ホーム27個捨てる ≫ 何でもいいから断捨離したい!と思った時にうってつけの、フライレディの「27個捨てる」方法とは。

何でもいいから断捨離したい!と思った時にうってつけの、フライレディの「27個捨てる」方法とは。

昨日は、自分の部屋で「27個捨てる」を実践しました。
袋を用意して、片っ端から捨てる物を27個集めるという方法です。アメリカの指南サイトを運営しているフライレディが始めたと思っていますが、違っていたらごめんなさい。

時々やっているのですが、フライレディのサイトでやり方が説明されている部分をみつけました。
その日本語訳をご紹介し、昨日の成果をご報告します♪

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

27個捨てるとは?


早速、フライレディのサイトから該当部分をご紹介したいと思います。原文はこちらです。⇒What is a 27 Fling Boogie?

*****
これは、断捨離する(declutter)のに役立つ方法です。この仕事はできるだけ素早く行います。ごみ袋を持ち、家の中を歩き回り、27個の物を捨てます。27個集めるまでやめてはいけません。集めたら袋の口をきっちり閉めます。中を見てはいけません!(考えずに)ただ実行するだけです。次に、空の箱を持って、譲る物を27個集めながら家の中を歩き回ります。箱に入れるのが終わったらすぐに車へ持って行きます。それを元に戻そうと思わないようにするためです。もし同じ物が2つあったら、必要なのは1つだけです。どちらか望ましくないほうを取り除きます。
*****

以上が、フライレディの「27個捨てる」の説明です。
私は27個捨てるだけだと思っていましたが、続いて譲れる物を27個探すというのもあったのですね。日本では気軽に譲れる場所が欧米よりも少ない気がしますが、最近はアプリを活用すると簡単にできるみたいですよね。やってみたいです。

昨日の27個捨てるの成果は?


昨日は、自分の部屋の見える所だけでこの方法を実践してみました。
まずは、袋を用意。
ごみ袋
なんていうことはない、普通のレジ袋です。

さあ、断捨離開始!

PCの周りには、封筒がたくさんありました。クレジットカードの明細、イベントのお誘い、子どもの習い事の手紙など。紙類は一気に数を稼げます☆

17個集まったところで、次が見つかりませんでした。

でも、ありました。
お菓子をこっそり食べた残骸が、4つ。クラッカーやキャラメルです。ゴミ箱に捨てれば良い物を、PC画面を見ながら食べているので、捨てに行かないのです。

もう見つからないな~と困って部屋を見渡したら、ありました。
ビニール袋
ビニール袋を袋に1つ分、満杯になるくらい取ってあります。プレゼントのシーズンになり、使える袋がないかと思って先日見てみたら、もう使えない物がたくさんあったのでした。
そこから、6枚、シール跡や折り目がついてしまった袋を選びました。

これで完了です。
ジャン!
27個捨てる物
ただのゴミ袋になってしまって恐縮です。

フライレディによれば、このままゴミ箱に入れるべきだと思いますが、燃えるゴミと燃えないゴミを分別したくてこの後袋を開けました^^


以上が、昨日の断捨離です。本当は、もっと大物を大胆に捨てるべきなのです。でも、なかなか腰を据えて断捨離に取り掛かれていません。年明けに落ち着いたら、大物も断捨離したいです。
その時はまた、ご報告させていただきますね。

27個捨てるという方法は、いつでもできて簡単ですし、気分転換にもなるのでおすすめです♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示