ホーム玄関・朝家事 ≫ 見慣れて見えなくなっていた玄関のガラクタを断捨離。

見慣れて見えなくなっていた玄関のガラクタを断捨離。

年末だから片っ端から断捨離しようとしています。ガラクタをできるだけ家に置いたまま新年を迎えたくない一心で、見えるところをきれいにしようと奮闘中です。

そんな中、行ったり来たりしている玄関の隅でガラクタ満載のカゴを発見。いえ、前からあった物なのですが、風景のようになじんで見えなくなっていた物でした。

何が入っているのか、おそるおそる広げてみました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

見慣れて見えなくなっていた物とは


よく、フライレディが「見慣れて見えなくなっている」と言っていますが、本当にそうでした。30cm×20cmの大きなカゴに満載の物たち。皆さんもこれが玄関にあったと知ったら驚くと思います。
玄関のカゴ
右の子どもの作品はスルーして下さい。問題は赤いカゴです。カゴの上に小さいカゴが乗り、物がはみ出して落ちそう。それも雑多な物が積まれて山になっています。これが、何年も、普通に玄関の隅に置かれていました。

せっかく目についたので、これを片付けていきます。

捨てることにした物


まずは、パンの袋。
パンの袋
毎週、長い食パンを購入しており、食パン専用の長いビニール袋をもらっています。たいていはすぐに使って捨てることになるのですが、たまに多めにくれることがあり、そうして余った物です。余りでこれだけあるというのはずいぶんな年月がかかっているということです。
時々、袋をもらい忘れて困ることがあるので、全捨てはせず、半分弱を残すことにしました。

次に、ビニール袋。
ビニール袋
玄関で、買い物した物を取り出し、残った袋を適当にたたんでここに置いたということです。それにしてもたくさんありました。

恒例の、入れ物。
カゴ
最近、断捨離でかならず出てくるのが、入れ物です。あの赤いカゴの中に5つ小さい入れ物が入っていました。2つはそのまま使うことにして、画像の3つは捨てます。

最後に、その他のガラクタ。
捨てる物
中身を広げて写真を撮る余裕がありませんでした。壊れたストップウォッチ、割りばし、アイスの棒、お店の案内、マドラー、スプーン、子どもが作ったパーラービーズのおもちゃなど。
いらない物がたくさん詰まっていたんです。

残した物は?


上のほうに置いてあった物は、普段使っている物でした。
シュシュや髪留めは娘の部屋へ移動しました。

・車のキー、近所のお店のポイントカード
・もらったばかりの防災グッズと防災地図
以上は残します。

・その他(まだ残っているけど別に場所がある物)
記事にしようと思って改めて見てみたら、シールや小物の保証書、クリップなどもまだ入っていました。こういった物は行き先があるので、後で片付けます。

一応、仕分けが終了しました。
玄関のカゴ
赤いカゴの中に白いカゴが2つあるのが見えるでしょうか?じつは、白いカゴだけで事足りてしまっています。赤いカゴがいらないかもしれません。


すっかり見慣れた風景になっていた玄関のガラクタを片付けて、スッキリしました。こんなにかさが減るんだと驚くと同時に、玄関というよその人も目にするような場所に、なんでこんなにいらない物が置いてあったのか不思議というかガッカリというか…。

物に無頓着にならないように気をつけたいと思います。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示