ホーム家計管理 ≫ 103万円の壁を超えることになりました。超えた先には何が待っているのでしょう。

103万円の壁を超えることになりました。超えた先には何が待っているのでしょう。

先日、夫に年末調整の書類を用意するように言われたのをきっかけに、今年の自分の収入を概算してみました。その結果、11月と12月分は予想ですが、年収が103万円の壁を超えることが判明しました。

夫に伝えたところ、「えっ!でも、130万はダメだよ。」とはっきり念押しされてしまいました。油断すると130万円も超えそうなのです。「働けるのに制限されるのって不愉快だな~」と(夫のせいではありませんが)実際に自分がこういう立場になって実感しました。

今年は何とかやりくりして(入金を先延ばしにしたりして)130万円の壁を死守しようと思いますが、来年以降はどうしよう…。考えていても分からないので、調べてみました。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

103万円の壁を超えるとどうなるのか


まず、103万円の壁を超えるとどんなことが起こるのでしょうか。
103万円の壁は「税金の壁」と呼ばれているそうです。

妻の収入が103万円以下の場合、次のような優遇があります。
・妻の所得税が非課税となります。
・夫の年収にも配偶者控除が適用され、所得税の負担が軽減されます。

ということは、私が103万円を超えると夫婦ともに、所得税が増えるわけですね。ただし、この金額はそれほどではなさそう。次の壁は130万円です。

130万円の壁を超えるとどうなるのか


130万円の壁は、「社会保険の壁」と呼ばれています。
妻の年収が130万円を超えると、社会保険に加入する必要が出て、夫の扶養から外れます。

・社会保険料(健康保険と国民年金)を負担します。
・夫の扶養手当がなくなります。

社会保険料も高いですし、夫の扶養手当もそれなりに多いので、毎月数万円の影響が出ることになります。こうなると、夫の必死の言葉もうなずけます。

ただし、この壁の前に新しい壁ができたと言われています。それは、106万円の壁です。

2016年10月(先月ですね!)の法改正で、社会保険の壁が低くなりました。週の労働条件など一定の条件が加味されますが、年収106万円を超えていると社会保険に加入しなければならない場合が出てきます。条件は、週20時間以上、賃金月額88,000円以上、1年以上継続勤務、従業員数501人以上の企業、学生は除く、などです。

私は今のところ当てはまりませんが、厳しくなっているのですね。

将来に備えて130万円を超えても働きたい場合


こうしてみると、103万円は超えてしまったけれどまだ何とか。でも、130万円は超えないほうが良いというのは納得です。

でも…、将来を考えるとみすみす収入を得られるチャンスを狭めるなんてもったいないと思うのです。

子どもたち二人の大学進学を考えると、少しでも貯金を多くしておきたい。でも、フルタイムで働く予定はない。では、一体どんな働き方が良いのでしょう。悩ましいです。


毎月の給与ではなく、臨時収入を積み重ねるような働き方をしています。もらう場所も複数あり、口座も複数。加えてお金の管理が苦手なので、頭の中もぐちゃぐちゃです。

今回、103万円と130万円の壁については理解できたと思います。もし130万円を超えてしまったら、次は160万円以上を目指したほうが良いそうです。年末までに家計を把握して、部屋を片付けつつ、家計管理も考えます。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示