ホーム掃除・収納術 ≫ 完璧主義ではない毎日のお風呂掃除。3つのステップと3つの道具。

完璧主義ではない毎日のお風呂掃除。3つのステップと3つの道具。

ここのところお風呂掃除の記事が連続していて、今日で3つ目です。でも、これで決定版にしたいと思います。

自分の帰宅時間もまちまち、家族の入浴時間もいろいろで、ズボラな私でも続けられそうなお風呂掃除のステップは3つ。道具も3つ、手順も3つです。3つの手順うち、その日にできることをする、ということにします。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

お風呂掃除の3つのステップ


○浴槽


浴槽は、お湯を張る前にスポンジでこすります。

理想はお湯を抜く時なのですが、洗濯に残り湯を使っており、洗濯からお風呂の排水までは父がやってくれているので手出しできません。なので、夕方、お湯を張る時に(私が在宅であれば)掃除します。(たぶん、父も排水の時にやってくれているとは思いますが。)

○洗い場


洗い場は、入浴中にします。使うものはブラシです。

掃除の基本は、2日前の記事に書いた1と2の方法です。⇒正しいお風呂掃除の方法とは。こんな私でもできるお手軽きちんとお風呂掃除。
この記事では5ステップありましたが、入浴中なので、1の床と壁をシャワーで流してこする、2のバス用品ラックを洗う、の2つです。

先日、子どもが入ってくるまでの待ち時間を使って広範囲を掃除できました。床だけでなく、蛇口や洗面器なども。⇒入浴中にお風呂掃除。待ち時間は貴重な時間。

その後は、待ち時間がなくても、ほんの2、3分ですが、ブラシであちこちこすっています。毎日は少しずつでも続けているときれいになるはず。

○天井と壁


こちらも入浴中に。浴槽に入って立ち、天井を拭きます。使う道具は大判のガーゼです。

ブラシだと汚れが浴槽に落ちてしまいますが、大判のガーゼだと拭き取ることができるので、お湯を汚さずに掃除できます。気を良くして、天井だけでなく、壁や手すり、鏡なども拭いて、これで全体の掃除終了です!
お風呂イラスト

完璧主義ではないお風呂掃除


毎日、決まったタイミングでぜんぶできないといけないような気になってしましたが、3つに分けたらハードルが下がりました。

浴槽は毎日洗いたいですが、あとの2つは、どちらかだけでも良しとしたいと思っています。

今回、意外に重宝だったのが大判のガーゼでした。子どもが赤ちゃんの頃に使っていたものです。
お風呂掃除の大判ガーゼ
こんなふうに、お風呂場の隅に干しています。


ここ数日、この3つのうちのいずれかの方法で毎日お風呂掃除ができています。じつは頑固なカビもあって、いつかは本気で落とさないといけない部分もありますが、軽い汚れは毎日のお手入れで少しずつきれいになりそうです。

とくに入浴中は、自分が濡れるのを気にしなくて良いので思いっきり掃除できます。お風呂掃除がおっくうで続かないと思っている人がいたらご一緒にいかがでしょうか。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示