ホーム同居(親のこと) ≫ 奥の手を使った母の片付け。数時間だけの幻のリビングを見て考えたこと。

奥の手を使った母の片付け。数時間だけの幻のリビングを見て考えたこと。

ブログに親の愚痴は書きたくないと思っていますが、昨日は力が抜けました。

昨日はピアノの調律師さんが来る日だったので、朝から片付けていたのですが…。

ちまちまと片付けてから在宅ワークの残りに取り組んでいたら、その間に母が持って行ってしまいました。何を…でしょうか?

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

リビングと玄関の私の片付け


調律師さんが面倒を見てくれるピアノはリビングの奥にあります。本来、ダイニングとして使う場所をピアノに当てています。
ということで、私の片付けはこんな感じでした。

・キッチンはまず、カーテンで隠しました。
・キッチンとリビングの境にあるカウンターの上は一通り見て、捨てられる物は捨てました。何か月も置いてあったプラスチックの容器やプラスチックのスプーン、ジャムの空き瓶、プリンの容器を捨てました。(あえて言うと、ほとんど母が取っていた物です。この機会に、聞いてから捨てました。)
・リビング横のサイドボードは、ホコリを取り、余計な物は捨てたり所定の場所へ移動させたりしました。
・いつも散らかるサイドテーブルの上の物も片付けて拭きました。
・リビングの壁際に積まれていた、クリスマスプレゼントの残骸、通信教育の教材の箱、アイロン待ちのランチョンマットその他は和室へ移動させてふすまを閉めました。
・玄関は毎朝しているので特になし。
・玄関横のサイドボードの上は先日片付けたので特になし。
・万が一のため、洗面所の掃除。
・トイレ掃除はいつも通り。

以上。
一応、全体に片付けたし、ホコリが気になったのであちこち掃除をして回ったし、出ている物に関してはこの程度でいいかなと思っていたのですが…。

リビングと玄関の母の片付け


その後、在宅ワークの残りを済ませるべく、パソコンに向かっていたら、母が片付けを始めました。(実母です。)

というか、移動です。

・キッチンのカウンターの上に残っていた物を自分の部屋に移動。
・キッチンにあったお菓子の半分くらい(クリスマス直後のため、いっぱいありました。)を自分の部屋へ移動。
・玄関横にあった野菜やジュースの段ボールも自分の部屋へ移動。
・玄関のサイドボードの上にあった、私が先日片付けたかごも自分の部屋へ移動。
・リビングのサイドボード上にあった小物は私の部屋へ持ってきました。

これで、リビングや玄関はスッキリしましたよ。でも、母のベッドの上半分くらいが、リビングや玄関横の廊下にあった物で埋まりました。

要するに、私がこれくらいでいいと思って放置していた物をことごとく自分の部屋に持って行き、お客様の目に触れないようにしたわけです。

挙句に、玄関に置いていたポイントカードを使おうとしたら母の部屋に移動していましたし、私の靴も靴箱にしまわれそうになっていました。

靴は「しまわないで」と言いましたが、「言い方が怖い」と言われ、気まずい雰囲気に。「だって、それをしまったら、調律師さんが来た時に出られないでしょ」と言いたかったのですが、争いたくなかったので黙っておきました。

そう言えば、今までも来客があると、大々的にリビングの物をどこか奥の部屋へ移動してましたっけ。最近は、人が来る時でも移動する物が減ってきていたので忘れていましたが、母にしたら、以前と同じことだったのかもしれません。(でも、いつも以上に移動した気がします。)

今回の件で感じたこと


結果的に、玄関は子供たちの写真と鏡だけが残りました。
キッチンのカウンターは、ミニカレンダーと置物が少しだけ。
玄関横の廊下も野菜やジュースの段ボールがなくなってだいぶスッキリしました。

ポイントカードや靴のことでイラッとしましたが、ふと、「本当はこの状態が母の理想なのか~」と。

普段、母は片付ける習慣がなく、思い立った時に一気に片付けます。それに、私は多少物が出ていてもホコリが落ちていなければ良いと思っていますが、母は床が汚れているのはあまり気にしません。洗面所でも物はどけても鏡は汚いままだったりします。

そんな違いばかり気にしていましたが、今回の件で、「母も本当は断捨離したいのでは?」と思いました。来客時の理想は物がない状態なわけですよね。

このほかにも大移動の効果がありました。
リビングや玄関に残った物の中には、子どもたちの写真と作品が多くありました。いつもはほかに物があるのであまり気になりませんでしたが、こうしてみると、子どもの写真や作品もどこかで減らさないといけないな~と思うきっかけになりました。

さらにさらに、もう1つ、こうして強制的に物をどけてみると、このまま元に戻さなければ快適なリビングになるな~と。これは父も思ったようで、無事に調律師さんがお帰りになってから、「元に戻したくないね~」と言っていました。でも、戻さないと母のベッドが埋没したままになるので困ります。すぐに戻しました^^



最近にしては珍しく片付けが原因でモヤモヤした出来事でした。私が地道に片付けている頭の上を通り越されたような気分だったんです。
でも、まあ、これも1つのきっかけとして、前向きにとらえて来年に生かしたいです。あの数時間だけの幻のリビングを目指そうかな~なんて。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示