ホーム美容 ≫ 部屋の隅で眠っていた家庭用脱毛器を再開。脱毛のお供には保冷剤を。

部屋の隅で眠っていた家庭用脱毛器を再開。脱毛のお供には保冷剤を。

昨日、部屋を片付けていたら家庭用脱毛器をみつけました。春からお休みしていて、部屋の隅に置きっぱなしだったのでした。

ところで、家庭用脱毛器を使う時には、保冷剤が必須です。保冷剤については、以前、このブログに記事を書いたことがあります。

今回は、私のお気に入りの脱毛器とその使い方をご紹介して、保冷剤の使い方についても書いてみようと思います。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

冬に家庭用脱毛器を使うというリーズナブルな脱毛方法


カミソリや電気シェーバーを使うムダ毛の自己処理と違って、毛を生えなくする脱毛は、夏場よりも冬が最適な時期です。

脱毛は、黒い色に反応する光を当てて毛根にダメージを当てる方法なので、日焼けをして肌が濃い色になるとできませんし、人によっては一時的に赤くリスクもあるので、肌を露出する時期よりも肌をおおっている時期のほうが良いのですね。

以上は、在宅ワークで知り得た知識です。脱毛経験のある方にとっては常識だと思いますが、美容にうとい私は、昨年になって知りました♪

エステサロンやクリニックでの脱毛はとても魅力です。でも、わざわざ出かけるもの、費用をかけるのも、もう40代ですから今さら…と思いました。でも、エステの脱毛と同じような脱毛を、自宅でもできる方法があるんです。

それが、家庭用脱毛器です。

私は、脇はほとんど生えてこない体質なのですが、そのほかはわりとムダ毛が多いと思っています。思春期から学生の頃までは、指の毛にも悩んでいたほど。肌の色が白いので、余計に目立つと思ってコンプレックスでした。

昨年、自宅で好きな時にできる家庭用脱毛器のことを知り、秋になって購入してみました。

家庭用脱毛器は種類が豊富で、お値段も10万円近くするものから安価なものまでいろいろです。ネットで見比べて、私はこちらを購入しました。

イスラエルで開発されたセンスエピG


私が愛用しているのは、イスラエルで開発されたというセンスエピGです。昨年秋に購入した時に、19,800円でしたが、今も同じお値段で販売されているようです。それに、昨年探した時はあまり目立たない存在でしたが、今は人気が出ているみたいですよ。

決め手はこちらでした。
・2万円を切る良心的なお値段
・広めの照射面積
・大容量のカートリッジ
・手頃なサイズ


性能に関して言えば、高性能のケノンやトリアなどには及ばないと思います。でも、お値段が2万円以内というのは、大きな魅力でした。在宅ワークが軌道に乗り、毎月の住宅ローンにびくびくせず、ちょっとお小遣いもできた私にとってはちょうど良かったのです。

照射面が広いので、1度で広い範囲を脱毛できます。センスエピGの照射面は、3cm×1cmの長方形です。わりと広いほうですよ。
家庭用脱毛器センスエピの照射面

カートリッジは5万発使えます。全身脱毛もできると書かれていましたが、できるかもしれませんね。とりあえず、腕や脚だけならカートリッジ切れを気にせず、思う存分使えます。

サイズは、手のひらサイズで220g。脱毛器によっては重くて大きい物もありますから、良心的な設計です。

家庭用脱毛器を使う時には保冷剤を


さて、センスエピGを使う時は、このセットが必要です。
家庭用脱毛器センスエピと保冷剤
保冷剤と、センスエピG本体と付属のコード。以上です。

私は、箱から出して、センスエピGとコードを丸めて袋に詰めています。そして、使う時は冷凍庫から保冷剤を出してくれば準備完了。
本当は、事前事後に保湿クリームを塗ると良いと思います。一応、終わった後に美容オイルを塗っていますが、それよりも必須は保冷剤なのです。

我が家では保冷剤を活用しています。脱毛以外の使い方はこちらをどうぞ。⇒保冷剤を捨てずに使ってます!我が家の保冷剤の5つの活用法。

○センスエピGの使い方を公開!


では、センスエピGの私の使い方を公開したいと思います。

まずは、センスエピGのコードをつなぎます。自動的にファンが回り始めるので、レベルを選びます。5段階ありますが、最初は1か2、慣れてきたら3か4にして使っています。

照射面を平らに当てます。(きちんと当たらないと打てない設定になっています。)
家庭用脱毛器センスエピでの脱毛
本体側面にあるスイッチを押すと、バチンと音がして、赤い光が照射されます。

すぐに保冷剤を当てます。
脱毛後の保冷剤

少しずつ照射面をずらしながら、平らに当てる、スイッチを押す、保冷剤で冷やす、という動作を繰り返します。

私は膝がいちばん気になっている場所なのですが、平らに当たっていないとスイッチが押せないので、角度が難しいですね。膝を曲げたり伸ばしたりしながら使っています。

保冷剤を忘れるとたいへんなことに!


この前の冬、曜日を決めて2週間おきに、ひじ下、ひざとひざ下を繰り返し脱毛しました。

慣れてくるといろいろと適当になる私。
ある時、保冷剤を用意せずにバチバチと脱毛しました。

その瞬間はあまり気にならなかったのですが、終わった直後から痛みが…。とくに、出力を上げたひざ周りが赤くなり、痛みが一日取れませんでした。

エステでもクリニックでも、施術直後に冷やすのが常識になっているようですが、これは本当に大切なことなのですね。とっても痛かったので、その後は、何を置いても保冷剤だけは欠かさずに用意するようにしています。


昨年の冬、熱心に使ったおかげで、この夏は自己処理が格段に減りました。もしかして年齢のせい?と思ったりもしますが、たぶんセンスエピGのおかげだと思います。

腕は、半分くらいに減った気がします。昨年までは、3日カミソリを使わないと気になりましたが、今年は1週間くらい間を空けても大丈夫でした。(あくまでも自分の感じ方ですが。)

でも、まだまだムダ毛は残っているので、今年もこれから定期的に使っていこうと思っています。もし、ムダ毛で悩んでいる方がいらっしゃったら、おすすめですよ♪


関連記事

コメント













管理者にだけ表示