ホーム掃除・収納術 ≫ 手の届かない洗濯機置き場の掃除に挑戦。ホコリいっぱいの暗がりは即席マツイ棒にお任せ。

手の届かない洗濯機置き場の掃除に挑戦。ホコリいっぱいの暗がりは即席マツイ棒にお任せ。

洗濯機が大きすぎて防水パンにいっぱいにはまっています。左右にすき間はありますが、暗くて見えないし狭くて私の頭は入らないので、どうしても奥が見えないし届かない状態です。

今までは、専用のお掃除道具を時々使っていました。とても邪魔ですが、これしかないと思っていたんです。

でも、即席のマツイ棒を作ってみたら、十分用が足りました。

即席マツイ棒の作り方とそのお掃除成果をご報告します♪

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

即席マツイ棒の作り方


マツイ棒とは、手が届きにくいすき間を掃除するために、エッセイストの松居一代さんが考案したお掃除道具です。

マツイ棒は、そもそも簡単に手作りできる物なのですが、私がなぜ「即席」とつけたかと言うと、ティッシュを使っているからです。本当のマツイ棒は、ガーゼを使うそうですよ。

さて、ティッシュを1枚さっと取り、割りばしと輪ゴムを用意したら作り始めます。
マツイ棒の材料

割りばしにティッシュを巻き付けます。
マツイ棒の作り方
端がはみ出しているとすぐにボロボロになってしまうので、割りばしの長さに合わせて折り込みます。
マツイ棒の作り方
巻き上がったら輪ゴムで止めて出来上がり!
マツイ棒の完成

輪ゴムを縦に長めに巻き付けるのがポイントです。ピチッと縦長に巻き付けないと、ティッシュがよれてはずれる原因になります。

洗濯機置き場のお掃除ビフォーアフター


早速使ってみました。

洗濯機の右側はこんな状態でした。
排水口があり、防水パンは壁にくっついています。奥にはラックの脚があり、ごちゃごちゃしてホコリっぽくなっています。ラックの後ろには手が入りにくく、洗濯機の奥行きがけっこうあるので、奥の壁には手が届きません。
洗濯機右掃除前

洗濯機左側も悲惨な状態。
右よりもスペースがあるために物が詰め込まれ、何か落ちています(布巾でした)。右よりスペースがあると言っても、私の頭が入るほどの幅はないので、よく見えないし手も奥の壁まで届かないのです。
洗濯機左掃除前

この2か所を即席マツイ棒で掃除してみました。

・物をどけます。
・マツイ棒で奥からホコリを掻き出します。
・マツイ棒でラックについたホコリを取り除きます。
・マツイ棒の先を使って、防水パンのヘリなどの細かい部分をこすってきれいにします。

即席マツイ棒で掃除をして雑巾で(手の届くところだけ)拭き取って終了です。

即席マツイ棒の成果は?


まず、洗濯機右の掃除後。
洗濯機右掃除後

左側。
洗濯機左掃除後
きれいになりました♪

これまでのお掃除道具


ちなみに、私がこれまで使っていたお掃除道具というのは、こちらです。
すき間のホコリ取り
画像は小さめなのですが、実物は1mくらいあります。
とても長くてフニャフニャ曲がり、ホコリを掻き取ってくれます。これはこれで良いのですが、ホコリを吸着する力が弱いような気がしますし、何より保管に場所を取ります。

今までは、防水パンの横に寝かせてはみ出して置いていましたが、もう捨てたいです。でも、冷蔵庫の下はマツイ棒でも届かないのでこれしかないかな…
すぐに決断できないので、捨てる方向で様子見します。


本当のマツイ棒はガーゼを使って作るそうです。そのほうが、途中でちぎれたりボロボロになることがないので、しっかりお掃除できるのだと思います。

私はガーゼが用意するのが面倒なので(笑)、ティッシュを巻き付けました。洗濯機置き場は奥行きがあるので割りばしでは短いと思い込んでいましたが、大丈夫なものですね。
これからも活用していきたいです♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示