ホーム15分片付け・断捨離 ≫ リビングのある場所が片付けリバウンドを繰り返すがっかりな理由とは。

リビングのある場所が片付けリバウンドを繰り返すがっかりな理由とは。

片付けても片付けても物が散らかります。それもいつも同じ場所。

昨日も片付けましたが、片付けリバウンドが起こるのはどうしてなんでしょう?

いちばんきれいにしたいスポットなのですが…。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

いつも散らかる場所はココ!


いつも散らかる場所とは、ココです。↓
サイドテーブル片付け前
リビング中央のサイドテーブルです。
ソファーとともに、小4の息子のテリトリーとなっており、息子のおもちゃが広がっています。
…と、すべて息子の物だと思っていましたが…。

雑誌のカタログがありました。学校の手紙も数枚ありました。どちらも私が置きっぱなしでした。蚊取りラケットも置いてありますね。これも私です。千葉県北西部のマンション1階の我が家では、まだ蚊が飛んでいて、私が刺されているもので。

急いで片付けましたよ~。
蚊取りラケットは定位置に戻し、カタログや手紙も所定の場所に収納。

あとは、本当に息子のおもちゃだったので、必殺技を使って強制排除。
出来上がりはこちらです☆
サイドテーブル片付け後
じゃーん!
ぜんぶなくなりました♪
つまり、ぜんぶ、ここにあるべき物ではなかったということですね~。

でも、息子のおもちゃはどこに…?
それは、こちらです。
サイドテーブルの下
サイドテーブルの下に強制的に収納しました。この後、これを子供部屋に移動させれば完璧なのでしょうが、すぐに戻ってくるのは確実なので、このままにします。

片付けリバウンドが起こる理由


今回は、その場しのぎの片付けで済ませましたが、それにしても、どうしてこの場所はすぐに散らかるのでしょう。

最近はフライレディの片付け指南にしたがって月末にリビングを片付けていますが、毎月、ここがいちばんのホットスポットになっています。リビングでいちばん目立ち、きれいにしておきたいところなのに。

そこで、散らかる理由を考えてみました。

・もともと仮置きの場所にしていた。
・学校の手紙や新しい通販のカタログを置いて、後で読もうと思っていた。
・リビングの中央で低めの高さなので、ちょい置きしやすい。
・すぐに見慣れた光景になってしまう。
・息子に甘い私。


こんなところでしょうか。
便利すぎてつい活用してしまうのと、すぐに見慣れてそのまま放置してしまうこと。ついでに、散らかす息子に甘い私も原因だと思います。

息子に「片付けて!」と言ってもほとんど効き目がありません。そもそもあまり言っていませんし。床のデュエマのカードは片付けるのですが、サイドテーブル上は散らかして良い場所と認識されているのかもしれません。

身につけたい片付け習慣


せっかく少し家の中が片付いてきたのに、いちばん目立つ場所がリバウンドの常連になっています。
でも、いちど物をなくすと、数日はキープできるのも事実。マメに片付けていれば、そう簡単にリバウンドはしないのです。

ということは。
私が毎日、片付ければ済むわけですね。
息子にも片付け習慣を身につけてほしいです。

結局、家族6人のうち、ここを使っているのは私と息子だけのようなので、2人が行動を改めれば改善できるということでは?

自分に返ってきてしまって何ともがっかりな結論ですが、仕方ありません。とりあえず今の状態をキープできるよう、がんばります。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示