、全体にヨレっとしています。子どもたちの学校にももう何度も着て行ってるのでお役御免です。自宅で着るには衿が開き過ぎていて、重ね着しないといけないので、(私にはとても)面倒。
十分に着たので、捨てることにします。

以上、今だからこそ捨てられる冬物3点でした。(2点目は冬でなくても普通は捨てられると思いますが。)

真冬に冬物を断捨離するメリット


あっという間の断捨離でしたが、勝因はいくつかあると思います。

1つ目の勝因は、出しっぱなしだったこと。
上の2枚は、すぐに着るかも、しまうのが面倒、迷っている、という理由で服の山の下のほうに置きっぱなしでした。

クローゼットにすべて収納したこともあるのに、着ようかと迷って出していて、でも着ていなかったのです。そのお陰ですぐに目について、捨てる判断ができました。これ、収納してあったらまた1年入れっぱなしだったかも^^

2つ目は、真冬だから。
だんだん寒くなる間に着なかった洋服は、この後あたたかくなる間にもきっと着ないと思います。「寒い時に着るかも」と思っていた服は、今着ていなければもう着ません。

3つ目の勝因は、記憶が新しいこと。
昨年の10月頃から今までに、着たのかどうか、着ようと思ったかどうか、着なかった理由、代わりに何を着たのか、など、忘れっぽい私でもだいたいは思い出せます。だから、きっぱり「もう着ない」と思い切れるのです。


思い切りの悪い私の冬物断捨離をご覧いただきました。
もっとすっきり捨てられるようになりたいです。

ところで、苦手な洋服の断捨離をすすめるべく、計画していることがあるんです。ちょっとお見せしますね。
段ボールに入れた洋服
断捨離した冬物が入っています。
この段ボールをどうするのか、近々記事にしたいと思っています。お楽しみに。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示