ホーム15分片付け・断捨離 ≫ 夏休みが終わってからの片付け第2弾。旅行後の荷解きが止まっていた理由とは?

夏休みが終わってからの片付け第2弾。旅行後の荷解きが止まっていた理由とは?

子どもたちの夏休みが終わって2日目。昨日は、放置していたスーツケースを片付けました。

この前の日曜日に私だけの仕事の小旅行から帰ってきてから、早くも5日が経っていました。荷解きはすぐにすることにしていたのに、今回、どうして放置していたのか、開けてみて分かりました。詳しくは続きからどうぞ。

最後に、ちょっと嬉しいお知らせもあります♪

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

旅行後のスーツケースを放置


子どもたちが登校した後、自分の部屋に戻ってみると、スーツケースとバッグが私の部屋の中央に置かれていました。
片付け前のスーツケースとバッグ
このブログでも時々お目にかけている左後ろのハワイ柄のマット。私のくつろぎスペースなのですが…。
座って足を伸ばせる状態ではありませんね。
床に足を伸ばして本を読む。1か月前には想像していませんでした。~フライレディ29日目

そう言えば、ここのところ、掃除機もスーツケースを避けて周りだけかけていました。さっさと片付けなければ。

スーツケースに残っていた物


何が入っているのか記憶も定かではなかったので、「何が残っているのかしら?」と思いながらオープン。
スーツケースに残っていた物
ちょっと拍子抜けしました。
衣類はまったくありません。洗面道具なども。
詰まっていたはずですが、それはすぐに出して洗濯など済ませ、定位置に戻したのでした。

そして、残っていたのは…。
ほとんど紙類ですが、ピンクのキャンパスノート以下は、仕事の書類です。
その上は、旅行先で新しくもらった物。

これを見て、放置していた理由が分かりました。

旅行後にすぐに片付けなかった理由とは?


まず、もともと自分の持ち物である書類。
これは、かさばるので、出すと部屋の一角が占拠されてしまいます。使う物なので仕方がないのですが、邪魔でもあるので、出すのが面倒になってそのまま放置したのだと思います。かさばる=置き場に納得していない=邪魔だから見ないフリをする、という構図ですね。

もうひとつ、新しくもらった物は、行き場が決まっていませんでした。スーツケースから出してもどうしたら良いか分からないので、これもまた見ないフリをしてスーツケースのフタを閉めたわけです。

どちらも安易な発想ですよね。我ながら呆れます。
このまま置いておくわけにいかないので、取り出して、かさばる書類は部屋の一角にまとめて立てて置き、新しい物は、それぞれ袋類、CD、メモ帳などに分けて収納場所の辺りに置きました。

「辺りに」というのは、入りきらなくなっているところがあるから。どこもここも片付けないと収まりません…。

片付け後の部屋は…
片付け後の部屋
私のくつろぎスペースが戻ってきました。掃除機もかけられて、スッキリです!

旅行後にすぐに片付けるようにしていたのですが、今回は、衣類だけ片付けた後、気が抜けていました。持ち物は、新入りも含めて置き場所をきちんと決めて、定位置にすぐに戻さないといけませんね~。


ところで、ちょっと嬉しいお知らせというのは…。
今日は、ブログを始めて6か月の記念日なのです。

この半年間、ほぼ毎日更新してきました。
最初の頃は、片付け自体に慣れていなくて、片付けて書く、というのが難しかったです。筆子さんのブログや本、こんまりさんの本などを参考にしながら、ほかの興味のあることも書いていました。在宅ワークや英語などです。

最近は、毎日何かを片付けて書く、という片付け日記本来の姿になりつつあります。最初から片付けメインで書けていれば良かったな~と思ってもいます。

片付けに集中できるようになったのは、フライレディのおかげもありますが、毎日ご訪問いただいている皆さまのおかげでもあります。これからも(寄り道もしますけど)、毎日片付けて書いていきますので、どうぞよろしくお願いします!


関連記事

コメント













管理者にだけ表示