ホーム断捨離 ≫ また突然の断捨離。今度はお料理中にル・クルーゼが寿命に。

また突然の断捨離。今度はお料理中にル・クルーゼが寿命に。

昨夕、ポトフを作り始めたら、14年愛用のル・クルーゼが突然、寿命を迎えました。
ル・クルーゼ
今週は、そんなつもりじゃなかったのに…という絶妙の(?)タイミングで断捨離する週のようです。

断捨離ついでに、ル・クルーゼの耐久性や修理についても調べてみました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

ポトフを作ってお鍋が断捨離になりました


冬になると、時々ポトフを作ります。

我が家の作り方は、豚ももブロックの表面を焼いてから大きいままの野菜(キャベツ、さつまいも、にんじん、玉ねぎ、マッシュルーム)を投入し、水とコンソメを加えて煮込み、ソーセージと調味料(塩・こしょう・白ワイン・バター・しょうゆ)を入れて味を調えて出来上がり。

野菜もほとんど切らずに簡単にできるので、ずぼらな私は定期的に作っています。

昨日もいつも通り、豚ももブロックの表面を焼きました。オリーブオイルが鍋底に広がったところで豚ももブロックを入れてジューっと焼き、焼けた頃にひっくり返したら…

なんと、ル・クルーゼの塗装のホーローがはがれ、豚肉についてしまったんです!!

いちど熱くなった鍋はそう簡単に冷めないので、豚肉を触るたびにジュージュー音を立てて余計に焦りましたが、はがれた物はなんとか取り除きました。大きなはがれはすぐに取れましたが、小さくポロポロとついていた物もあり、このまま知らずに食卓に出していたら…と思うとショックでした。

慌てて別の鍋を用意して豚肉を入れ替え、ポトフ作りは続行し、無事に完成しました^^

○ホーローのはがれたル・クルーゼ


このル・クルーゼは、14年ほど前に購入し、6人分の鍋料理を一手に引き受けてくれていた鍋でしたが、部分的にホーローがはがれてしまい、使い続けるとはがれが大きくなりそうです。

ホーローがはがれた鍋はこちらです。豚肉を焼いた直後でさっと水洗いしただけの状態なので、汚れていてすみません。メンテナンスできていないのもばればれですね。(恥)
ル・クルーゼのホーローのはがれ
白い縁取りになっているのはホーローのきれいな部分が見えているところ、その中の黒い部分はホーローの下の鉄です。

はがれがこれ以上広がらなければ良いですが、今回の豚肉へのくっつき具合からして、高熱で調理すると食材がくっついて広がりそうなので、これは捨てるしかありません。料理中に、突然の断捨離となりました。

ル・クルーゼはホーローがはがれても使える?


ル・クルーゼの内側のホーローのはがれについては、ル・クルーゼの公式サイトでは、はがれても使えると書かれていました。引用しますね。

Question
ホーローが剥がれた場合、そのまま使用しても大丈夫ですか?

Answer
有害物質の発生はありませんので、引き続きの使用は可能です。
剥がれの生じていない部分にも負担がかかっている状態ですので、ご使用によって剥がれが拡がる可能性があります。炒め物や汁気の少ない料理、焦げつきやすい料理は避け、具材の多い煮物やスープ類にご使用ください。また、茹でものや揚げ物専用鍋としてご利用いただくことも可能です。なお、剥がれた部分が気になるようであれば、底全体にオーブンシートを敷いて煮物や炊飯などにご使用いただけます。

* ホーローが欠けた部分は鋳物がむき出しの状態になっていますので、水分が付着したままですとサビが生じる場合がございます。ご使用後の保管の際には必ず水気を拭きとってください。
* 鋳物部分に食用油を塗っておくと、皮膜になりますのでサビは出にくくなります。万が一サビが生じた場合でも、鋳物から出る鉄サビですので体に害はございません。

ル・クルーゼ よくあるご質問より


公式サイトのQ&Aでは、はがれても使い続けられますが、使用によって剥がれが拡がる可能性もあるということでした。たしかに、このままだと我が家のル・クルーゼは、調理の間にどんどんはがれそうです。

ル・クルーゼの修理と耐久性


ル・クルーゼの鍋の耐久性や修理についても調べてみました。

○耐久性


ホーローはお手入れを上手にすれば一生ものだそうです。
うーん、断捨離するには惜しいということですよね…でも、もう使えないし…。

お手入れについては、こちらの記事も参考になりました。

簡単お手入れでル・クルーゼを一生使い続けるための3カ条
・火加減は中火まで。焦げ付いたら重曹を使う。
・色が沈着したら専用クリーナーを使う。
・ごしごし強くこすらない。

なるほど。私は強火で使ったり、ごしごしこすったりしてました。今までの使い方が間違っていたことがよく分かりました。

○修理について


ル・クルーゼの公式サイトでは、修理は扱っていません。
ホーローのはがれを修理する方法としては、専門業者でホーローを引き直してもらうようです。



目下、次のお鍋はどうしようかなと思案中です。
(立ち直り早いですね^^)

ル・クルーゼはおいしく出来上がって良かったのですが、洗い物担当の父が重いと言っています。この大きさのお鍋は確保しておきたいので、迷うな~。

今回、調べてみて、ホーローは大切に使えば長~く使える物で、実際に長く使っている人もたくさんいることが分かりました。14年なんてまだまだでした。でも、はがれたホーローを直すのは手間がかかりそうなので、今回は断捨離し、もし新しく購入したら今度は覚悟して使いたいです。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示