ホーム美容 ≫ 便秘改善だけではありません。免疫力を上げるのに乳酸菌が役立つ理由とは。

便秘改善だけではありません。免疫力を上げるのに乳酸菌が役立つ理由とは。

昨日は、健康第一で、免疫力を上げるには乳酸菌とだけ書いて終わりにしてしまったので、今日は、免疫力乳酸菌の関係をきちんと整理しておこうと思います。

1年前までは、免疫力と乳酸菌が関係があるなんて知りませんでした。でも、インフルエンザが流行した時期に、受験生を持つお母さんから、子どもに毎日ヨーグルトを飲ませていると聞き、私も修学旅行前の娘に飲ませたのが始まりでした。

その後、在宅ワークでも乳酸菌をおすすめする記事を書く機会があり、調べてみて、免疫と腸の関係に目からウロコでした。

ということで、ここで免疫力と乳酸菌の関係をまとめておきたいと思います。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

免疫と腸の関係


免疫力はどこでコントロールされているのでしょう?
私は脳だと思っていました。

じつは、免疫システムの70%は、腸にあるのだそうです。そして、免疫システムを担う免疫細胞の主体は、白血球。白血球の60%が小腸の内壁に集中しています。

腸は、食べ物の栄養は腸壁から吸収されますが、さまざまな細菌やウイルスも食べ物と一緒に入り込んできます。そんな邪魔者を追い払うのが腸内の免疫システムの仕事です。

免疫力アップと乳酸菌のはたらき


乳酸菌は、腸内環境を整える善玉菌であるということはよく知られていると思います。

乳酸菌全般に腸内環境を整える力があるので、便秘改善の効果があり、お腹の調子を整えてくれます。乳酸菌がしっかりはたらいて腸内環境が整っていると、免疫システムも効率よく作用するようになります。

さらに、乳酸菌には何百もの種類があり、その中でも特定の乳酸菌は、免疫システムをサポートする力を持っています。

たとえば、精鋭の免疫細胞であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化する乳酸菌が多く腸内に生息していれば、風邪を引きにくくなり、花粉症のようなアレルギー症状も抑えられるようになりますし、ウイルス性のインフルエンザも予防できます。

免疫細胞を活性化する乳酸菌を重点的に摂取すると、腸内環境が改善され、免疫システムが効率よく作動するようになり、身体の免疫力がアップするのですね。

免疫力を高める乳酸菌


ナチュラルキラー細胞を活性化する乳酸菌はいくつかあります。

・R-1
私が受験生を持つお母さんに教えてもらったのは、明治のR-1 ヨーグルトでした。R-1 乳酸菌は、ナチュラルキラー細胞を活性化させる乳酸菌の代表とも言えますね。

・プラズマ乳酸菌
2012年に実用化されたばかりの乳酸菌です。キリンと小岩井の共同研究で発見されました。

・ラブレ菌
京都のすぐきの漬物から発見された植物由来の乳酸菌です。

ほかにも、ヤクルト菌、サントリーのプロテクト乳酸菌、カルピス社のL-92 株などもありますよ。

ちなみに、私が昨日使ったのはこちらでした。

・乳酸菌革命
乳酸菌革命
ビフィズス菌、ラブレ菌、カゼリ菌のほか、話題の乳酸菌6種類が配合されており、1粒にぜんぶで16種類、500億個の乳酸菌が配合されているそうです。ものすごい量ですね!

カプセルに入ったサプリメントです。1日に2粒~6粒を飲みます。

・はぐくみオリゴ
はぐくみオリゴ
これは、そもそも便秘改善のためのアイテムですが、オリゴ糖はビフィズス菌や乳酸菌のエサとなるものです。つまり、オリゴ糖をしっかり摂ると、お腹の中の善玉菌が元気になるというわけです。乳酸菌とオリゴ糖を一緒に摂ると相乗効果が出ます。

粉末状なので、附属のスプーンですくい、ヨーグルトやお茶に混ぜて使います。そのまま食べても甘くておいしいです。1日5g~10gが適量のようですが、私は気が向いた時に10~15g食べています。お腹をスッキリさせるにはまとめて摂ったほうが即効性があるようなので。



乳酸菌で免疫力が上がる仕組み、いかがでしたでしょうか。

乳酸菌革命は、口コミでも評判が良いので、きちんと飲めば効くのだと思います。ただし、免疫力はすぐに上がるわけではないようです…。

昨日、目が痛くて免疫力の話題となりましたが、相変わらず良くならないので、これから眼科へ行ってきます。免疫力アップには日ごろの心がけも必要ですね。
では、皆さまお元気で良い週末を♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示