ホーム断捨離 ≫ 夜中の腹痛に使った物とは~断捨離しなくて良かった物。

夜中の腹痛に使った物とは~断捨離しなくて良かった物。

夜中に腹痛を起こしましたが、断捨離してなくて良かった~という物で助かりました。

連休に北海道でスキーをしてきました。昨日は札幌は最高気温が零下7度と聞きましたが、私が行った時は0度前後でしたのでまだ良かったのですね。

旅行中はヒートテックを着込んでいたので、ほとんど寒さを感じませんでした。外を歩くとさすがに空気が刺すようでしたが、それ以外は、うっかりコートを置いて建物の出口に近いところを歩いてしまった時くらいでした。

つまり、北海道にいる間は温かく過ごせたのですが、千葉に帰ってきて、10度近く気温が高いのにもかかわらず、不用意に薄着で出掛けてお腹を冷やしてしまいました。

その結果、夜中に腹痛を起こし、どうしても寝られなかったので、起き上がって温かい物を探したところ…。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

断捨離しなくて良かった物とは


引き出しを開けて眺めてみて、「あ、これこれ」と手に取ったのがこちらでした。
綿100%の妊娠帯
これは、14年前、娘を妊娠した時に購入した綿100%の腹帯です。(関係ありませんが、初めて画像にURLを入れてみました!)

じつは、部分的に黄ばんでいるところもあるのですが、自分が使う分には問題ありません。

腹帯は縦に2つ折りになっていて、伸ばすと倍の高さがあります。妊娠中にお腹が大きくなったら2つ折りの折り目をずらせば縦に長く使えます。ポケットや二重に支えるような部分はありませんが、その分、前後左右を気にせずスポっと身に付けられます。

筒状になっているので、足から履いてみましたが、ちょうど良くお腹をピタッとカバーしてくれて温かくなりました。これを巻いて安心し、ようやく最後の1時間、安眠できました♪

腹帯はいくつも持っていました


腹帯(腹巻と言っても良いのですが)は、妊娠した時にいくつか購入しました。上の画像のほかに、ピンクの化繊の物、ベージュの化繊の物を持っていたと記憶しています。産婦人科からはさらしもいただきました。化繊の物はあまり伸びない反面、締め付けもゆるかったと思います。臨月の頃はさらしも重宝しました。

でも、なんと言ってもお気に入りは上の白い腹帯。とは言え、たまには洗わないといけないので、洗い替えに化繊を使っていました。

もう妊娠の予定はないですし、3つは必要ないですし、古くもなっていたので、昨年、化繊の2つは断捨離しました。そして、残ったのが白い綿100%の腹帯だったのです。
はっきり覚えていませんが、たぶん、この時です。⇒マタニティー服はもう不要。それなのに引き出しの奥にあったものは…

(腹痛のためですが)久々に使ってみて、改めて使い心地の良さを実感しました。
若いお母さんで、このような腹帯を持っている人がいたら、ぜひ取って置くことをおすすめします♪


今まで、断捨離して後悔した物はないと思うのですが、今回ばかりは、夜中に「捨てなくて良かった~~」と思いました。良品は末永く役に立つ物なのですね。これからも大事に使っていきたいです。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示