ホーム美容 ≫ マニキュアをやめたい私がネイルサロンで知ってしまった年齢爪の事実とは。

マニキュアをやめたい私がネイルサロンで知ってしまった年齢爪の事実とは。

「年齢爪」という言い方があるかどうか分かりませんが、40代に入って確実に爪が弱くなってきたのを感じています。

マニキュア落としを使った後、爪が薄く敏感になる気がして、不快になってきました。硬くもろくなってきたような気もします。

だったらマニキュアをやめて自爪をきれいにすれば良いのでは?と思いました。

手始めに、ネイルサロンでお手入れしてもらったのですが…。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

私のマニキュア卒業計画


マニキュアをやめると言っても、その代わりに自爪がピカピカにならないとやめられないな~と思っています。

そこで、私が考えたのが、マニキュア卒業計画です。

1) 自爪をみがいてピカピカにする。
手始めにネイルサロンでお手入れしてもらう。
その後は、自宅で爪磨きを続ける。
2) マニキュアをすべて処分する。

こんなふうに簡単に考えていました。ところが、ネイルサロンに行ってみたら、そう簡単ではなかったのです。

ネイルサロンでのお手入れ


以前、ネイルサロンでマニキュアを塗ってもらった時、自爪もピカピカになった驚きをはっきりと覚えています。磨くだけで、トップコートを塗ったようにピカピカにできるのを知った瞬間でした。

その後、爪磨きを自分でも購入し、時々思いついて使っていましたが、面倒なので、爪のお手入れはそこそこに、必要な時だけマニキュアを塗ってお茶を濁してきました。

でも、このたび、専門家にお手入れしてもらおうと久々にサロンへ出かけたのでした。

予約するだけでもワクワクするものですね。

当日は、ベーシックなネイルケアをお願いしましたが、まずは、指をぬるま湯で湿らせてから、丁寧な甘皮の処理。ニッパーでカットしてから、徹底的に爪磨きをしてもらいました。

指をネイリストさんに預けていい気持ちになりながら、爪の話をしたのですが…。そうして分かったのは、こんなことでした。

・爪を守るなら、甘皮処理をして乾燥を防ぐクリームを塗ったほうが良い。
・爪が薄くなっているなら、爪磨きはほどほどにしないと。

つまり、ピカピカの自爪にしたいなら、爪磨きは必要だけど、頻繁にすると薄くなってしまうわけですね。だったら、ネイルケアのために時々サロンに通えば良いかな~と思いながら帰宅しました。

年齢爪にはサロンのネイルケアもつらかった


サロンでピカピカになった爪。嬉しいので、すぐにでも自分で爪磨きをしたかったのですが(ネイリストさんがやってくれているからやる必要なしなのですが)、我慢。

そうしているうちに数日後、爪の生え際がささくれてきました。そう言えば、以前、ネイルサロンに行った後も、ささくれが起きたのでした。

おそらく、甘皮処理のニッパーでカットした跡なのだと思います。数日でおさまりましたが、毎回これは嫌ですね…。

ということは、自宅での爪磨きも頻繁にしないほうが良いし、サロンで徹底的にケアするとささくれる可能性があるわけです。

計画通りには行かないものですね…。

修正してマニキュア卒業計画続行!


でも、マニキュアを卒業できれば、ごちゃごちゃ取ってあるマニキュアを一掃できます。必要な時にはその時だけ購入しても良いし、トップコートだけ塗るというのもアリだと思います。

そこで、ワラにもすがる思いで、ネイルケアグッズを1つ購入しました。こちらです。
ネイル美容液
ネイル用の美容液です。
爪自体と爪の周りの肌に塗ります。ネイリストさんがおっしゃるには、甘皮の辺り、爪の生え際に塗ると爪が健康になるそうです。

こんな感じですね。
ネイル美容液
先がハケになっているので、そのまま簡単に塗ることができます。爪に塗るとツヤが出ますよ。心なしか、爪周りの肌もハリが出てきたような…。


今のところ、ネイル用の美容液でお手入れしながら、時々爪磨きでみがいています。ささくれが怖いので、サロンへ通わずに自宅でケアができると理想的です。

マニキュアは、まずは1回目の断捨離をしました。⇒マニキュアの断捨離で、ネイル用品をコンパクトにお片付け。

様子を見て、このままやめられそうなら、残りも断捨離したいと思っています。またご報告させていただきますね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示