ホーム洗面所・お風呂・トイレ ≫ ガラクタいっぱいの部屋の5分片付けで手が止まってしまった理由とは。

ガラクタいっぱいの部屋の5分片付けで手が止まってしまった理由とは。

今週は、水回りと散らかった自分の部屋を片付けています。
昨日は1日出かけて帰りが遅くなってしまったので、自分の部屋をささっと5分片付けして済ませようと思っていました。
ところが…。

できなかったのです。
片付けようとして手が止まってしまった理由とは?

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

昨日のミッション


私は片付けが苦手なので、アメリカの片付け指南サイトフライレディを参考にしながら週間予定を立てています。
今週はこちらです。⇒水回りのほかに散らかったスペースを5分片付け~今週の掃除&片付け予定

それによると、昨日のミッションは、洗面所については「ゴミ箱の掃除」、散らかったスペースについては「寄付か譲れる物を取り出す」でした。

ゴミ箱の掃除は、時間の都合により省略。
散らかりスペースの寄付や譲る、というのをやってみようと思いました。

不要な物を寄付したり人に譲ったりしていますか?


場所は、昨日と同じ、懸案のホットスポットです。
昨日の記事はこちらです。⇒ほんの5分でスッキリできます!汚部屋を地道にお片付け。封筒の巻。

そもそも寄付をする、という習慣が日本人にはあまりないような気がするのですが、どうなのでしょう?災害の時の募金、赤い羽根募金などはしますけど、物を寄付するというのは経験がないような気がします。

人に譲るというのも簡単ではありませんよね。
洋服は、わりと気軽にお友だちに譲っていましたが、最近は、それも控えています。

気心の知れたお友だち同士なら良いのだと思いますが、ママ友やたまにしか会わない人だと、お母さんは喜んでいるけど本人はどうなのかな?など、気になってしまって。
洋服を譲ることについてはこんな記事も書いています。⇒10年前の古着のマタニティウェアを譲るのは迷惑になる?!人気服と譲る時の注意点

それに、譲るのをやめたら捨てられるようになりました。⇒子供服で27個捨てるミッション。あることを諦めたら断捨離できました。

そんなこんなで、人に譲るというのは、今の私にはあまり現実味がないのです。

昨日の成果はリサイクル品1個


ガラクタの山に見えるのに、寄付できる物も譲る物も見つけられず、片付けが止まってしまいました。結局、見つけたのは、リサイクルに出せる物を1個だけ。
プリンターのインク
プリンターのインクです。
先日、大量の印刷を一気にするために、取り換えサインの出始めたインクを、私にしては早めに取り換えました。早めだったので、まだ使えるかもと思ったのですよね。それで、ご丁寧に破いて開けた箱にしまっていました。

いちど新品に替えたら、古いのを付け直すなんてあるのでしょうか?
ありませんよね。
思っていたより替えるのが早くなってしまったので、捨てるのが惜しかっただけですね。

ということで、子どもの学校でリサイクルを受け付けていますから、持って行こうと思います。


寄付はしたことがないし、人には譲れないし、使えそうな物は取り換えサインが出たインクも取って置こうとする、という自分に、ほとほと呆れました。

それでも片付け初めて半年。部屋も少しはマシになっていますから、気を取り直し、地道に片付けていきたいと思います。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示