ホームネット活用(学習・スカイプ) ≫ スカイプ英会話を楽しんでいます。小中学生の子供たちも始めました。

スカイプ英会話を楽しんでいます。小中学生の子供たちも始めました。

PCと地球儀
今日のブログは片付けは小休止して、英会話の話題です。

スカイプというアプリを使って外国にいる先生とマンツーマンでレッスンを受けるスカイプ英会話は、リーズナブルなお値段も魅力です。

私は在宅ワークを始めてから何でもネットで済ませる生活になって、英会話もインターネットで始めました。時間も月謝も節約になるので、今秋からは中学生の娘と小学生の息子も始め、それぞれ違うコースを受講しています。

ここ数日、Twitterや実生活で英会話の話題が出ましたので、今日は久しぶりに、我が家の英会話事情を子ども中心にお話してみたいと思います。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

必要に迫られて自宅で英会話(私の場合)


私が仕事で英語が必要になり、2月から英会話を始めました。
スカイプというアプリを使ってテレビ電話のようにして、フィリピン人の先生のレッスンを受けます。1回25分です。

私が受講しているのは、QQEnglishという英会話教室です。詳しくは、3月に記事にしていますので、よろしかったらご参照ください。
節約しながらできるおすすめの習い事!パソコンでオンライン英会話

スカイプについてもこちらに書いています。
引越してから電話代0円!スカイプ活用で一人暮らしの通信費を節約

入会当初は一生懸命でしたが、春に中だるみし、秋から復活して毎月およそ8レッスン受講しています。およそというのは、ポイント制のためです。

○QQEnglishのポイント制とは


月会費3,980円で400ポイントを購入します。これは、PayPalで支払っており、最初に引き落としがあった日にちで毎月引き落とされます。

先生は、50ポイント、75ポイント、100ポイントに分かれていて、50ポイントの先生が圧倒的に多いです。(*数か月前まで25ポイントの先生がいましたが、すべて50ポイントになりました。そのせいもあると思います。)

どの先生を選ぶかは、毎回自分で決められます。でも、100ポイントの先生はほとんど出会ったことがありません。予約の枠が少ないのだと思います。

75ポイントの先生は、さすがにお上手です。発音も聞き取りやすく、教え方も上手ですよ。ただし、人数も少なく、予約も取りにくいです。でも、ここぞという時は75ポイントの先生にお願いしたいと思っています。

ということで、すべて50ポイントの先生を予約すれば、1ヶ月に8レッスン受けられます。私は最初、75ポイントの先生を織り交ぜていましたが、そうするとレッスン回数が減り、その分テキストが進まないので、最近は50ポイントの先生オンリーです。

それに、回数が多いほうが嬉しいですし♪

英語に慣れた耳をキープしたい(中学生の娘の場合)


娘は小学生の間、月4回、アメリカ人の先生にグループで英語を習っていました。中学に入り、読み書きはイマイチですが、リスニングは得意です。その耳をキープしたいのと、時間とお金をあまりかけたくなかったので、秋になって娘もQQEnglishに入会しました。

私が入っているので、娘は家族会員として登録しました。
家族会員でも割引はないのですが、ネット上のマイページが私のところでまとめられて、管理が簡単です。

○中学生向けコース


QQEnglishでは、中学生向けのコースが用意されています。
中1の娘が受講しているのは、「中学英語Web講座」です。
中学英語Web講座
書店でも販売されているテキストですが、このテキストに沿ってレッスンが行われます。

私はいろいろな先生を受講していますが、子どもたちは(私が)心配なので、基本的にいつも同じ先生です。娘は10月から始めましたが、トライアルの先生を含めて3人受講しました。トライアルの次の体験レッスンで紹介された先生に毎週日曜に習っています。

娘は小学生時代アメリカ人の先生に習っていたので免疫があるようで(笑)、ほかの先生でも本人は構わない様子ですが、同じ先生の方が責任を持って担当してくれるかなと(私が)期待しています。

肝心の英語ですが、家では英語を口に出さなかったプライドの高い(?)娘が、10月に初めて以降、日常的に英語を取り交ぜるようになりました。何か尋ねると「イエス!」と返事が返ってくるようになりました^^

そうですね、そのほかにも、「英語で何て言うの?」と振ってみると、積極的に考えて試しに言ってみるようになりました。中学でも習っているので一概にスカイプ英会話の影響とは言えませんが、口に出すのに抵抗感がなくなってきているようです。

受験用ではないので高校受験が近くなったらやめるつもりですが、できる間は続ける予定です。

なお、娘のコースは私と同じ月会員で毎月3,980円です。
中学生コースは、先生のポイントに25ポイント加算されるので、娘は1回が75ポイントで受講しています。なので、1ヶ月に5回は受けられるのですが、中学生は忙しいので、月4回のことも。それでも、3,980円で4回受講できれば十分かなと思っています。

英検ジュニアからスカイプ英会話へ(小学生の息子の場合)


小学4年の息子が受講しているのは、Taiking Timeという小学生向けのコースです。

息子は春頃まで、やはりネットでできる英検ジュニアを受講していました。英検ジュニアには3つのコースがあり、最初のブロンズが終了した時の記事がこちらです。⇒ 低料金で通学不要!子どもの英語学習もオンラインで~英検Jr.

その後、シルバーに進みましたが、私がサボっていてきちんと付き合わなかったので、必要な単語を覚えられず、ゲームは楽しく取り組んでいましたが、テストを受けるには知識不足かなと(私が)思い、数か月でやめてしまいました。

でも、娘が中学に入学し、やはり英語に慣れていたほうが良いと痛感したので、何か継続してできる教室をと探しているうち、QQEnglishに小学生コースがあると知り、試してみました。

Talking Timeというコースで、テキストはこちらです。
小学生の英会話
同じコースが学研でも行われていますね。私はその後も続けられるようにと思ってQQEnglishにしましたが、学研でもQQEnglishの先生で受講できるみたいですよ。

息子も家族会員なのですが、料金システムが違い、チケット制です。月に4回(8回というのもあります)分のチケットを購入し、毎月PayPalで引き落とされます。毎月3,780円です。

○Talking Timeのチケット制


ほとんど何の不満もなく受講できているQQEnglishで、唯一の不満がこのチケット制です。
チケット制では、予約とレッスンが購入時から1ヶ月以内に限定されています。

ポイント制の場合、予約さえ入れておけばレッスンは翌月でも構わないので、とりあえず月内に予約でポイントを消化しておけば無駄になりません。ところが、チケット制は1ヶ月以上先の予約が取れない設定なのです。

そのため、息子の4回のレッスンは、PayPalで引き落としのかかる29日(息子の場合です)の朝から、翌月28日までの間に4回分を予約します。先生の選択肢が多ければそれでも問題ありませんが、息子の場合、娘ほど免疫がないので、体験レッスンの時の先生でないと気が進まない様子。でも、その先生は大人気なので、間際になってキャンセルを待たないと取れません。ポイント制の人が前月から取っていますし、何しろ競争が激しいです。

まあ、息子も、前日に「明日だよ」と言っても平気ですし、たま~にほかの先生になってもあまり文句を言わなくなりました。慣れてきたのでしょう。

子どもたちのレッスンの心配事は?


レッスン中はヘッドフォンをして先生と1対1なので、私は詳しいレッスン内容が分かりません。それでも最初のうちは横に張り付いて、ヘッドフォンから漏れ聞こえる先生の声を聞いて答えを一緒に考えることもありました。

とくに、レッスン初めのフリートークが難しいと思います。娘はともかく、息子は単語を知らないので、「今日は学校へ行ったの?」と英語で聞かれてもチンプンカンプンなわけです。

これで「イヤだ」と言われたら私が嫌なので、最初は子どもが困らないように予習復習をさせようとしましたが、効果なし。子供は最初は「どうしようかな」と沈黙してましたが、そのうち先生の言葉を繰り返せば良いと分かって、分からない場面も何とかしのげるようになったようです。

開始して1ヶ月くらいしたら、私は用なしになりました。
私がすることは、始まる前にパソコンとスカイプとテキストをセットし、子どもたちを座らせるところまで。

レッスン内容がどうなのか気になりますが、2人とも終わった後にテンションが上がっているので、これで良いのかなと思っています。


長くなりましたが、子どもたちのスカイプ英会話を中心にお伝えしました。本格的に読み書きや単語数を求めると、これでは物足りないと思いますが、英語慣れするためだったら十分かと。

子どもたちの最初の受講の様子もおもしろかったですし、月4回程度でも続けているといろいろとハプニングもあります。熱心な先生のことなども、また機会がありましたら、続きを書きたいと思っています。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示