ホーム洋服・靴・小物 ≫ 突然の断捨離。クローゼットにしまい込んでいた冬物バッグで出掛けた結果。

突然の断捨離。クローゼットにしまい込んでいた冬物バッグで出掛けた結果。

クローゼットにしまい込んでいた冬物バッグを引っ張り出し、中身を詰め替えて出掛けました。

そうしたら、見るも無残な状態に。
バッグは出先であえなく断捨離となりました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

お出掛け前にいそいそと中身の入れ替え


先日、クローゼットを開けたら、しばらく使っていない冬物バッグを見つけました。

その時はまだ、「冬物がないな~」と思って春夏用を使っていたんです。「あ、これがあった!」と思って引っ張り出し、昨日の朝、中身を詰め替えました。
こちらです。
冬物バッグ

最近、Twitterを始めたので、「冬物に変えたよ」とつぶやこうと思い、写真を撮ったのですが、もう12月ですから、恥ずかしくなってツイートしませんでした。この時に撮った写メがバッグの遺影になるとは、その時には想像もしていませんでした。

外出したらバッグに異変が!


けっこうな大荷物を詰め込んで出掛けました。
電車に乗ってふと中身を見ると、黒いゴミがたくさんついています。手で払えば簡単に落ちますが、量が多いのです。

「いったい何のゴミ?」と思ってバッグを見ると、なんと持ち手の合皮がはがれてポロポロと落ちてきていたのでした。こんな感じのものです。(画像は、部屋に落ちていた1cmくらいの大き目の物です。)
合皮の持ち手のはがれ
それでも最初のうちは、「少しはがれても大丈夫でしょう」と高をくくっていました。でも、どんどんはがれて止まりません。

そのうち持ち手全体がボロボロになり、本体からちぎれそうになってきました。(気持ちにまったく余裕がなくなっていたので写メは撮れませんでした。)

通りがかりのお店に駆け込みました


乗り換え駅で、近くにシマムラがあったのを思い出し、立ち寄ることにしました。その頃には、恥ずかしいのと不安なのとでバッグを抱えて運ぶ状態になってました。

幸い、バッグ売り場が入り口近くにあり、同じような大きさのバッグが見つかりました。

レジで、「すぐに使います」と申告してタグを切ってもらい、「着替え室で中身を入れ替えさせてください」とお願いし、急いで中身を交換しました。

その段階で、持ち手と同じ素材が使われているあらゆる部分、ファスナーの取っ手やポケットのふちなど、すべての場所からボロボロと合皮が落ちてきて、最後にバッグに中身が残っていないか確認する頃には、触ったところから粉が落ちてくる状態。

当初は持ち帰るつもりでしたが、もう持っているだけで書類が汚れそうだったので、お店の人に「処分して下さい。床もごみが落ちてしまってすみません」と平謝りでお店を後にしました。

シマムラの店員さん、快く対応してくださって感謝しています☆

思えば良いタイミングでした


新しいバッグに詰め替えるまで、「どうして出掛ける前に気づかなかったの?」と恥ずかしいやら悔しいやらでしたが、バッグが新しくなってしまえば気分は最高です。(切り替え早すぎ?)
新しいバッグ
その後の仕事はスムーズで、最後に面倒な事務手続きもあったのですが、バッグが新しくて使いやすかったので、ポジティブに進められました。

そういえば、冬物のバッグを新調したいと思っていたことも思い出しました。仕事の最中に壊れないで、仕事前に新しいバッグになったわけです。

「な~んだ、願ってた通りに良いタイミングでなったじゃない」と、今は思っています。「雨もまだ降っていなかったし、わりと使いやすいバッグが手に入ったし」と。こんなきっかけでもないと自分のバッグなんてなかなか買いませんから、結果的には良かったです。

ただ、新しいのが手に入るまでのドキドキは、精神衛生上良くなかったです。「もう40過ぎているのに何やってるんだろ」と情けない気持ち。もうこんな思いをしないよう、バッグの管理をきちんとしたいです。

合皮のバッグはお手入れしてうまくいったのですが…。⇒合成皮革バッグのカビは諦めなくて良かった!20年前のバッグが簡単お手入れで復活!

出先で断捨離になったバッグは、半年前まで使っていたと思っていましたが、よく考えてみると2年半前からしまい込んでいた物でした。その後、半年前まで使っていたバッグは春に処分して、それで新しい冬物を買わないとと思っていたのをすっかり忘れ、今回の惨事に。

一見、大丈夫そうなバッグも、久しぶりの時は、出掛ける前に入念にチェックしてから使うようにします。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示