ホーム掃除・収納術 ≫ 水回りのパッキングの茶色い水垢・黒カビを手作り洗剤で攻略してみました。

水回りのパッキングの茶色い水垢・黒カビを手作り洗剤で攻略してみました。

今週は、トイレや洗面所の水回り掃除&片づけをしています。

子どもたちの自由研究に付き合い、なかなか家事が進みませんが、昨日は、以前から気になっていた水回りのパッキングの掃除をして、水垢や黒カビを攻略しました。

お掃除してみた感想をつづります。

スポンサード リンク


1日1回クリックをお願いします。片付けの励みになります。

トイレのパッキング


お風呂場も洗面所もそうなのですが、いつの間にかパッキングが茶色くなってしまっていました。引越してから10年、きちんとお掃除をしてこなかったからです。茶色い中に黒カビも出てしまっています。重曹スプレーでちょっとこすったくらいではビクともしません。

とくに気になっていたのが、トレイの手洗いのパッキング。最近、トイレ掃除を毎日するようになったので(それまでは毎日していなかったのです…。)、余計、気になっていました。

先日、シンプル愛さんのブログで、お風呂のパッキングをお掃除しているのを拝見し、試してみようと思いました。
シンプル愛さんのブログはこちらです。⇒片栗粉と塩素系漂白剤のパックでお風呂のパッキンの黒カビが落ちるのか?お試しレビューです。(シンプル愛さん、いつもヒントをいただいてありがとうございます♪)

キッチンの塩素系漂白剤に小麦粉を混ぜて作る手作り洗剤


材料は、小麦粉とキッチンの塩素系漂白剤です。(記事を書く時になって気づきましたが、シンプル愛さんは片栗粉でした…。)
キッチンブリーチ漂白剤
手作り洗剤

これを、トイレの手洗いのパッキングに塗ってみます。
パッキングのビフォー写真はこちらです。
パッキング掃除前
ちょうど、手洗いの蛇口の後ろの部分なのですが、クロスも黒くなってしまっています。

そして、お掃除開始。

すると…
この洗剤、強力でした!

綿棒で塗っているそばから、茶色い水垢がポロポロと取れました。じつは、シンプル愛さんは、あまり効果がなかったように書いていらっしゃるのですが、それは、そもそも茶色い水垢がなかったからですね。

黒カビについては、薄くなったものの、なくなるということはありませんでした。
それに、ごしごしこするとゴムが削られてしまいそうで、途中から強くこするのを自粛しました。

我が家の汚れは、これで落ちました。
アフター写真はこちらです。青い線で囲ったところにご注目。
パッキング掃除後
残った黒カビがかえって目立っていますが、茶色い汚れはスッキリしました。

でも、左の茶色の水垢は無理でした。クロスとパッキングには効き目がありますが、ホーローの汚れには効果がないようですね…。



それにしても、パッキングの黒カビは頑固です。この掃除方法を繰り返していれば薄くなりそうですが、ゴムがボロボロになりそうで怖いです。

とりあえずは、今の状態をキープできるよう、水気をなるべく残さないようにしたいと思っています。


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

シンプル愛さま、コメントありがとうございます。

記事を読んで、私にもできそう!と思ってやってみました。気になっていた水垢が落ちて嬉しいです♪

でも、パッキンが削れてしまうのは困りますよね。

私は、怖くなって中途で終わりにしてしまいました。
本当はもう少しきれいにしないといけませんけど、少なくとも今の状態をキープできるようにしたいと思っています。

また、耳より情報を教えて下さいね。よろしくお願いします!

みんく | 2016.08.17 22:08 | URL


みんくさんこんばんは。

またまた、記事をリンクして頂きありがとうございます。

パッキンのカビは頑固ですよね。
私は、だんだん面倒になって、金たわしでこすり落としてしまいました。

パッキンが削れてしまいましたが・・・黒カビの汚れがほとんど目立たなくなったので、良しとしました。

やはり、こまめにお掃除するしかありませんね。

お互い頑張りましょうね。

シンプル愛 | 2016.08.17 21:07 | URL














管理者にだけ表示