ホーム自分の部屋 ≫ 文房具の引き出しの仕切りは空き箱で。四角く区切って収納します。

文房具の引き出しの仕切りは空き箱で。四角く区切って収納します。

今朝も肌寒い陽気で、靴下が手放せません。でも、靴下の引き出しは一昨日片付けたので大丈夫。

引き続き、引き出しを片付けようと思い、昨日は、パソコン横にある文房具の引き出しに目を付けました。

靴下の引き出しと同じで前のほうしか使っていませんでしたが、大きく開けてみたら物があふれて何が何だか。ぜんぶ取り出して仕切りからやり直しです。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

文房具の引き出し。片付ける前は物があふれていました。


パソコン横の文房具の引き出しは、私がひとりで使っています。
家族用はリビングにあり、だいぶ前に片付けて、ほぼそのままの状態がキープできています。
早くやっておけば良かった!片付けたら探し物もなくした物も見つかりました。

それに引き換え、自分の文房具の引き出しは長い間ほったらかしでした。前のほうしか使っていなかったので奥がどうなっているのか、考えてもいませんでしたが、引っ張り出してみると…。
文房具の引き出しの片付け前
何が何だか。
引き出しは、閉めてしまえば中がどうなっているのか見えなくなるので、適当に必要な物を取り出し、ポイッと投げ入れてパタンと閉めて後はお構いなし、ということを繰り返した結果です。

昨日の靴下の引き出しも同じでした…。⇒こんまり風収納で靴下の引き出しを秋仕様に。

中身を取り出し、捨てた物


奥の方がどうなっているのか分からなかったので、すべて取り出してみました。

明らかな紙ゴミやビニール袋のゴミはすぐに捨てましたが、マジックペンや定規、クリップ、セロテープ、ホチキスなどの正真正銘の文房具から、出産前に仕事先のデスクに入れていた印鑑や乾電池、マグネットなど、これを持ってノマド生活を送れそうな事務用品が出てきました。

この中から捨てた物はこちらです。
文房具の引き出しで捨てた物
輪ゴムというのは、ほかの物にくっついてやっかいですね。輪ゴムは全捨てにしたのですが、くっついてたクリップも汚くなってしまっていました。

画像の上の方は、左から、溶けかけた朱肉、香水瓶、日付印、ベビーザらスでもらった時計、ビニールがくっついてしまったパスケース、そして、高校生から使っていたお財布。

どれもかなりの年代物。ベビーザらスだって、下の子がもうすぐ10歳ですからもらってからどのくらい経っているか見当がつくというものです。

きわめつけは、茶色いお財布。
高校生から使い始め、持ち出さなくなってからも自宅で予備のお金を入れたりして結婚するまで長く使っていました。
でも、それもボロボロです。ベタついて開こうとしたらベリベリ音がしました。これは捨てるしかありませんね。

仕切りに空き箱を使いました。


引き出しは、奥の方に、今は使わない印鑑などの事務用品を入れ、真ん中にふせんやセロテープなど。手前にクリップを入れた缶とメモ用紙を置きました。
これで出来上がり!
文房具の引き出しの片付け後


昨日の靴下の引き出しには、ボロボロの牛乳パックの仕切りが出てきてショックでしたが、今回は、空き箱を仕切りにしてみました。奥、真ん中、手前と、3つのスペースに分けて、四角く区切っています。

しばらくはこれで様子を見ます。きれいをキープできるかな~☆


関連記事

コメント













管理者にだけ表示